NHK受信契約は納得できなければ契約しなくていい…?最高裁判決をもとにネット民が検証

NHKの受信契約は納得できなければ契約してなくてよいとして、契約を断り受信料支払いを拒否する方法を解説したツイートが拡散しています。ツイート主はNHKから国民を守る党・くつざわ亮二氏で、最高裁判決をもとにNHK受信契約に関する通説の嘘を指摘しています。この記事では受信契約を拒否したらどうなるか、裁判になる可能性などを考察したツイートをまとめました。

NHKから国民を守る党・くつざわ亮二氏のツイート

日本人の半分がこれを知ったら多分NHKはグズグズに崩壊する2017年12月6日最高裁判決文11p 「契約締結について放送法には特段の記載が無いのだから業務や目的を説明して契約に合意してもらえ」 「契約成立には双方の意思表示の合致が必要なのは明らかだし」 結論=納得できなければ契約しなくてええで


追加知識 未契約の方が契約を求めてNHKに訴えられたら、司法は放送法にのっとり契約すべしと判断しますが、それで訴訟される確率は現状1/300,000です。 さらに「NHKを朝から晩まで見てるが契約はしない」とNHKに宣言してる奇特な人だけが訴訟対象になりますので、普通の方は全く心配はありません。

ツイートに対するリプライ

@mk00350 引っ越してからもうすぐ半年が経つと言うのにNHKの訪問がまだ来なくて来なくて、、、 「お帰りください」しか言わないを実行する心準備は出来ているんですけどね、、 ほんとうにテレビ置いてないですし…


@mk00350 うちNHKはん好かし 受信料契約なんてせえへんねん かまへんやろ ってことでFA?


@mk00350 NHKのせいで数年前からろくにテレビ見なくなった。 付属でTVゲームもしなくなったが・・・ 引っ越し直前によくわからない理屈で衛星契約させられ 引っ越し先で衛星見れない場所だったから 地上波更新に戻してもらおうとしたら見れるはず・確認しますばかりで お金だけ取られてた。



@mk00350 じゃあ契約して不要だと思ったらどうやって解約すればいいんですかね? CSやBSは契約したら解約も出来るのに……


@mk00350 安倍晋三が仕出かした悪行(ほんの一部抜粋) ・電力・ガス料金大幅値上げ ・高速料金大幅値上げ、ETC割引縮小 ・自動車重量税増税 ・軽自動車税は7200円から1.5倍の10800円、原付きバイクは倍増 ・タバコ5%増税 ・株の譲渡益税 → 10%→20% ・NHKの受信料UP ←注目 ・公務員給与減額停止


@mk00350 お盆の帰省で実家に帰っている間に、地元で身内含めてこの件を説明したら、「マジで!?」 と食いつきまくりです。 義務です。 クレカあるでしょ? これにサインを これで丸め込まれた被害者多数


@mk00350 NHKに受信料に払わなければならないのは、放送法に定められているからですね。 しかしながら、放送法には、公平な放送をすべし、とも定められており、NHKはこれに明らかに反していますね。NHKが放送法に従わないのに、我々が何故従わなくてはならないのでしょうか?


@mk00350 双方の意思表示の合意が必要…なるほどなるほど


納得しなければ契約しないでいいです。 義務とあるけど、努力義務なだけ。 https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


まぁ契約に同意しなかったら結局裁判起こされて契約させられる流れなのは変わらずって事で、余計にNHKの悪質さが浮き彫りになっただけかな?w https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


あいかわらず法律で加入が義務づけられてます。 とか平気で嘘を言ってくるので要注意です。 https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


NHKの存在は無くなって欲しくなくて、ずっといい番組・面白い番組を作り続けてほしいからなんとかお金を回す方法ないんですかね…押し売りのような営業じゃなくて。 https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


これを知ったところで何も変わらない・・・NHKも無くならない・・ 契約に関しては一方的に説明して終わり。質の悪い押し売りだよ。 https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


