【悲報】東京五輪ボランティアは前日から寝ることが許されない模様

東京五輪のボランティア運営組織が、ボランティアに対して前日の終電での会場入りを強要し、競技開始まで寝かせない取り組みを大真面目に議論しています。ブラック企業顔負けの運営姿勢についての反応をまとめてみました。

東京五輪のボランティア運営を検討する「ボランティア検討委員会」で、早朝開始の競技について、前日の終電での会場入りを強要し、ボランティアを競技開始まで寝かせない取り組みが大真面目に議論されていることが発覚しました。

7月16日に行われた第4回ボランティア検討委員会の模様を伝える「ボラサポ」というWebサイトでその議事録が確認できます。

この記事では東京五輪ボランティアのブラックな姿勢についての考察や反応をまとめてみました。


スポンサーリンク

ボランティア検討委員会で実際にかわされた議論

実際にWebサイトに記載されていたのは以下の文言です。

マラソンなど早朝に行われる競技については、ボランティアの会場入りが始発の交通機関でも間に合わないため、終電での会場入りを想定。その場合は待機時間が見込まれるため、ボランティア同士の交流機会や、士気を高めるような取り組みを検討していくこととなりました
出典:https://www.volasapo.tokyo/column/2020/840/

真夜中に「士気を高める」って戦争かよw ブラック企業顔負けの取り組みに唖然としますね。休息させろよとまず思ってしまいました。


「寝かせないのか!」と驚きの声

寝かせないのか!   「早朝に行われる競技については、ボランティアの会場入りが始発の交通機関でも間に合わないため、終電での会場入りを想定。その場合は待機時間が見込まれるため、ボランティア同士の交流機会や、士気を高めるような取り組みを検討していく」

同レポートには「大会時のボランティア活動の環境について、暑さ対策は基本的には自己管理」とある。チャーミングな笑顔のイラストも、徹夜明けのハイテンションだと思うと笑えない。家に帰って休んでください、とお伝えしたい。

寝かせないで、炎天下でボランティアなんですかね…怖い((( ;゚Д゚)))

寝せないで 屋外活動が危険な暑さの下で 仕事させるの…? 江戸時代の 切支丹とかに対する拷問みたいですね 救護室がボランティアで溢れかえり 会期終了時にはスタッフが開始時の半分になる未来予想図😱 検討 冷房の効いた部屋で座ってやってるんだよね 東京五輪2020 東京オリンピック2020

寝ないと!寝ないと翌日炎天下で働くんでしょ…倒れますよ。

知り合いが「五輪のボランティアやる」と言い出したら、全力で止めるしかないですね、これ。 命に関わる😨

もうこんなに計画性の無いオリンピックなんぞ止めてしまえ!委員会の連中は冷房の効いたホテルから悠々のご出勤。方や善意で大会を支えようとしている方たちは自己責任で遠方から時間に間に合うよう“強制的に”会場入りを求められる。根本的に何か間違って無いか?

深夜の来場はコミケでさえ認めていないのだけどね。 来年の大混乱が今から楽しみだわい。

設営側が徹夜禁止を言うコミケ 設営側が徹夜推奨を言う五輪

寝かせると宿泊扱いになって手当必要になるんでしょうね。。

酷暑に睡眠不足…。いくら若くても死人が出そうですね。

待機時間じゃなくて睡眠時間! 検討すべきは交流機会ではなく快適な休息場所の確保のはず。企業の出張で「前日終電で取引先に行って同僚とミーティング、その後炎天下で肉体労働」なんて言われたら即ブラック企業認定だよね。 これで事故発生でも自己責任で終わらせるのか!(怒)

全省庁をオリンピック期間中業務停止にして、ボランティアして貰えば。知事も都庁職員も総出で対応して下さい。ボランティアを越えて、奴隷扱いではないのかな?時期をずらせば済む話でしょう。何処まで米国の為に働くの?何処の国のオリンピックなの?

前に長野五輪の手伝いをさせられた学生さんが書いてましたが ・極寒の早朝にロクな暖房器具もないところで待機させられ ・凍って食べられない弁当が出され ・深夜のもう帰る手段がない時間まで働かされる という八甲田山か何かかそれみたいな状態だったらしいので、本当に寝かせない気では?

