新元号「令和」の裏にある本当の意味をガチ解説した東大教授の文章がすごい

平成に続く日本の新元号は「令和」(れいわ)になりました。この新元号「令和」の本当の意味は安倍政権への強烈な皮肉で、原典である万葉集の解釈を踏まえると、「令和」には「権力者の横暴を許せないし、忘れることもできない」という意味になると東京大学教授の品田悦一氏が解説しているのです。

2019年4月1日に、平成に続く日本の新元号は「令和」(れいわ)に決まりました。

この令和という元号は、大伴旅人が詠んだ万葉集の一節「初春令月、気淑風和」を典拠としており、これまでの元号が中国の漢籍から採用していた慣例をあえて逸脱したことも話題となりました。

結論から言うと、この新元号「令和」の本当の意味は安倍政権への強烈な皮肉であり、原典である万葉集の解釈を踏まえると、「令和」には「権力者の横暴を許せないし、忘れることもできない」という意味になると東京大学教授の品田悦一氏が解説しているのです。

「令和」発表以来、その意味にはさまざまな議論がありました。読んで字のごとく「命令に従い、和を乱すな」と解釈する者もあれば、外務省は「beautiful harmony」などと説明していたりもします。

しかし、原典である「万葉集」に書かれた意味を踏まえて、はじめて真の解釈が成り立ちます。

東京大学教授の品田悦一氏は、原典である万葉集の解釈を踏まえると、「令和」には「権力者の横暴を許せないし、忘れることもできない」という意味が込められていると説明しています。元号考案者は政権への皮肉を込めたのですが、安倍首相や周辺の官僚はそのことがわからずに、みずから「令和」を選んでしまい、自分たちに批判的な意味の元号を安倍政権自身が選んでしまうという滑稽な状況が発生してしまったのです。

※元号発表当初から言われていたことですが、典拠となった万葉集の一節は、中国の文選に収められた張衡「帰田賦」が元ネタとされています。ただ、それ自体は当時の日本の文学情勢を考えると、仕方がないというか悪いことではなく、それをもって日本文学が典拠というのはウソということにはならないようです。



品田悦一氏が新元号「令和」について解説した緊急寄稿

品田悦一氏が解説する新元号「令和」について解説した文章を要約します。原文を読みたい方は以下のツイートに添付された画像からお読みください。

1.「権力者の横暴を許さないし忘れない」という安倍政権への痛烈な皮肉になっている
→「令和」の元ネタ「万葉集」の梅花歌は、呑気な歌に見えるが実は長屋王事件で権力を握った藤原四子へ向けられた大伴旅人のメッセージである

2.この運動は万葉集がこの世に存在する限り決して収まらない
→命名者にそんな意図がなかったとしてもテキスト全体の権力者への嫌悪と敵愾心を背負ってしまう

3.よりによってこの元号を選んでしまった者たちは迂闊であり人の上に立つ資格はない
→安倍晋三首相以下、政権幹部のことを指していると思われます。漢字の読みが不得手な安倍首相のために「迂闊」には「うかつ」とルビが振られています。

品田悦一「緊急寄稿「令和」から浮かび上がる大伴旅人のメッセージ」すげぇ、品田先生ガチだな

万葉集を読み解いての「令和」の解釈に関する品田氏のエッセイ。少し長いですがお読み下さい。『...新年号「令和」が〈権力者の横暴を許さないし、忘れない〉というメッセージを自分たちに突き付けてくること...』溜飲が下がる思いです。


安倍首相が公式に説明した「令和」の意味は?

