職場にいる日本スゴイ!が口癖の保守おじさん「明治維新はスゴイ!」→同僚の会津人ガチギレ

ゼロ年代後半にネットから始まった「日本スゴイ!」ブームも2010年代に入るとテレビ番組などで消費されるようになり、いまやネットを見ない高齢者層も「日本スゴイ!」などと言い出すようになりました。

ネットではすでにネトウヨ以外に「日本スゴイ!」なんて言っている人はほとんど見かけないですし、いまさら真顔で言うのは時代遅れみたいな空気感もあるのですが、ネット文化に触れない中年以上、高齢者層では、いままさに「日本スゴイ!」ブームが来ているのかもしれません。

この記事では、いまどき「日本スゴイ!」にハマるオッサンの痛々しさ溢れる行動と、それが引き起こすトラブルについてのツイートをまとめてみました。

日本スゴイおじさん「明治維新はスゴイ!」に対する反応

職場にいる「日本スゴイ!」が口癖の保守おじさんが「明治維新はスゴイ!大きな混乱もなく改革を果たした!世界にも稀にみるスムーズな近代化!」と発言し、同僚の会津人がガチギレする現場に居合わせてしまった



@_dandelionwine あれ…150年前………確か内戦してたような………うっ………頭が………っ


@FuhitoFumikura @_dandelionwine 失礼します。実家が薩摩の家の人間としてこれは黙ってられないです。 戊辰戦争とはなんだったのか…


@FuhitoFumikura 失礼します。やたら江戸無血開城が(その単語のみ)独り歩きしクローズアップされている弊害でしょうか。あと慶喜が処刑されてないからかな。私も会津人ですが、会津藩・松平家の辿った運命はもっと多くの人に知って欲しいなと思います。


@FuhitoFumikura @73glasses0903 "八重の桜"で幕府側の苦悩を知って、"花燃ゆ"で長州だって大変だったことを知った。そして"西郷どん"では薩摩のあれこれを現在進行形で学んでる。大河ドラマってすごいね。


@FuhitoFumikura はい、ガチ切れした佐賀県人です。佐嘉・鍋島藩が明治維新のためにどれだけ奔走し、どれだけ犠牲になったかを分からない人に、明治維新スゴいを語る資格はありません。ちなみに佐賀藩士末裔の私は明治維新スゴいと言いません、必要があったからです。 http://www.saga-s.co.jp/articles/-/150152 http://historivia.com/cat1/eto-shimpei/3984/


@FuhitoFumikura http://www.saga.jrc.or.jp/sano/ ついでに申し上げると、日本赤十字の原型・土台を作り上げたのも佐賀藩士の佐野常民翁。西南戦争の際、官賊どちらに付くともなく敵味方の区別無しに負傷者を救護したのがその嚆矢でした。


@FuhitoFumikura 会津が一番犠牲になったから、ガチギレする気持ちは分かる。 だが、帝国列強干渉による分断国家にならなかったのは幸いだ。 幕府にフランス🇫🇷、長州にイギリス🇬🇧がついていたので、戦闘が長期化すれば互いの軍が駐留し、分割占領、植民地化されてたと思う。


@eirkichi315 @FuhitoFumikura 本当ですね。内側と外側(表裏)を対極を読み取る力がなければいけない。フランスとイギリスは、結託し内戦内乱させ徐々に国力をそぎ、そうやって世界を植民地化していきました。ひどい話だ。現在も続く中東戦争問題(アラビアのローレンス)も右に同じ。



@FuhitoFumikura その現場、こっそり観たかった(≧∀≦) そういうおじさんって、ホントに日本史勉強してないんだなぁとつくづく思いますね。 脚色されたテレビドラマでしか日本史勉強してないのか、公立の中学までの日本史しかやってないのか。


