日本はもう中国の下請けをやらざるを得ないほど貧しい

4月18日放送のBS-TBS「報道1930」で日本人ばかりが働く大阪の工場が中国企業の下請けとして歯ブラシを製造していることが報道されたことが話題になりました。いまや日本人の賃金は、中国企業の下請けをやるほど低く、1997年と比べて先進国では日本だけが賃金が減っている現実について、ネットの反応をまとめてみました。

最近、日本人ばかりが働く大阪の工場が、中国企業の下請けとして歯ブラシを製造していたことが明らかになりました。

これは中国の工場に発注するくらいなら日本に発注したほうが安いということです。つまり、日本人はすでに中国人よりも貧乏なのです。

この大阪の工場の話は4月18日放送のBS-TBS「報道1930」で報道されたもので、同番組は1997年から先進国で日本だけが賃金がマイナスになっていることもあわせて伝えています。

この記事では、日本が今まで下に見ていた中国の下請けをやらざるを得ない状況に右往左往するネットユーザーの意見と日本の現状への意見をまとめてみました。


スポンサーリンク

報道1930で放送された日本経済の実態

これらグラフの何が衝撃的かって、97年と比べてマイナスになってるってこと。97年って北海道拓殖銀行と山一証券が破綻した金融危機が起きた年なんだよね。それと比べて減ってるんだから本当に深刻。 報道1930

10年以上前に将来日本と韓国は東欧諸国がドイツの下請けになったように中国の下請けになるって記事を読んだ。その時は首をひねったものだが、現実になってきた。人件費が日本の方が安い時代が。 報道1930

上海あたりを基準にしたら日本より人件費が安い地域は中国国内にたくさんあると思うんだよね。番組でも触れてたけど、それでも日本に発注してくるのは品質がいいからなんだろうね。技術力があって人件費は安い…泣けてくる。アニメもそうだし。 報道1930

イギリスは国の政策として最低賃金を毎年4.2%上げて現在は99年の2倍以上。「賃上げすると国際競争力がー」っていう言い訳はもう通用しないな。 報道1930


ネットの反応

確かに実感として、今のほうが苦しい 田舎で報道をみてても、山一?拓銀?って、遠い世界の出来事で、何ら影響があった気がしない

経営者のマインドは 今だに 一円でも安く作る事ばかりで ブランドを強化して 一円でも高く買ってもらう 意識が薄い。 従業員も従属的でスキルアップ また賃上げ交渉 考えてる人は少数。 与党自民政府は 支持層である日経連に 所属する企業の株価や留保を 増やすことが政策の主体になってる…。

そらそうでしょう 船員ですけど、1千万オーバープレイヤーが普通だったりした外航が一千万割り込むようになってるんですから 国内も給料悪いですし

もうこんな国に未来はありません。海外に行った方が人生楽しくやっていけるような気がします

タイのチームのメンバーが「単価が安い」と大量離脱した仕事を、日本のチームが同単価で受けたとの記事。単純に日本人の単価がアジアを下回り始めたように見えます。同単価で日本がより良質な仕事をするのだというなら、「雇用側はなぜ単価を上げない?」という話になります。

日本は単純労働作業しか仕事と考えてない人が多く、効率よくやろうと手間を省く事を悪だと考えてしまう。テレビの日本スゴイの多くはいわゆる単純労働。しかしそれでは国は救えない。歯ブラシの品質が如何に良くても日本は良くならない。経営者が労働者や仕事に対する考え方を変えないとダメだと思う

実際私もサンプルを作ると変わらないです。もう中国はコストが安いとは言えないです。日本の方が、完成度が素晴らしかったりします。チャンスと思った方がいいです。悲観してはいけない。

企業が人件費の安いところに順番に工場を建てていったら世界一周して戻ってきちゃった件?w

日本人の足を引っ張り合う国民性にあってるのは世界の奴隷的立場 世界第二位の地位にいた事が異常だったということ 宗主国アメリカが凄すぎるアメリカバンザイという話

しかし、そうなったら「メイド・イン・中国/ベトナム/タイ/ベトナム/台湾/韓国etc. 」が減って馬鹿どもが「最近は日本製が増えた」⇒「日本スゲー」となってますます手のつけられない地獄が待っているのでは…

それは同じ品質の作業をやらせると日本の方が安いと言う意味。同じ作業をするのに、中国より日本の方が安いと言う意味ではない。事実安い歯ブラシはいくらでも中国で作っている。

