山本太郎「魂の30秒」書き起こし…「モーニングショー」で地上波初のれいわ新選組特集

7月25日放送「羽鳥慎一モーニングショー」にれいわ新選組党首の山本太郎氏が出演しました。地上波でついにれいわ新選組が取り上げられる画期的放送です。この記事では「モーニングショー」のれいわ新選組特集の内容と、山本太郎氏の30秒スピーチ書き起こし、さらにネットの反応をまとめてみました。

消費税は金持ちをさらに金持ちにするための費用を庶民が負担するシステム

これまで消費税を上げても法人税や所得税の最高税率が下がるだけで社会保障は充実するどころかどんどん削られていくというインチキが行われてきました。この記事では消費税をいくら上げても一般庶民の生活は苦しくなるだけでメリットがまったくなく、法人税を上げると企業が海外に移転するという脅しがウソであることを解説しています。

年金支給を遅らせようとする政府の詐欺まがいな手口がヤバすぎる

国民民主党の大塚耕平議員が、6月11日の参議院決算委員会で、年金の支給を遅らせようと誘導する政府の詐欺まがいな手口を告発しました。年金を増額させる選択肢を選ぶと自動的に支給開始が70歳に繰り下げになるという、年金請求書のあまりにも不親切な文言を紹介し告発した大塚議員の主張と、それに対するネットの反応をまとめてみました。

【悲報】「はたらく言葉たち」がブラック企業体質丸出しで怖すぎる

阪急電鉄が株式会社パラドックスとコラボし、車内の中づり広告「はたらく言葉たち」でジャックする「ハタコトレイン」なるキャンペーンを実施していましたが、「はたらく言葉たち」があまりにもヤバすぎて大炎上してしまいました。この記事では「はたらく言葉たち」のヤバさ、怖さがよくわかるツイートと日本人のブラック企業体質について分析するツイートをまとめています。

カネカ育休炎上騒動まとめ…日本企業はなぜ社員の権利を敵視するのか

カネカ育休騒動は退職した社員の妻がTwitter上で告発したことで、大きな炎上となりました。この騒動では一部上場の日本企業であっても、ブラック企業的な側面が存在することで、多くの労働者の怒りを買いました。この記事では炎上の背景と告発ツイート、カネカの対応、そしてネットの反応を時系列でまとめてみました。

「死にたいなら一人で死ね」を熱狂的に支持する日本人…日本社会は異質な人間を徹底排除する方向へ進む

川崎市登戸で発生した通り魔殺人事件をきっかけに、通り魔を生み出した日本社会のありかたが再び注目されています。家族、会社、地域コミュニティなどの共同体が崩壊した現代の日本では、「死にたいなら一人で死ね」が圧倒的な支持率を誇ります。社会に恨みを持ち、誰でもいいから殺してしまえという通り魔をどうやって防ぐのかという問題について、様々なツイートをまとめ、考察してみました。