もう、競技を夜中に行ったらどうですかね。 観客もボランティアも終電で行って、始発で帰ってくる…

選手にとってはオリンピックでなく拷問ピック?ボランティアは金持ちの奴隷扱い?国民の血税は湯水のごとく使い果たし予算は青天井?どこがコンパクト五輪なのか?どこが復興五輪なのか?選手もボランティアも死者が続出したら誰が責任をとるのか?来年の拷問ピックに懸念しかないボランティアは危険だ

この検討委員会の結論は凄いなあ。 終電から寝かせず、交流会、「士気を高める」何かをさせるんだ。体力自慢の若者以外、競技中に倒れるぞ。 まさか「病気、怪我、事故等にあっても実行委員会へ責任は問わない」という承諾書出させてるんじゃ。

地獄の様相を呈してきたな。。。

まさかそんな、と思ったらマジで書いてある…… 東京五輪のボランティア苛酷すぎでは


まるでブラック企業のようなボランティアの待遇

交通費用に千円入ったカードを渡され 泊まるところは電車を使わなければいけない場所で自分で確保? でもそこで寝れずに前日の終電に来て 無賃金で炎天下八時間くらい働けとかいう話になってるんですかね

ボランティアの暑さ対策は自己管理。 最も重要な、人命、健康を守る部分の責任を個人に押し付ける非道さ。 こんな無責任な体制なら、五輪は中止すべき。

徹夜を強いて寝かさないで働かせるボランティア! そんでもってタダ働き!! 熱中症で命の危険もあるのに、誰がやるんだ、これ??

様々なほころびをマンパワーでつじつまを合わせようという、いかにも日本らしいと言えば日本らしいんだが、終戦記念日の翌日にこのニュースを見るにつけ、お上は昔と何も変わってないんだなあ、と思うなあ。

期間中ボランティアメンバーから死者が出ても公表しないようメディアと話できてるんじゃないかって疑うくらいの進め方ですね。

加えて、 「暑さ対策は基本的には自己管理としつつ」 「食事については、弁当のほか、温かい食事の必要性も議論され、」 自己犠牲のうえで成り立たせたいらしい。 ボランティア=気高い、崇高、上品 営利・有給=野蛮、がめつい、下品 という感覚はどうにかならないものか。 まさに、崇高理念搾取!

戦後75年目の来年、再び自己犠牲を美徳化するイベントが行われるというわけだ。 「大東亜共栄圏」が「オリンピック」に変わるだけの話じゃないか。

「ボランティア同士の交流や士気を高める」…って何?。野宿だけど頑張れって事?。そして翌日は炎天下の中に立ちっぱなしでタダ働きだけど士気が高めて何とか乗り切れって事で合ってますかね?

気違いのイベントになってきている感がする...

ボランティアの士気を高める取り組み その時点で昭和のオッサンの発想。 こりゃダメだわ

ブラック企業的発想だね。だから、私は絶対に東京オリンピックの開催に賛成出来ない。何人犠牲者が出るんだか(呆)。こんなことを言ったら非難されるけど、首都直下地震でも起きない限り、中止しないだろうねぇ。ボランティアを何だと思ってるんだか。

なにかあっても「ボランティアはボランティア。自発的な取り組みなので、健康管理含め基本的に自己責任」とされるような気がする。

そのためのタダボラです。 何人死んでも誰も責任とりませんよ。

その交流やら士気を高める会の企画をしてる人達は有償(給与あり)でその任に当たり、当日のボランティア活動はしないで寝てられる人達? ボランティアは本番前に休んでおきたいだろうに、夜中の行事まで無償て強制参加させられるのか? その企画運営 費で、臨時バスでも出せば良いのに。

どこで寝るの?  30度近い暑さの中で。 コンクリートの上で? 奴隷の扱いではないか。

当日ドタキャンすればいいんじゃないかしら? 無償だし、責任とらされるようなことは無いよね? 学校の単位とか成績とか就活より、命の方が大切です。

朝まで士気を高めるとか国家総動員の予行訓練か!