@FuhitoFumikura そんな洗脳の様な事実と異なるテレビを見ましたよ それも公共放送と自称するNHKで…「江戸時代に身分制度が確立され経済が発達した」多くの国民、人口比率の高い農民 漁民 穢多非人が生活苦から一揆が繰り返す…日本社会では身分制度を復活させたいらしい〜少なくともNHKと放送認可する法務省は



@FuhitoFumikura @fukazawas 明治維新の姿がほのみえる 「まさかのマンガ福沢諭吉」 を読んでみませんか。 書店の哲学書コーナーにあります。 (マンガなんですが)


@FuhitoFumikura 司馬遼太郎氏は、日本に会津藩がいなかったら小説を書いていなかったと言っている。わたしも日本の精神性を凝縮しているのは会津藩の生き様だと思っている(無論、異論はあってよい)。会津藩の顚末は日本史の中でもっと詳しく語られてもいいのではないか。あらゆる矛盾と悲劇を背負わされた人びと。


@FuhitoFumikura @Kato_Takanobu 僕、会津人ですけど、愛郷心教育が強いですからね。愛国心と愛郷心が矛盾することに普通に気づいている人多いと思いますね。


@FuhitoFumikura あんなのテロリストと煽動家と武器商人が仕立て上げた内乱で、今のブラック社会の素地になった重大事件だという認識でしかありません。 これからの日本に必要なのは「明治」を倒すことです。


@hk_seven_worlds @FuhitoFumikura 司馬遼太郎によって、坂本龍馬は明治維新の英雄になりましたが、私の友達はロスチャイルドの子分のグラバーから何十億円もの資金援助を受けて武器を買い薩長に売った、武器商人だったと言ってました。ついでに吉田松陰はテロリストだと、尊皇攘夷、大陸への侵略その後の日本の悲劇が物語る。


@hk_seven_worlds @FuhitoFumikura 同意ですね。明治維新150周年記念なんて見出しに憤りも感じるし呆れます。明らかに作り話の明治維新を義務教育で、さぞかし正義の改革のように洗脳するこの国の根本を正さない限りブラック領域は改善されないでしょうね


@rolling_storn @hk_seven_worlds @FuhitoFumikura 学校教育は本当に恐ろしいですね。 明治維新は無血革命だの、文化革命だのと素晴らしいと教えられ、いまだにそう思っているんだから。その後の侵略戦争への歴史をキチンと教えないと。 私的にはその中で利用された天皇家が一番汚れた気の毒な存在だと思うが。


@ad49650151273h @hk_seven_worlds @FuhitoFumikura なるほど。勉強になります。個人的には天皇家が一番闇深いような気もします。ですが、ここに触れすぎると、あまりよろしい事なさそうなので、これくらいにしましょう(笑)フォローさせていただきますね。宜しくお願い致します。


@FuhitoFumikura 大きな混乱も無く…。鳥羽・伏見に始まった戊辰戦争がありますが。上野、宇都宮、二本松、長岡、会津、函館と大戦争ですよ。まかり間違えば南北朝政権にもなりえます。


@FuhitoFumikura 会津の方の気持ちも分かるが、東京(江戸)の人は、どう思ってるのだろう。だって幕府側から戦争仕掛けるよう薩摩は、江戸の町に無差別放火したでしょ?西郷、大久保の指示だろうが、それで上野に西郷の銅像って許せるの?私は許せないけどなぁ


@FuhitoFumikura 山形県民「これは会津さんを誘ってもう一回戦争するしかないな…」#会庄同盟


@montediofan 庄内藩ガチ最強で惚れます。また東北諸藩で秋田藩をやっつけましょう。


@FuhitoFumikura 福島出身でご先祖様は会津方の私も「あぁん!?」ってなりました、そのおじさんがどうなったのか気になります(^^; 不勉強な私でも、大河ドラマで概要は知ってるのに、おじさんは歴史書どころか、大河ドラマすら観てなかったってことですね。 無血開城後も内戦がどんどん北上してったのは何だったのか…。