実質賃金は下がるし、税金は上がる。 平均寿命は上がる。労働者年齢も上がる。 あとはAIとロボットにしか、未来が託せそうにない。

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

しかも物価は上がってるっと まじめに笑えない 政治家連中この20年間仕事してない結果とも言えるように見える

賃金が低い国はこれから生き残れなくなる。賃金の低いところは付加価値の高くないものや作り出せないところ。国際競争力に勝っている所は付加価値が高い所そういうところにいる人たちは賃金は高いね。付加価値を生み出す人々の集まりだから。日本の品質はいいけど今まで遺産を食い潰しているだけのこと

経団連は信じないか努力不足って言うんだろうな

中国が下だっていつまでも胡坐書いてるからだろバカだなぁ 日本のトップがわけわかんないことで争っててこういう大事なところが疎かになってるから有能な人間が外に出て無能が増えるんだろ 老害どもを一掃しなきゃダメだけど関わりたくないので誰かオナシャス

「ソフトウェア製作を中国に発注すると2000万円するものが、日本に発注すると500万円で済む」というのがアメリカ西海岸の常識になっていると、とある経営者から聞いたことがあったが... ソフトウェアだけでなくハードウェアでも人件費が安くなるとか、もうヤバいとしか言いようがない...

あれほどあった業務系ソフトウェアのオフショア開発(主に中国)が極端に減って、国内の技術者を使うようになったけどオフショア祭りの時に大量リストラしたせいで今、人が足りない。日本人の経営者は無能ばかりだね。

ひょっとして諸外国より賃金低いのに現場に求める品質の水準は賃金がまだ高かった時代のままだからただただしんどい構図になってるのでは

政財界が求めていた「国際競争力」って、要するにこういうことだったんだから、「改革」は成功したんだよね。さあこれから輸出に励むぞう! ってことなんだろうけれど労働力はどんどん減って行く。あれえ、おっかしいなあ。 

単価が安い上、無茶な要求にも値段据え置きで応えるから、まぁ西欧諸国の先進国さまからしてみれば、コスパの良い国だですね。 観光や受託開発などの外からの流入が財政の柱になる日も近いんじゃないかな。。。

仕事でも冗談抜きに中国に人を渡した方がその人の収入上がる事例が増えてる。 日本みたいな建前だけの実力主義ではないしそもそも現場に対してのリスペクトが彼らにはある。営業が優秀でも現場が無能なら意味がないことを理解してる。 やりがいがなくても金があれば人は働く事も理解してる。

実際日本の給料が高いかて言われたら、物価が上がってるような気がするなか割にあってないような気がする 新車価格は軽でも150万〜200万+税金UP 食品も物価上がって税金UP 趣味に至っては浸る時間がない それは厳しい世の中だぉ 海外に逃げるか

偉い人に、 「国内発注のが安くないすか?」 って言ったら 「これだから新人は笑」 って言われたのに、 ホントに国内のが安いんよ

もとから「世界の企業から頼りにされる日本」がアイデンティティだし、そろそろ「下請け立国」とか誇りだしそう。

バブルが弾けて日本の製造業は猫も杓子も中国へ進出した。日本では正規雇用が無くなり派遣業が蔓延。増税と物価上昇が続き格差が激化。逆に中国は日本の技術と経済を吸収し瞬く間に経済大国へ。すべてを中国に吸い取られ日本は途上国へと転落。悲しいねバナージ。

結果的には良いことかもしれません。経営より労働の方が日本人には合っている。残念ながら昔から。

質じゃなくてブランディングとか付加価値付だよねえ。日本でも品質やコストが同じか少し高くてもイタリアやフランス製とか言えば付加価値つくし

人件費が安くて高品質って、下請けとして日本は最強じゃん(涙)。


日本人はどんどん貧乏になっている

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

アジア内各国の海外旅行は、LCCが増えたり収入の増加により、どの国も軒並み大幅増加、日本だけの大幅増加ではないです。また、日本人の海外旅行は、LCCが増えて旅行代金が大幅に下がったにも関わらず、ここ25年ほど1700万人前後で横ばい。海外渡航率は台湾人や韓国人等より大幅に低い。

仕事や旅行などで年に何度も海外に行く人も多いと思う。この1700万人はのべ人数なので、実際は1桁少ないだろう。つまり全人口のうち、せいぜい5~8%程度しか、1年間で海外に行っていないと思われます。ほとんどの国民が、国内に引きこもり状態。

海外との交流が少ないと、日本の特殊さが分からず、解決も遅れ、様々な面で乗り遅れてしまう場面が多くなる。例えば差別やヘイトや政権の不正の暴き方など。また、遅れた事をやっていては先細りになるので、情報収集にも行ったほうが良いと思います。ただ『必要性』というか、自発的なものと思います。