ボランティアを運営する日本財団の異常性

まことに残念ながら組織委員会、東京都、日本財団ボランティアサポートセンターが暑さ対策は自己責任論を言い出したのでその方向で契約書作られそう(ボラ保険料の負担も?) 「熱中症にかかるのは『自己責任』」などとほざく2020年東京オリンピック・ボランティアの劣悪環境

いつも言っているようにこれで日本の評判ガタ落ちになるぞ。どうせボランティア集まらないし、集まった奴がこの悪条件でまともに働けるわけがない。結果外国人からの日本の評価は「怠け者で糞、都市も不快」となる。だから2020夏までに外国に拠点作っておけってずっと言っている。

笑ってしまった。 これをタダ働きでやれってか。 人を人と思ってたら、こんな計画は言い出せないです。

アスリートにもスタッフにもとことん冷たいな、このオリンピックは😰 意地張らずに中止しようよ。 今の儲けでで満足しときなよ。 欲深いのは恥ずかしいよ。

早朝から始まるマラソンなど競技のボランティアは始発前に集合なので終電で現地入り、寝ずにボランティア同士で士気を高めるような取り組み。寝るな寝たら死ぬぞの声掛けをするような異常な世界。これコメディだよね。 って、国家事業なんだから始発時間を早めるとかの取り組みをしないのか。

80年代に大学対抗の「ザ・ガマン」という馬鹿な番組があって、どんどん熱くなる熱湯の中で大学生が手を繋ぎながら「我慢我慢」と声掛けをしながら火傷した番組を思い出した。フジテレビが制作で、参加者の中に当時立教大学生で後にフジアナになった川端健嗣もいた。

オリンピック委員会は「ボランティアしてもらう」という謙虚な気持ちは微塵も無く「ボランティアはただで使えるコマ」ぐらいの意識で相手が生身の人間だとは思っていないのではないかと。

【ボランティア同士の交流機会や、士気を高めるような取り組みを検討していく】 日中戦争勃発後に政府主導で進められた「国民精神総動員運動」を思い出す。「士気を高めるような取り組み」などと、普通に上から目線で書いてるのがすごい。日本国は国民主権の国のはずだろう。

五輪ボラ、「士気を上げていく」って何だよ。ボランティアが誰と戦うんだよ。 何か引っかかるんだよな、最近のお役所言葉。

前から言ってたけど、早朝競技は前日の終電で移動自体大問題だが、真夜中の待機時間に行事ぶっ込んで来るって、ボランティアを潰すつもりか?睡眠時間無しで炎天下の酷暑に立たせるつもりか?倒れるって、そんな事したら。

ボランティアには終電で来させて、その上徹夜で働かせるって、人を奴隷としか思ってないとできない発想。 運営にとっては、いかにカネをかけずにこき使えるかが大事ってことがよくわかる

ホンマ、ボランティアは駒扱いやな。 金のあるトコに金が回って、ボランティアをこき使う、ボランティアのヒトが死んでも、上にまでは責任の訴求はいかんやろし、やりたい事は終わりかけの日本で最後の金儲けか?

東京オリパラのボランティアって、日本財団が仕切るんですね。で、日本財団というのは旧称「日本船舶振興会」、笹川財団ですね。うさんくさいですね。しかしボラサポと略すのもどうかと思うが、それをvolasapoと綴るのは情けない。て、オリパラも同じだけれど。

東京オリンピックで早朝開催競技のボランティアは終電で会場入りしそのまま徹夜して配備に付かせるどう考えても死者が出そうな案を取りまとめたメンバーはこちらでち。 太田 洋 氏 西村あさひ法律事務所パートナー 小澤 直 氏 日本財団ボランティアサポートセンター 常務理事

粕谷 賢之 氏 日本テレビ放送網株式会社 取締役 執行役員 河合 純一 氏 パラリンピアン(水泳)、組織委員会アスリート委員 清家 篤 氏(座長) 日本私立学校振興・共済事業団 理事長、慶應義塾学事顧問 中島 光 氏 笹川スポーツ財団 統括グループ長 西尾 昇治 氏 東京商工会議所 常務理事