@FuhitoFumikura @lasar141 公武合体がベストだったのね。結果からみると、そうすりゃ功利主義がはびこることもなく、手柄合戦とも無用、幕臣の有能な人材ももっと活かせたし、ホントに世界初無血革命が可能だったのに、惜しかったね。


@FuhitoFumikura @kodomo_nihongo 保守もウヨも、マジで歴史知らねーのな。ネットですぐ洗脳されんの当然だわ。



このツイートはありません。

戊辰戦争で会津藩には何が起こったのか

-会津藩- 東北の雄藩。幕末は、京都守護職に任命させられて京都の治安維持に当たったせいで、長州からすごいヘイトを持たれた。戊辰戦争で鶴ヶ城に籠ったら高い山から大砲をバンバン撃ち込まれ、降伏後、会津藩士は皆、青森の斗南に流された。これマジ?新政府軍最低だな


会津藩も悲惨だったけど仙台藩もかなり悲惨ですよ… 領内で戦闘が行われてないから目立たないのかもしれないけど奥羽越列藩同盟の同盟主だったから戊辰戦争終結後の戦後処分の内容がエグすぎる…


会津のひとまだ戊辰戦争のこと怒ってる


福島県会津若松市 小田山城 1868年戊辰戦争の際、新政府軍が若松城を砲撃した陣地として有名な城。 丸見えの鶴ヶ城目掛けて、2000発の砲弾を浴びせたとか‥ ①物見櫓にある説明板 ②物見櫓より北側会津城下町 ③写真撮った場所よりもう少し下が砲撃場所


一部ではもう恨みは解消されつつあるなんて話もあるけど会津は市内の歴史スポットに「明治維新150年」ならぬ「戊辰戦争150年」の旗があちこち掲げられてるし多分根底ではまだ山口県憎んでるんじゃなかろうか会津は


会津の人達の長州に対する恨みは今もある。当たり前だ、元服前後の子供たちを自害に追い込み、会津の地を荒らしたわけだから。 西南戦争もあったし、萩でも士族と政府軍の戦いがあったし、五稜郭の戦いもあった。明治維新は血なまぐさい。 https://twitter.com/FuhitoFumikura/status/1016628290948235264


明治維新は殺戮の歴史。教科書にも大河ドラマにも描かれない事実だが、戊辰戦争で、薩長土肥の中で長州藩の藩士だけが、会津の女性や子供、妊婦に人間とは思えない鬼畜外道な所業を行ったのは忘れてはいけない。何が明治維新150年だって。


よくわかる明治維新 土佐藩・薩摩藩が主力の官軍が会津に突入 白虎隊の悲劇が…落城も時間の問題に… 最高指揮官の土佐藩・板垣退助「遅いぞ、山縣!」 長州藩の山縣有朋「河井継之助に手こずってしもうた…」 150年後 東北「山口県は謝罪しろ!西郷どんは♥️」 高知・鹿児島県(黙っとこ)←今ココ


ぶっちゃけ幕末以前はもちろん明治以降の会津でさえ長州と個々の交流はあったワケで(´・ω・`)


遺恨云々に関して、これは本来「ウチの父は長州藩士に討たれた」「兄弟が薩摩兵に殺された」みたいな個々の家の事情が語り継がれて「祖父の仇」とか「大叔父の仇」とか伝えられる事があったものの、武家以外ほとんどの会津の人にとってはこの辺の事情は語り継がれる事も少なく薄くなっていたもので…


現代においてそういった民間の個々の事情だったものが、戊辰戦争120周年を機に萩市側が会津若松市側に和解を申し入れて友好都市提携しようとした事によって自治体同士の公的な問題に一気に浮上させられてしまった感がありますね(´・ω・`)


市民の多くは恨み云々を抱いてなかったにせよ、中には武家の子孫もいますし、その和解というのも「戊辰戦争(明治維新)から120周年を記念しての事業」みたいな感じで萩市側の行政的なパフォーマンス色が強いんだから、そういう和解はダメだと友好都市提携に反対する市民もそりゃ出てくるって…(ーー;)