観光に力を入れているというより、各国に日本を(売国という意味で)売り込んでいるというのが正しいかと。日本人の人柄や、気候、風土というものを観察してもらい、最終的に富裕層に買い取ってもらう。日本人は技術力は高いのに給与は安いという、大変ありがたい存在ですから。

正直、日本が世界に誇れる技術なんてのも減ってる一方ですね…ほとんど高度経済成長&バブル期投資の産物 町工場は潰れるし、大企業だって新たな事業を興す体力もないどころか縮小傾向

先日、経団連の現会長が「終身雇用を維持できない」と正式に発表されましたが、これって「日本降参ー!お手上げでーす」ってことなんだと思います。技術のノウハウと、その蓄積と継承は、少なくとも大企業ならば終身雇用の下に維持されていたのですが…。それらの技術を中国等に売り渡すかもですね。

大手家電量販店の腕時計コーナーとか行けば顕著ですが、スマホを片手に国内外の高級腕時計を買ってるのは中国人や韓国人ばかりですね。 各ブランドも中国語や韓国語対応の社員が常駐しています。 日本人は腕時計も気軽に買えなくなるほど貧乏になりました。

日本人の貧乏化が進んでるという実感がない人は多いのかも知れない。貧乏なのは自分だけでそれは自分が不甲斐ないだけと思い込まされてる人とか結構いるように思う。

日本の賃金収入は世界一とズーット思ってました。 貧乏国なのに海外支援・援助は止めるべきです。

実感としては日本は衰退していってるよなぁ…。先進技術とかも中国や韓国に遅れを取ってるし。年金だって引き上げられるからなぁ。

皆さん安くても高品質が良いって 要求高いから、メーカーも色々なもの削ぎ落として、いつの間にか削っちゃいけないものまで削ってしまったんですね。 百々のつまり、誰かに損をさせるような状況を常態化させた結果が今のような気がします。

先日東京に行った際、平均的な日本人よりも羽振りのいい中国人や韓国人の観光客をよく目にしました。ああいう姿を日常的に見せられて東京の人々は劣等感を抱いていないのか気になります。もしかするとそうしたことが一因となって最近の日本社会の反中、反韓的な空気が醸し出されているのかも。

これはタブーかもしれないのですが、 昔は労働組合の力が強くて、毎年、春闘で給与が上がっていた。その時代は高度成長時代となっている。 しかし、最近は組合つぶしも一段落して、国民の給与水準も世界的見て低迷するようになった。この事から、かつての労働組合の力を再生する事こそ急務ではないか!

もちろん給料を上げるためには経営者の努力が必要です。 会社の取引先を新たに開拓するとか他の企業との共同受注や合併で規模を拡大するなど、いくつも手があります。 この番組でも最低賃金を上げ続けて成功したイギリスやニュージーランドの例が出されました。

さらに、未来には日本の人口減少と生産年齢人口の減少により、労働者不足となり、経営努力をして給与を上げない会社は、新たな社員が来なくなったり他へ転職して居なくなり、ついには潰れてしまうと言います。 これは20〜30年後に迫っている危機です。

こんなのがバズる自体、何も知らない人がほとんどだということですね。何の為にネットがあるのか唖然とする。日本に出稼ぎに来るのが中国人からベトナム人に変わり、その次は日本人が出稼ぎに行く順番です。小学校に英語を入れるのが遅すぎる。

上海でコーヒー飲んだら1杯800円でたまげた。というか、最近行った国で日本より物価安かったのはエストニアとラトビアだけ。中国沿岸部と韓国はほぼ日本と変わらず。香港爆高(駐在員の家賃一月70万円)。日本は安い国なのよ。外国人から見たら素晴らしかろう


まとめ

多くの日本人は中国や中国人を下に見ていたので、中国企業の下請けを日本の工場がやっているという事実を正面から受け止めることができないでいます。

ですが、事実を受け入れねばなりません。

日本は中国よりも貧しく、今後は日本人が外国へと出稼ぎに出ねばならい時代がすぐそこまで来ていることを肝に銘じる必要があります。

ひとつ明らかなのは、日本は少子高齢化が加速度的に進んでおり、内需企業が大きく成長するチャンスはほとんどないということです。

ですから内需企業で働く人の給与も大きく上がることはほとんどないでしょう。

にもかかわらず、税金をどんどん上げないと国の財政が破綻することがほとんど確定しています。

一般的にはこのような状況を「詰んでいる」などと言います。

若い人はもしチャンスがあるなら海外で働き、生活することを目指すべきだし、その力がない人もせめて外国人相手のビジネスや業界で働くことを目指してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

日本と海外の比較

Posted by galapgs