品田悦一氏が解説した「令和」の意味と安倍晋三首相が公式に説明した「令和」の意味を比べてみましょう。

安倍首相は記者会見や出演したテレビ番組などで

「厳しい寒さのあと、見事に咲き誇る梅の花のように日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく。一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、『令和』に決定いたしました」

と解説しています。

【安倍首相会見】新元号「令和」、出典は万葉集「本日、元号を改める政令を閣議決定いたしました。新しい元号は、『令和』であります。これは、万葉集にある『初春の令月にして 気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す』との文言から引用したものであります」

【安倍首相会見】「令和」に込められた意味は「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」「万葉集は、日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人や農民まで、幅広い階層の人々が詠んだ歌がおさめられ、我が国の豊かな国民文化と、長い伝統を象徴する国書であります」

【安倍首相会見】「厳しい寒さのあと、見事に咲き誇る梅の花のように」「日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく。一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、『令和』に決定いたしました」

品田悦一氏が解説した「令和」の本当の意味とは大きく異なります。

ここで、ある推理が成り立ちます。

それは、元号考案者が安倍政権への批判的なメッセージを込めた元号を提案したが、安倍政権側がそのことを理解できず、自分たちを批判する元号をよりによって自分自身が選んでしまった……というものです。

つまり、元号考案者が元ネタである万葉集に権力批判的なメッセージが含まれていることをあえて伝えず、安倍政権側や官僚側も教養がないのでそのことを知らなかった、あるいは理解できなかった可能性が浮上してくるわけです。


元号考案者・中西進氏はどんな人?

新元号「令和」に安倍政権への批判が込められているかどうかを判断するにあたっては、元号考案者がどのような人なのかがとても重要になります。

「令和」の考案者は日本文学研究者で万葉集の研究でも知られる中西進氏と言われています。

中西氏はこれまで、安倍政権の憲法解釈変更に批判的なスタンスをとってきました。

また、「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動」の賛同者の一人としても知られていて、憲法改正への意欲を見せる安倍晋三首相とは対立する考えを持っていることがわかります。

こうした事実から、新元号に安倍政権への批判的なメッセージをいかにも込めそうな人物ではあります。

「新元号『令和』を考案した国文学者の中西進氏が4日の講演で「令和の和は平和憲法の基礎である聖徳太子の十七条憲法の『和をもって貴しとなす』に繋がるもの」「代々の宰相は十七条憲法を尊重しているので今の宰相にもぜひそうしてほしい」と延べ、改憲を急ぐ安倍晋三首相に釘を刺した」とのこと。

中西進氏が「令和」に「平和憲法」への思いを込めたことはたしかだろう。しかし、こうした思いを安倍首相が受け止めることはない。安倍官邸は改元によるお祭りムードで選挙に勝てると踏んでおり、今ならば衆参で3分の2を確保できるはずだと、衆参同時選挙に打って出てくる可能性は非常に高まっている。

そうなれば、憲法改正に向けた流れは止められなくなってしまうだろう。何が「新時代」なのか実態など無いまま「めでたい」と浮かれている間に、平和主義が破壊されようとしている。

中西進氏は昨年、自身が副会長を務める日本ペンクラブが編集、中西進氏自身も寄稿した刊行会見で、「誰も戦争が好きな人はいない。いるとすれば、権力者」と述べていたが、その最高権力者が憲法改正で「戦争ができる国」に変えようとしている危機感を、一体どれくらいの人が今もっているのだろうか。


品田悦一氏の解釈に対するネットの反応

これこそ有識者。私は学者が黙っているわけがないと思っていました。万葉だけでなく、以後の古今集の価値。とりわけ紀貫之による仮名序と漢文である真名序との対立、等。言わねばならないことは多い。政権の日本会議的な無知な妄想の根絶のために、詩人、作家、学者による全面的な戦いを始めるべきだ。

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

短い文章だ。が、歴史とか文化とは何か、深くしかも端的に教えてくれる。過去に学び、過去に励まされ、未来につなげるために、今、私たちは生きてる。たとえ金があっても目の前の便益しか見えない生き方が、どれほど貧しいものか教えてくれる。学問的追究をする人はこの意味でとても大切なのだ。

流石です。「迂闊」にルビを振るところに、最大級の皮肉が込められてますね。

もしこれが意図したものであれば 令和 を考案した人凄すぎる この元号に初めて感動しました。

一気に『令和』が光り輝いて見えてきましたこれぞ知のチカラ🌟ありがとうございます選挙を前に色んないい風が吹いてきた!