当時の萩市側の市長・市議会・役人公務員の方々がどういう企図だったかは伺い知れませんけども、ただ、「120周年記念としての友好都市提携」という和解の申し入れについては会津側の気持ちや感情をあまり重んじてなかった感じですし、過去の関係についても軽く考えていたのではないかな、と(´・ω・`)


いずれにせよ「戊辰戦争から120周年」に関しての友好都市提携の申し入れによって、本来は個々の家の事情だったはずのものが自治体クラスによる公的な見解になったもので、会津若松市民の全員が遺恨なんて思っていなくても世間は「会津の人はそう考えてるんでしょ?」と誤解する流れを助長させた感じ…


146年前の今日、白虎隊二番隊20人が自刃しました。戊辰戦争の終盤、会津藩は劣勢となり、城下防衛・予備兵であった白虎隊を前線に送り込まざるを得なくなります。しかし二番隊は飯盛山に潰走。戦火に包まれた若松城下を見ながら、敵に捕縛されることを恥じた隊士20人が切腹を選びます。


先日togetterで、会津と長州の結構偏ったまとめを見かけたんだけど、何で後者側の言い分って、戊辰戦争後に会津が長年差別を受け続けたことは度外視するのかなっていっつも思う、松江豊寿の件とか知らんのかな。


別に恨んでるわけじゃないけど、毎度毎度馬鹿の一つ覚えみたいな言い分聞くと、流石にイラッと来ますよ。 会津人は朝鮮気質だとかさ、言葉も悪いし、第一会津があんたらに乞食行為しましたかってんですよ。


会津が北海道の土地をプロイセンに売却しようとしたっていうのもデマだし、あれ貸出しようとしたんだよ。


戊辰戦争の中でも会津戦争が一番、悲惨で激烈な戦いだったと思う。国家老 西郷頼母一族の壮烈な自決。前途ある少年たちが、踏みにじられる郷土を見て悲観し自決した白虎隊。時代という言葉だけでは片付けられない日本人同士の凄惨な戦い。明治維新150年の今こそ、この戦いを後世に伝えるべき時だと思う https://twitter.com/naruseyanoken1/status/952752568429527041


長州出身の総理大臣が明治維新150年を祝おうとしているその頃、会津では「次やる時は絶対勝ってやるからな」という意思満々の戊辰戦争150年記念イベントを企画しているのであった


明治26年(1893年)12月5日は会津藩主・松平容保公がお亡くなりになった日。 戊辰戦争に敗れて以降再び表舞台に上がることなく、ひたすら天皇と徳川家への忠節を守り、戦禍に巻き込んでしまった会津の民への贖罪に明け暮れる日々でした。 磐梯山噴火の際は被害者を見舞い、義捐金を寄附しています。


孝明天皇から賜った御宸翰と御製を竹筒に入れ、誰にも見せず静かに世を去った容保公。 神号は忠誠霊神。忠節を全うした公に相応しい名称と存じます。

明治維新とは何だったのか

慶喜が将軍になり西周を側近にした時点で、水戸の攘夷は雲散霧消。グラバーはMI6。ジャーディン・マセソン商会の支社としてグラバー商会を作り、薩摩と長州に武器を売る。明治維新というのは、イルミナティの仕組んだ日本私有化計画だった。最後まで徳川を信じた会津は凄惨な戦いを強いられた。


@rappresagliamth 私は明治維新は所詮権力闘争だと思う。徳川政権から長州藩などの出身者らによる天皇中心の政治をしたい者らの行動です。岩倉具視などによる。そのために会津などはひどい目にあいました。現代でも安倍晋三など多くの総理大臣を出しています。明治維新は今も続く。


昨日の東京新聞にヤバそうな記事が載ってた。要警戒。


@KazumichiH グラバーさんの正体とか薩長のスポンサーとか、日清日露戦争の時の日本のスポンサーとか、明治維新以降の金の流れなんかもよーく検証してくれると歴史がわかりやすくなりそうですね。


