今の20歳は40歳の半分しかいない。戦争でもあったのかな?

「今の20歳が40歳の半分しかいないって本当にいい話だと思う。戦争でもあったのかな?」というツイートをきっかけに、ロスジェネ世代を直撃した就職氷河期や自己責任論ブームについて、Twitterで議論がかわされました。

「今の20歳が40歳の半分しかいないって本当にいい話だと思う。戦争でもあったのかな?」というツイートをきっかけに、ロスジェネ世代を直撃した就職氷河期や自己責任論ブームについて、Twitterで議論がかわされました。

今の20歳が40歳の半分しかいないって本当にいい話だと思う。戦争でもあったのかな?


 
実際には今の20歳は40歳の半分よりは数が多いのですが、大幅に減っていることに変わりはなく、就職氷河期~自己責任論ブームと派遣社員の激増が戦争と同程度のインパクトがあったのではないかという解釈も可能です。

「今の20歳は40歳の半分しかいない。戦争でもあったのかな?」というツイート、ジョークのつもりかもだけど、これ、実際戦争に匹敵するようなカタストロフィがあったのに気付いている人があまりいない、ってグロい状況を反映しているなぁ、と思った。


 
今の20歳の人数が少ないのは、今の40代(=ロスジェネ・氷河期世代)が子供を産んでないからですが、それは自己責任なのか、それとも社会が悪いのかという議論があります。

この議論に正解はありません。が、ゼロ年代には「自己責任である」と考える人が多数派だったものの、現在では「社会が悪い」と考える人が徐々に増えつつあります。

普通の人が普通に働いて2人以上の子供を残すという、20世紀後半まで当たり前に行われていた人間的営みが、今日ではとても難しいものになりつつあります。

まず、家族を養えるだけの収入を得られる人の割合が減りました。また、結婚や性愛に対して興味が薄い人も増えています。そうならざるを得ない風潮、社会の雰囲気というべきものがあるのもたしかです。

この記事では「戦争でもあったのかな?」に呼応して、就職氷河期当時の凄まじさを回顧したツイート、ロスジェネがいまだ失われたままなのはなぜなのかを分析するツイートをまとめてみました。

ロスジェネには戦争に匹敵するカタストロフィがあった説への反応

確かにロスジェネ世代の自己責任論って、敗戦の責任を現場の兵士の無能と大和魂の不足に求める大本営感ある。


特攻隊はまだ恵まれていると言えそう 一瞬で死ねる上に名誉もついてくるし


実際戦争だなぁ。政府の政策と若者の子供が欲しいという思いとの。


「口減らしですよ」 とは「戦場の軍法会議」に出てくるWW2フィリピン戦線生き残り元日本兵の言葉。 米軍に殺されたわけではなく、食料不足の中で日本人(将校)が日本人(下士官・兵)を殺していた。


実際敗戦級のダメージだと思う。特に氷河期世代はただの烏合の衆じゃなくて戦後最もたくさん教育投資を受け、競争も最も激しかった世代だけにこのトラウマは長く引きずると思う。


結婚、子育てする機会があった男女の機会を奪っていった・・というところですかねえ。 もちろん、この世代でも、一部の優秀、または金持ちの精子・卵子はその子孫を残しているでしょうけど、多くの凡人の精子・卵子は機会が奪われて、そのまま枯れ果てて行ってる最中なのでしょうね。。。


その40歳ですが、正確には「我々から我々の父親世代にかけて戦争があった」というべきかもしれません。私の高校のクラスメイトはバブル崩壊の煽りで父親が五人死んでおり(全員「病死」ですが)、大学進学をあきらめざるを得なくなり、結果全員非正規です。男子校だったので猶更被害が露骨でした。


受験戦争と交通戦争が日常的にありましたからね…


平成時代の日本と日本国民は、間違っても疎かにしてはならない「未来のこの国を担う人間」を全く軽んじた結果、我と我が手で自分自身の拠って立つべき社会を回復不可能なレベルに追い込むという古今東西稀に見る愚行(もしくは大罪)を犯してしまった、という思いが拭えません。


エキセントリックな表現が面白いと思ってリツイートさせて頂きましたが、 よく考えたらずいぶん昔から先進国では人口ピラミッドが釣鐘型から壺型?みたいに世代間の数が逆転するという予測はありましたよね。 まぁそれに対する有効な対策がどの国も結局打てていなかったのは確かなのだろうけど。