これはすごい🌝🌟当時の背景と,万葉集をコンテクストとして読むというところまで触れた見方は初めて見ました🦉

張衡の話とあわせると、何か呪いのようなものが篭っているな。何千年もの。

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

学問って素晴らしいですね。そして、生きるのを楽しくさせてくれますね😃

品田氏が「迂闊」にルビをわざわざ振った箇所が最高に好きだ。

いろんな意味があるのをここ数日で知ったのでうれしい。文章に愛があるのがいいなぁ。ありがとう専門の先生。

大友旅人の気持ちを21世紀になって受け取れるとは。随分昔のことなのに。都で起きた藤原の悪行を大宰府で聞いて老いを嘆き、歌に込め後世に託すとか、かっこよすぎ。

権力を我が物顔で振りかざす安倍政権に対する痛烈な批判。見事なものです。

大変分かりやすい解説です。安倍政権の迂闊な選択が、よく分かりました。権力への批判に溢れている歌なのですね。

テキストとは、作成者の意図しなかった情報を発生させる…つまり、大伴旅人の意図しないメッセージを元に批判していると…というか上の文言のせいで言ったもん勝ちっていう性質を表してて、ブーメランというかなんというか…学者なら政治批判じゃなくて学を極めて欲しい所

迂闊の下り、「安倍ちゃんも読んでね」のメッセージやね⁈🥴「さっさと失せろ、低脳野郎!」という‥‥識者の怒り💢が沸々と伝わって来た

序文の作者は、大伴旅人、山上憶良、それに麻田連陽春という説がありますので、これはひとつの解釈でしかないと思います。

最高ww>「安倍総理ーむしろ側近の人々ーは、『万葉集』を語るにはあまりに不勉強だと思います〜略〜左記の文章は〜「高校生のための金曜特別講座」で語った内容ですから、高校生なみの学力さえあればたぶん理解できるだろうと思います」

容赦ない辛辣さに感服しますたw

安倍総理らは次の三点を認識すべき:①新年号 令和 は〈権力者の 横暴を許さないし、忘れない〉というメッセージを自分たちに突き付けてくる②この運動は 万葉集 がこの世に存在する限り決して収まらない③こんなものを新年号の典拠に選んでしまったのは,いとも迂闊で人の上に立つ資格などない

『~もう一つは、よりによってこんなテキストを/選んでしまった自分たちはいとも迂闊【ルビ:うかつ】であって、人の上に立つ資格などないということです(「迂闊」が読めないと困るのでルビを振りました)』『もう一つ断っておきますが、「命名者にそんな意図はない」という言い分は通りません』

凄い。こんな文書、ヘタレの朝日新聞が採用するはずがない。というより140字以上の文書の論旨を読み取れる記者なんて今のマスコミにはいないのかもしれない。

「令和」は、言ってみれば、安倍政権破壊の時限爆弾だったということ。

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

「万葉集」の歌の中に込められた大伴旅人のメッセージとは、大まかに言えば、権力者の横暴を嘆き、許さず、忘れないということ。それが「万葉集」に通底している、と。さらに防人や農民の歌が収録されているというのもすでに通説ではない、とのこと。これ、安倍政権にとっては致命的なミスだよね。

若冲ではないが、千載具眼の徒を竢つ的な。後年、やらかしたことは必ず発覚する。中西氏もこのことを知っていて、当然ボンクラには分からんだろうと…だったら痛快なのだが。

とても勉強になった。おそらく誰もまだ指摘していない視点。

すごいのは、1.「令和」のメッセージは「権力者の横暴を許せないし、忘れることもできない」という、現政権に対する(不勉強さを含めて)痛烈な皮肉。2.「令」が含まれているので安倍さんなら選ぶだろう、という提案者のワナ。3.上記を疑われても「そんなの勘繰り」と提案者はシラを切れる