最近明治維新がどうたらいう広告をやたら見かけるんだけど、あれずいぶん前に流行った「本当の黒幕はグラバーと英国なんだよ!」 な、なんだってー! ってのの焼き直しなんだよなあ。つか、世界史だと英国が薩長に接近してたこととか、一方でフランスが幕府に接近してたとかやったりするんだけど。


坂本龍馬が教科書から消えるという話題が少し前にあったが、司馬史観は全否定でいいのだけど、どうもぼくが思ってた大悪人でもなくて、単なる小物で結局何もしていないという評価が最新の史料研究で定着しているらしい。


明治維新の薩長の戦費はどうやって調達したのかという疑問は、昔から色々言われていたが、結局払えずに武器を売ったグラバー商会は明治になって倒産したらしい。 その後、ロスチャイルド家の商社で親会社のジャーディン・マセソン商会の支援でイギリス留学を果たしたのが伊藤博文。十分元は取れたはず


こういう史実を考えると、その後の日本における歴史の転換期におけるロスチャイルドにまつわる様々な噂も、強ち陰謀論と片付けてしまうのも乱暴なのかもしれない、と思ってしまう。


今年は明治維新から150年目。「明治維新150年」という言葉をよく見るようになりましたが、うさん臭さしか感じません。外国と戦争できる国になってしまったことに対する内省が必要でしょう。明治維新50周年のときの総理大臣は寺内正毅、100周年のときは佐藤栄作、150周年は安倍晋三氏。全て長州


明治維新はなんのことはない、シリア同様、ロスチャイルドが外様大名を手名付け反政府ゲリラを作って革命を起こし乗っ取った戦い。英国は反政府、フランスは徳川に付き内戦を起こさせ、疲弊したところで乗っ取る。徳川慶喜は気が付いていたので内戦に非積極的だった。南北戦争も同じ。


明治維新は近代日本の夜明けを告げる革命なのか。それとも「西」による「東」の軍事的制圧なのか。修正主義とは無縁の歴史観に立つと胸を張る方々に聞きたい。白虎隊、新選組は反革命集団なのか。或いは幕府と会津に殉じた「烈士」たちなのか。あなたの歴史観がそれを決める。普遍的な歴史観などない。

管理人のコメント

一般的に日本の歴史教育では、明治維新を良いもの、世界の潮流に追いつくために致し方なかったものとして捉えていると思います。

一方で、歴史とは勝者が書き換えるものです。今日では、「古事記」「日本書紀」にどこまで信憑性があるかは非常に疑わしいと言われていますし、多くの歴史書が時代の影響を受け、権力者に不都合な事実は削除されてきました。つまり、歴史教育を受けた人間は、歴史書がいかに信用ならないかを知っていることになります。

その視点から見ると、明治維新の正当性を多くの日本人が信じて疑わないのは奇妙な現象です。

具体的には「明治維新は薩摩藩と長州藩によるテロである」、あるいは「薩長はイギリスからの資金援助を得て操られていた」といった言論が陰謀論扱いされる風潮があります。

地理的に英米など、世界権力の中心から離れているので、ほとんどの日本人は実感していないのでしょうが、日本は第二次大戦前はイギリス、大戦後はアメリカの属国、というのが正しい歴史認識であると思います。

そして薩長同盟を中心とした明治の権力者たちのお仲間、末裔がいまも日本を仕切っているのも事実だと思います。三井、三菱などの旧財閥系などがその典型例でしょう。

「日本スゴイ!」系の言論はここ10年くらいの流行であると思いますが、「COOL JAPAN」などと称し日本スゴイ系コンテンツ制作に政府が予算をつけているところを見ると、これは今の権力者たちにとって都合のいいものなのだろうと思います。

明治維新はスゴイ!と思うかどうかは個人の勝手ですが、本当にスゴかったかどうか、正当性はあったのかについては、さらなる検証が必要なのでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

近現代史

Posted by galapgs