将来的には、この時代を歴史の教科書に載せられる国で在って欲しいと願います。そして戦争だけではなく「間違った経済政策でも大切な命が奪われる」事実を国民一人一人に共有して欲しい。


いっそ内戦でも起これば面白いのにな


本当にそれなんだよね。江戸時代を経て近代に入って日本って自分たちで革命おこしたことないんですよ。大きく体制が変わったのは2度。黒船と原爆敗戦という外圧によってのみ。現代では政権交代もろくにしていないんだから。自分たちの王様の首をギロチンにかけたヨーロッパとは意識がまるで違う。


就職が最も困難だったのは1998年、2000年でありその前後を含めた世代の就職状況は壊滅的であることがデータからわかっています。今からちょうど20年前のことです。当時、募集が一定数あったIT関係では人材ミスマッチから自殺も発生しています。


日本て、子供は育てる気ないし政府の都合の悪い人は排除するし、老人は長く働いて自分で何とか頑張ってね!と言いつつ、外国から労働力入れるけどお金はあまり出したくないよ!って感じで、どこのブラック企業かなって思うわ。 人も育たないし、生みにくいですよね。日本国民は馬車馬かな?


持続可能社会を作るためには特定世代だけに資金をつぎ込むのは不効率、つか終戦直後に抑圧された国民の性欲が爆発した結果の団塊世代が日本にもたらした悪影響を考えれば今くらいの若者の人口が適切である。


せいぜい2/3くらいじゃないですか? 平成28年 20歳 122万6千人 40歳 181万人


とはいえ、その59万人差は原子爆弾2発と凄惨な地上戦になった沖縄戦を含めた太平洋戦争の民間人の死者の数と殆ど同じになるわけですが


今の20歳は40歳の半分しかいない →40歳は第2次ベビーブームにかかっているし、半分はオーバーな表現 でも今の0歳は40歳の半分しかいないは事実 長期の傾向なので戦争と言うよりは大飢饉 それだけ生涯収入が下がっている


自国の自国による戦争…


だから、これから周辺の反日国家から移民を受け入れて人口1億を守るんですよ。それが日本政府の企みです。


生物が必死で子作り子育てするのは飢えて苦しく食うか食われるかで荒んでいるからで 動物も人間に飼いならされ食うに困ることがなくなると育児放棄したり異性に飢えなくなる


実際、自殺と過労死で戦争分くらい死んだかもな。ロスジェネ。


共産主義者とグローバリストによる反日工作が20年以上続いた結果ですね。民営化、規制緩和、株の持ち合い解消、終身雇用廃止、貿易自由化、円高、金融危機、霞ヶ関解体、政権交代、靖国参拝問題、慰安婦問題、男女平等、LGBT、ハラスメント、、、もう本当に最悪な30年だった。そりゃ人口も減る。


戦争とかわかりやすい惨事があったのなら、それをバネにした反動もあるが、ジワジワと時間をかけて首を絞められてこうなったらそれももう無い。 我々は既に茹で蛙だ。


比べるなら、20歳と40歳ではなく 10歳と40歳ですよ。 期待値としては、年齢として30歳ぐらいで、子供を育ててるはずなので、ほぼ同数の人口が居てもおかしくないのに、実際は半分。 デフレ不況って戦争があったようなもんだからな。


最大の原因はプラザ合意でしょう。 これで狂った経済を誰も立て直せなくなってしまった。 70年代から出生率は下がり始めていたからいずれ少子高齢化していたんだろうけど、人為的に加速させてしまったのがプラザ合意。


二十代で結婚して家族を持てる職場がいまどのぐらいあるのかを考えると、カタストロフィは継続中ということになりますかね。

ロスジェネはこのまま見捨てられるのか

安倍首相本人の腹の内はどうあれ日本政府がロスジェネ問題をタイムアップまで引っ張ったという事実は揺るがない。政府の戦略勝ち、ロスジェネの負け、それでこの話は終わり。


仮に安倍総理のロスジェネ切り捨て発言が無かったとしても自民党安倍政権がロスジェネを救済しないことに変わりはない。もっと言えばどの政党にもどの省庁にもロスジェネを救済する手立てはない。なぜなら「彼らは統計から外れてしまったから」。


ロスジェネ問題の元凶は小泉純一郎だと思うんだよなあ。安倍さんがやってるのって彼の失政の尻ぬぐいやん。あと、政治家がこういったと捏造するのはいかんよ。


2045年の人口ピラミッド。ロスジェネは70台後半になろうとしている。この人口構造で、社会が安定すると思う方がおかしい。こんなの放置してたら、暴力革命おこるで?