巷で騒がれている、古代中国の漢詩の影響など無いと仮定して考察しても、政治腐敗を嘆くメッセージが込められていることに変わりないという指摘。

品田先生。ガチ知性の毅然とした佇まいに涙が出てきます。迂闊にルビの優しさ。学者の刃とはこういうものか。

ものすごいな。迂闊にルビを打つ嫌味と執念。でも、ここまで読めないよなぁ。あの人たち字読むの苦手だから。

これ考えたら学者が自分の思想心情で政権批判を込めて元号を提唱したとしたら最悪だと思う。その学者自身や一部の人間は「よくやった!」って溜飲下がるかも知れんがこれから何十年この元号使い続けるんですよ…一部の専門知識がある人だけわかっててそれ以外の大多数の人々をニヤニヤして見てるって…

すごい。。すごすぎて笑ってしまうぐらい隅々まで説得力に満ちた文章だった。つくづく新天皇がお気の毒だけど、専門家がこれほどの暗喩を持ってこれを提案したのならば、歴代最高レベルに洗練された元号といえるかも。私たちもこの隠された意味を受け取って、広く伝え、心にとめおくべき。

一読して感極まった…品田悦一先生渾身の慨世、知性とはなんたるかを知らしめる名文。

品田悦一氏の指摘する旅人の梅花の宴。背景に長屋王の変をあげている。私にとっては長屋王は「御霊」の最初の事例で、東大寺大仏、国分寺、国分尼寺、興福寺西金堂(阿修羅像を含む)はすべて御霊の鎮魂ではと考えている。長屋王の変の歴史上の解明の今後に期待したい。

品田悦一さんが大急ぎで書かれた「令和」にかんする原稿。個人的には論理的跳躍が多いと感ずる。若干だけ申し述べるなるば、長屋王自身も権力者であったし、張衡や旅人が前年に妻を亡くしていることなどは「間テキスト性」以前に吟味したほうがよいのではないか?

品田さんは『万葉集』と政治権力に関するご研究が多い方で、ご専門が斎藤茂吉に及んでいることからもそれがうかがえるのですが、この原稿はさすがに穿ちすぎというか、ご自身の政治信条を実現するために学識をお使いになっているようで、少しばかり心配ですらあります。

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

品田悦一氏のエッセイを読んで、ようやく令和を使う気になれた。嬉しい。


まとめ

令和の意味についての議論はまだまだ大きな話題になっています。「例話」「礼和」「0話」など、誤変換されたものを含めれば、とてつもなく大きな関心が寄せられていることが検索エンジンの統計上でもわかります。

その「令和」の真の意味についてですが、品田氏が書いているような文脈を踏まえて、中西進氏が元号を考案したのかどうかは解釈が分かれるところです。

ただ、中西氏は、憲法9条の支持者。安倍政権を積極的に支持しているようには見えない方なので、「やりかねない」のはたしかです。憲法改正では安倍政権と明確に対立する考えを持っており、批判的な行動をとっているのも事実です。

逆に考えると、主張が対立する研究者に新元号の考案を依頼した安倍政権は下調べが雑なのか、度量が大きいのか、よくわからない事態になっています。

元号考案のプロセスは、実際には官僚が調査や依頼、一次選考的なものを担当します。となると、安倍政権と主張が対立する人物を官僚があえて選定した可能性が浮上します。つまり官僚もグルで新元号に強烈な皮肉をを込めた……という可能性すらあるのではないかと思われます。。

もし、仮に官僚がグルになって政権への皮肉を込めた元号を仕込むような事態ならば、安倍政権は盤石のように見えて、実は危機的な状況なのかもしれません。

ただ、そんな状況だったとしても、今年の10月に消費税を10%にするまでは安倍氏が首相をやることになるでしょう。消費税増税は財務省の悲願ですが、増税すると間違いなく経済は停滞するし、支持率も下がるので、どの首相もやりたがらないし、支持率が高い政権でないと、自民党政権そのものが覆る可能性があるからです。