そもそも設置したら即契約なんて一方が不利すぎる規定、よほど特別な理由や法の条文がない限り認められないのが普通。NHKは今までそれを放送法にあるとしてきたが、ついにそれが否定されたか。今まで散々既得権益に浸かってきたんだ、そろそろ膿を出す頃じゃないかな? https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

集金や契約を求めに来る末端の方は契約の法律を理解してないと思います。 実際、契約の規約を見せてほしいと言っても見せずに、「法律で決まってるから」と一方的に言われたことありますから https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


こういう間違った発信を見ると、NHKがまともに見えるよね。 同判決は「意思表示の合致が必要」と言っただけで、受信者は放送法64条のとおり「テレビを置けば契約する義務が生じる」ことに変わりない つまり納得できなかったら、納得できるまで説明を聴いて契約しなくてはならない。 https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776

NHK受信契約に納得できなければ本当に契約しなくていいのか?

@mk00350 これって判決(この次のページ)で 設置を契約したことには出来ないが「原告側に承諾の意思表示を命じる判決を持って受信契約が成立する」って内容だったですよね? まぁ裁判起こされない限り契約はしなくて良いと思いますが 裁判起こされたら設置日からの受信料の支払いが発生しますけどねw


@mystwing @mk00350 受信機の設置+契約の2点が必要 契約を強制されない 受信機を設置していた場合、NHKは放送法64条に違反するとして裁判してよい NHK放送や運営を受信機を設置した人から徴収する仕組みは合理的と判断される 放送法64条に罰則規定はないが、上記理由により契約すべきである ざっくりこんな感じですな


@yuki_taityo @mystwing @mk00350 横から失礼します。 これ、契約しなくて良いというわけではなく、「契約義務はあるが、自動的に契約成立する訳ではなく合意が必要。契約に応じないなら受信料徴収する時は判決を求めろ」って言ってるんですよね? 自分なりに判決の画像部分をまとめてはみたんですが、あっているのか自信がない……


@Daiten_tw @mystwing @mk00350 ああ、失礼書き方が悪かったですね 契約の成立は双方の合意が必要 =受信機を設置していても拒否することは可能で、自動的に契約されるものでも、拒否してはいけないものではない と解釈しました


@Daiten_tw @mystwing @mk00350 ただし、拒否した場合は契約してもらえるよう裁判してね 司法的には、受信機設置したら契約するよう判決下すからね という解釈をしてます


@yuki_taityo なるほど! 詳しい回答ありがとうございます。 いっそNHK受信はオプション機能にして、テレビ購入時に必要に応じて契約と受信用パーツ取付とかにならないものですかね……


@Daiten_tw 本当ですね、、今の技術なら契約期間中に受信カードを発行して受信可能にする などもできるでしょうに、、 それだと既存の体制を維持できず、NHK側に不都合があるのでしょうね (彼らも利権団体だし) それなら国営にすればいいのにね、、


元ソース貼っとき http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=87281 んで、契約しなくてええんじゃなくて、その中身についての交渉権があるということ。つまり、全否定ではなく契約内容に同意できない旨を具体的に示さなければならない。さもないと最悪、次は契約義務あるのに応じないって損害賠償請求でくる。 https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


納得しなければその場は契約しなくて良いがその後に裁判を起こされてほぼ確実に「義務だから契約するように」と判決が下される。って事かな? んで日本人の半分をNHKが起訴するのは不可能なのでその内崩壊するって事か。 つまりストライキを起こせと。 https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


判決全文を要約すると 合意なく契約を強制することはできない ただし放送受信機があるのなら契約すべきである 合意しない人に強制する場合は裁判が必要である 裁判官が契約しなければならないと判断した場合は強制契約 ※放送受信機があるのなら契約すべきである https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


NHKの受信料は裁判になってから仕方なく払えばいいんです。 10年真面目に払えば10年満額。10年しっかり滞納したら裁判になっても時効援用で5年分、半額で済みます。 受信料の時効は5年。

くつざわ氏の主張に対する反論

@mk00350 契約は双方の同意によってのみ成立するが、しかしNHKの受信料については、設置後に送達される契約書を起点として、契約されない場合には裁判所の代諾許可を持って契約されるという内容であり、結論から言うと遅かれ早かれ契約は成立するということでは?