今、会社で社内研修制度作ってるけど、ロスジェネ世代の人は前職も含めてまともな社内教育を受けていない。新入社員研修ですら怪しい。必死に働いて、自分で工夫してるけど、それが正しいとか正しくないとかわからない。そのまま固まって、40代になるとなかなか修正が難しくなる。


企業の採用サイドになると、45歳で非正規でリーダー経験がないのはなあ…業務は真面目にやってきたんだと思うんだけど…ってなっちゃう。そんでロスジェネの方も、真面目にやってきた!って自負はあるけど、リーダーとか管理職の視点はない。そりゃ新卒から即戦力、非正規ってなってたら仕方ない


ロスジェネは年金も「40年間払わされたのに、受給の段になって制度破綻」ってことになりそうでつらい


しかしまあ、これから先は若い世代が目につくロスジェネって氷河期を生き残ったスーパーネオリベ脳の可能性が高いんだよなあ。 老害ってレベルじゃねーぞ


某先生「ロスジェネは公務員として国が雇用すべきだ」 世間「え? 公務員は減らしたj方がいいでしょ」 非正規公務員「それよかこっち先にしてくれませんかね・・・」 割とこんな感じだしもう


「ロスジェネが団塊世代の犠牲になった」のは事実かもしれないけど結果論でしかない。団塊は投票に行った。ロスジェネは投票に行かなかった。これが全て。その時々の政府は常に票を投じてくれる有権者に配慮するのは当たり前のこと。


「ロスジェネは分不相応な待遇を求めるな。救済する金はない」っていうのは返す刀で「じゃあそういうあんたらも地獄に落とすわ。救われないなら道連れだ」って振り切れるのを覚悟しての言葉ですよね? 違うというのならせめて言葉を選んで説得するようにして欲しい。

まとめ

ロスジェネ世代はこのまま見捨てられ、人生を終えるその時まで徹底的に不遇で財産や地位と無縁のまま終える可能性が非常に高い。

もう遅いのだ。

まず、本来ならリーダーとなるべき40代の人間をわざわざ国が援助するには他の世代からの心理的抵抗が強すぎる。

そして何より40代になると容姿も衰え、性格も素直ではなくなるので他者から救済されるために必要な可愛げがなくなってしまう。

よって日本はロスジェネ世代が息を引き取るまで、大きな負債を抱えた状態となり、他のすべての世代にも甚大な金銭的負担、使い物にならない世代が年々歳をとっていくという心理的な負担をかけ続けるだろう。

また、ロスジェネの中でも数少ない成功者たちは、生存バイアスによって他の何もなし得なかったロスジェネを「努力が足りなかった」とみなし、あえて助けようとはしないだろう。

私が奇妙だなと思うのは、Twitterでもこれだけ「ロスジェネを救え」という声が溢れているのに、「私は救われました」というロスジェネ世代の声はほとんどないことだ。

要はみな口だけなのだろう。政府や行政になんとかしろという人間はいるが、「俺がやる」という人間は一人もいないのだ。

しかし、使えない、役に立たないとしてロスジェネを切り捨てた先にあるのはさらなる地獄である。

単に社会に金銭的な負担をかけるだけでなく、大衆の心理を不安定にするだろう。

いま日本で優秀であったり、評価されている人材がいたとして、彼らは優秀でない者と比較して優秀というだけだ。優秀と言われる人間たちの評価は優秀でない者たちの数によって規定されている。

よって優秀でない者を切り捨て、退場させるとそれまで「優秀」と言われていた人間たちの評価が揺らいでいき、社会不安となる。

社会を安定的に運営するには世の中の9割以上の人間が、望めば職があり、それなりの暮らしができる状態になければならない。

そしてロスジェネ世代だけが、不運にもそのようなめぐり合わせに、どの時代にもありつくことができなかった。

このままあと20年くらいすると、ロスジェネ世代のあまりの数の多さに年金制度が耐えられなくなり、野垂れ死ぬ老人が爆発的に増えるが、もう日本の社会は壊れているので誰も助けない地獄のような風景が日常になるはずだ。

そしてロスジェネに対しては安楽死させることを黙認する制度ができているのではないか。

この20年が戦争に匹敵するカタストロフィだとしたら、この先に待ち受けているのは戦争よりも残酷な未来である。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ロスジェネ問題

Posted by galapgs