西川 千春 氏 オリンピックボランティア経験者 二宮 雅也 氏 文教大学人間科学部人間科学科 准教授 萩原 智子 氏 オリンピアン(水泳)、組織委員会アスリート委員 山本 悦子 氏 一般財団法人東京マラソン財団 ボランティアセンター長

内、実名でTwitterをされている方は4名、太田洋氏、河合純一氏、西川千春氏の四名。 万一死者が出た際にどの様な事を呟くのか注目したい所でち。

どんな話をしても日本財団の話しかしないって思われるかもしれないけど、違うんだよ。 日本の社会問題、どこを掘っても日本財団ー東京財団に気持ち悪いほど繋がるんだよ。

僕が知ってる限り、被曝・東京五輪ボランティア・歴史修正主義-極右化・国家とカルトの癒着・「新自由主義」・辺野古・社会的養護改革。 多かれ少なかれ日本財団案件だよ。だいたい「多かれ」の方だけど。 陰謀論くさいから慎重に判断するように気をつけてるけど、どう考え直してもそうなる。


まとめ

東京五輪のボランティア募集をしているWebサイトは日本財団が運営している。

日本財団とは笹川陽平が代表理事を務める財団法人で、笹川良一が創設した日本船舶振興会を起源とする。

日本船舶振興会が何をやっていたかというと、ボートレースだ。要は博打の胴元である。日本では建前上、ギャンブルは公営なのだが、個人で胴元になるのを許されるほどの権力があったということである。

笹川良一はもともとはA級戦犯として巣鴨プリズンに収監されながらも釈放され、戦後日本で大衆右翼として権力を握ったフィクサーである。要は岸信介、児玉誉士夫、正力松太郎と同じく、CIAと深い関係を持つ権力者の流れだ。その三男が笹川陽平だ。

この笹川陽平は、政治の表舞台で目立つことこそないが、自身が所有する別荘に歴代首相を呼びつけるほどの権力を持つ。

【会食後の動き】笹川陽平会長 2017.08.23 日本財団の笹川陽平会長が23日、安倍晋三首相と、麻生太郎副総理兼財務相ら3人の首相経験者を山梨県鳴沢村の別荘に招いて夕食会を開いた際の写真を自身のブログに掲載した。

これは2年前に大きく報道された写真だが、当時の報道はどちらかというと歴代首相がオフを楽しんだという、ほっこり系ニュースのニュアンスが強かった。

しかし、視点を変えれば、笹川陽平が歴代首相を呼びつける絶大な権力を誇示しているようにも見える。

日本船舶振興会の成り立ちや笹川良一の権力を考えた時、おそらくはGHQやアメリカ政府が彼のバックに付いていたという推測が成り立つ。

その流れが笹川陽平に引き継がれていると考えるべきだろう。

アメリカをバックに付けた笹川陽平には歴代首相も逆らえないのだ。

その笹川陽平が代表を務める日本財団が東京五輪を裏で仕切っている。

東京五輪という大義名分で多額の国家予算を引き出す一方で、ボランティアには肉体的な限界を超える作業をタダでやらせてしまおう、健康や金銭は自己責任で、肉体的な限界は精神力で乗り切ろうという異常な運営が東京五輪の方針だ。

そんな搾取だらけのボランティアをいったい誰がやるのだろうと思う。しかし、国家予算から仕事をもらっている大手企業では東京五輪のボランティアに社員を出せという実質的な命令が来ているところも多い。国家総動員法を思わせるおぞましい光景だ。

奇しくも東京五輪のトライアスロン競技では、東京湾のあまりの汚さで競技内容の変更が検討されている。

アスリートファーストはどこへやらである。過去最高の予算を使いながら、そのお金はどこへ行ったのだろうと思う。ボランティアにビタ一文支払わないと決めた裏で、そのお金を得たのは誰なのだろう。

安倍政権のオトモダチが儲けるくらいなら想定内だが、国外に流出している可能性だってある。日本財団やパソナががっつり絡んでいるとなると、そもそも東京五輪そのものがCIAの資金作りという仮説も成り立つのではないだろうか。

日本財団周辺のお金の流れを洗うことで、様々なことが見えてくるはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

五輪

Posted by galapgs