一方で、官僚がひそかに反逆するほどの事態に安倍氏自身が勘付いていたとしたら、消費税増税を延期・中止して増税後即ポイ捨てを回避する手段に出るかもしれません。

おおかたの国民にとっては、そのシナリオが一番いい気がします。

元号の話題に戻りますが、品田氏の解釈はたしかに説得力はありますが、現時点ではまだあくまでひとつの説という位置づけだと思います。

ただ、政治の世界とは縁遠いと思われる、古代文学の研究者が、時の政権に対してここまで激烈な文章を書いているのが異常事態であることはたしかです。

なお、今回紹介した品田悦一氏の解説は、実は下書き段階のものだったようで、その完全版は以下のリンクから読むことができます。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64241



最新情報をチェックしよう!

12
コメントをどうぞ

avatar
12Comment threads
0Thread replies
0Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
12Comment authors
さらくん通りすがりげすとさらくんアホwRecent comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
ヤマト民族の末裔
ゲスト
ヤマト民族の末裔

これで「令和(なかなか出ない言葉)」に対する見方が(極めて)少しやわらかくなるかも?!

ひとつの解釈です
ゲスト
ひとつの解釈です

この場合の「権力者」とはすなわち「聖武天皇」なんですけど
長屋王事件で実際に手を下したのは藤原氏ですが、その法的根拠となる命令を発したのは聖武天皇です
また聖武天皇には長屋王を邪魔に思う動機は充分にあり、この事件を引き起こした主犯の一人で間違いないでしょう
梅歌宴が反権力のメッセージを秘めていたとしても「権力者の横暴」を振るった人は「聖武天皇」です
精神に不調を抱え引きこもりがちな母を持ち、女子しか後を継ぐ人がいなかったあの聖武天皇です
現代にも、精神に不調を抱え引きこもりがちな妻を持ち、女子一人しか子供のいない人がいましたね
せっかくチベット語で希望だ。ラテン語で神からの贈り物だとめでたい解釈をして寿いでいたのに
余計な真実をほじくり出し、新天皇に十字架背負わせただけではないでしょうか
いつの日かお隠れ遊ばした時には、子々孫々まで令和天皇と呼ばれることになるんですが。
反安倍にばかり目を向けているから、この元号が何のためで誰のために使われることになっているのかという視点が抜けてますよ
批判が隠れていたとしても、その批判の先は安倍総理ではなさそうです

やはりブサヨはブサヨ
ゲスト
やはりブサヨはブサヨ

ネトウヨに押されがちだったブサヨが歓喜してるけど、哀れだのう。
大伴旅人は「歌の才能もあった政治家・官僚」であって「歌で食ってる芸術家」ではない。
象牙の塔から「極右政権ぷげら」とできるこのセンセと違って、血で血を洗う権力闘争の当事者なのだ。
だから、このセンセの言う「間テクスト性」(一つの発言は全体からその意味を取るべき)に基づけば、「敗北した権力者」の「負け犬の遠吠え」あるいは「完全な屈服宣言」と読むのが自然。
大伴氏は、旅人のこの時代から約150年後に応天門の変で完全壊滅するまで、藤原氏の強敵氏族であり続けたという事実に目をふさいで、牽強付会するのは、学者さんとして自らの価値を貶めていると思いますぜ。センセ。

そろり
ゲスト
そろり

「およそテキストというものは、全体の理解と部分の理解とが相互に依存し合う性質にあります。一句だけ切り出してもまともな解釈はできないということです」
これは朝日新聞あたりに対する皮肉にしか見えないのですが。
サヨクってどうして頭のいい人まで馬鹿なの(笑)