@mk00350 NHKの受信料は、戦前の国営放送が犯した罪を反省して、国民からもお金を徴収する事で国からの圧力に抗する力とするという目的があるのですが、それに対する意識はございますか? ただの契約問題に矮小化してないですか?


@baystars15 @mk00350 情報の入手手段も量も限られていた戦前戦後と、個人が好きな時に好きなだけ情報を取捨選択できる現代とを同じ前提で考えることがそもそもナンセンスではないでしょうか


合意が必要なのは確かだが、合意を拒んでも訴訟を起こされれば、意思表示をすべきことを命じる判決(民事執行法174条1項)によって強制的に合意させられることに触れられてないので、ミスリードな内容。 https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


画像の引用元と思われる最高裁判例(http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=87281)をP1から最後まで斜めにではあるが読んだところ、私はこれを悪質なデマと判断した。判決文ではおよそ「裁判を起こせば受信設備設置時からの受信料を請求できる」とあり、ツイートを真に受けた市民は裁判で支払いを命じられる。 #NHK #受信料 https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776


その次のページをなぜ無視するんだろ?「契約内容は国会とか総理が適切な手段で認めたものなんだから適切。契約の強制には個別に裁判が必要」的なことが書かれてるので、もしテレビを持っていると言ってしまった場合、個別に裁判が必要とはいえ、訴えられたら契約を強制されるとしか思えない。 https://twitter.com/mk00350/status/1030751433761611776



なので、持っているなら支払うべきだし、どうしても支払いたくないとしても、「持ってません」「あなたを信用できないので家にあげたくありません」の方が勝率高いのでは。


持っているにもかかわらず「持っていません」と明らかな嘘を言ってしまうと後々問題となるかもしれないので「受信設備を持っているかどうかわかりません」というのはどうだろう。 (たぶん変わらん)


「何らかの映像を映す装置は持っていますがNHKを受信できているかどうかが不明です」


「確認しますので、受信装置の可能性がある製品の型番をすべて列挙してください」で、もし本当に持ってきたら「調査中です」で時間稼ぎとか。

管理人のコメント

NHKの受信契約に関して、くつざわ亮二氏の主張は、「契約には双方の合意が必要なので強硬に契約を拒んでいても裁判をしない限り強制的に受信契約を結ばせることはできない」ということのように読めます。

ただし万が一裁判になれば、負けて受信料支払い義務が発生するということでもあります。

くつざわ氏のツイートはそこらへんを意図的に省いた感があり、RT狙いのあざとさを感じてしまうのですが、NHKから委託されて受信料を徴収している業者のやり方に納得できない人が圧倒的に多く、彼らのいままでの積もり積もったNHKへのヘイトで拡散してしまったのだと思います。

一般国民の自宅に来てNHKの受信契約を迫る業者には、「国民の義務」「法律で決まっている」と、事実と微妙に異なる高圧的な文言でなかば脅しのような手法を使う人間が多いのが現状。

このような手法で契約してしまった人たちは騙された感を持ち続けているはずです。

また、近年のNHKには安倍政権への忖度が目立ち、独立した放送局としての体をなしていないことが、受信契約への疑問を高めています。

安易に安倍政権への忖度をする放送局に受信料を払いたくない、納得できないという人が増えているのです。たしかに、事実を捻じ曲げて政権に忖度するならば、全国民からの受信料徴収に正当性はなくなります。

くつざわ氏は裁判になる可能性は低いとツイートしていますが、たしかにNHK側の裁判対応には限界があり、受信契約を拒否する人全員を訴えるわけにもいきません。その場合、悪い意味で目立っている、反抗的でNHKへの敵意を持ってそうな人から順番に訴えていくのでしょう。

つまり、くつざわ氏の主張する方法での契約拒否は、成功し受信契約をしないで済む可能性が高いと確率論的には言えると思います。道義的には問題があるのですが、NHKのやり方にも道義的な問題があると考える人が多いので、くつざわ氏の主張が力を増しているのが現状です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

社会問題

Posted by galapgs