じじん
ゲスト
じじん

令和の「令」は、「令嬢」、「令息」のように、「麗しい」、「美しい」、 令和の「和」は「大和」、「日本」
つまり、「令和」とは「美しい日本」、これあの人のいってた「美しい国」ってやつだわな
自分の政治スローガンを元号にして、人々が元号を扱うたびにサブリミナルのように自分のスローガンを刷り込める、ってあの人なら考えそうだわ
選定過程についてあとからいろいろ出てきているけど改元を政治的に利用しようとしてたとしか思えない

Voice80
ゲスト
Voice80

そんな自分達が支配してるんだぜ、

という

国民に対して皮肉を込めての宣言

で、

意図してやってるでしょう。

真意を安易にバラさないために、こじつけて良い印象で総理は説明しただけ。

証明して頂きありがとうございます(笑)

現実は、独裁宣言であり、日本は世界の核廃棄物処理場、人口削減島となり、

全原発の廃炉元年へとなります。

莫大な廃炉要員の国民投入のために、格差を拡大して徴兵するために、不景気を促進するしかないんです。

国民を地獄の釜に放り込むためにね。

第二次世界大戦に天皇が国民を売り払ったのと同じ。

巨大な売国ビジネスが、戦後復興→高度成長→衰退、という何もかもを食い付くし荒れ地だけを残す資本主義グローバル化の勝者のみだけが富を手にし生き残るお決まりのストーリーで、

日本は食い潰され破壊し

最終的に、

世界の核廃棄物処理島にされ
核廃棄物処理ビジネスで

民族浄化され

島ごと奪われて逐える。

日本人は、無能化にされ過ぎましたね。

負け犬
ゲスト
負け犬

旅人たちの「負け犬の遠吠え」を言ってらっしゃる方、まさにその通り!だから、あの梅花の宴、梅花の歌と序には
負け犬たちの遠い怨みがこもっている。そうセンセも言ってらっしゃるんですよね。安倍首相たちは「迂闊」にも、
そこから「元号」をとってきて、うれしそうに掲げて見せた。自分らが圧迫し追いやった人々、今の圧政に苦しむ声
にも、その「遠吠え」が響いてくるだろうに。
あっ、そうか。あなたは安倍さんの味方のふりをして、センセや負け犬たちの味方をしていらっしゃるんですね。
「負け犬の遠吠え」こわいですねえ。遠い時を超えて響いてくる。

アホw
ゲスト
アホw

他人のツイートで広告収入を漁るくせに上から目線でもの申すハイエナブログはここですか(笑)

さらくん
ゲスト
さらくん

反権力のメッセージで収まってくれれば良いが、長屋王の祟りの凄さ、大伴氏の怨みの強さから考えれば、権力者だけにとどまらないだろう。

げすと
ゲスト
げすと

日本の知性も随分下劣になった。
この国の行く末などどうでもよく、揚げ足取りまがいの
掘り下げを、碌な検証もせず緊急寄稿などと題し、
お友達界隈で盛り上がってるだけのように見える。
白髪は生えても学生気分は抜けていないのではないか。

通りすがり
ゲスト
通りすがり

気持ち悪いほどのべた褒めコメントとは違ってここのコメントはしっかりしてるね
政治的意図で原典をつまみ食いして屁理屈を正当化する
東大教授って肩書がなければただのサヨクジジイの難癖
理系と違ってこんなのが学問とされるのが文系w

さらくん
ゲスト
さらくん

大伴旅人を左遷し、長屋王を自死に追い込んだ藤原四兄弟(聖武天皇は無関係)に対する怨み、応天門の変へ族滅された大伴氏の怒りが「令和」という言葉に残っているように思います。
令和になってから法隆寺(藤原四兄弟が死した後、光明子が盛んに寄贈をした)、長屋王の墓、吉備内親王の墓にお参りに行ってまいりました。吉備内親王の墓より苛立ちを感じました。長屋王に係わる事変が吉備内親王によるものだとすると何か変事が起こらないようにと願うばかりです。