日本が中国・韓国に負けてしまう本当の理由は「国民の知性の差」

日本は近年、中国や韓国に経済、政治、企業の収益などで遅れを取る場面が増えてきました。

その理由について真剣な議論がかわされることはなかったのですが、Twitterでは「国民の知性」にそもそも差があるから、日本が中国や韓国に負けているのではないかという指摘が上がっています。

日本と中国・韓国の関係は、2010年頃までは「いちはやく近代化した日本をお手本に中国や韓国が追いかける」という構図でした。

しかし、いまや中国に経済で勝とうなどと言える状況ではなく、韓国についても大卒初任給はすでに韓国のほうが高いのです。また、スマートフォンやIT企業の世界的なシェアなど、韓国の方が勝っている分野も少なくありません。

それらの現象は一時的なものではなく、国民の知性に差があるから、つまり「日本人が中国人や韓国人より頭が悪い」から国力でも負け始めているのではないか…というのが今回の指摘です。

この記事では日本と中国・韓国の大学生の知性がどのくらい違うのかを具体的報告をもとに、ネットの反応をまとめてみました。

スポンサーリンク

日本の大学生が中国の大学生にまったく太刀打ちできなかった

日本が中国韓国に太刀打ちできないホントの理由。国民の知性の差。日本の小中学生、実質宿題なし、部活でヘトヘト(非行防止だと笑)でまとも勉強せず。中韓の小中学生、学校の部活無し夜まで学校で補習。日本の高校生スマホ狂い、世界で最も勉強しない。この子達が二十年後を担う。もう分かるでしょ

これ数年前の話、首都圏一流国立大学生がゼミの一貫で中国旅行。南京大の学生達と英語で討論したが日本側学生の英語あまりにお粗末で取り止め、で中国学生と日本語で討論。日本語の余りの上手さとその内容、論理にたじたじ。日本語でも太刀打ち出来ず。彼らの能力の高さに驚嘆したと話していた。

で、しかも討論の相手の南京大生、日本留学経験無し、大学で習っただけだとさ…。まあ南京大にしても東大以上の難関なんで秀才集まるからそれもありかなと

なぜ日本人が中国人・韓国人に勝てなくなったのか

仰る通り。日本の学校教育の目的は、外国の様に自立した個を育てる事では無く、真逆の考えない奴隷を育ててる訳です。考えるのは支配者達がやるから、奴隷国民は只上から言われた通り黙って従えと。学力に差が開いて当然です。

今の日本の教育は”兵隊を作る教育””社畜をつくる教育”今の日本の教育ではビルゲイツもスティーブジョブズも出てこない果ては錦織圭も大坂なおみも出てこない・・・

なんやかんやと言いながら、中国の教育の方が日本より自由や自主性を育てているのでは? というのはすごい皮肉な事象だな。でも確かにそうかも。

クラシック音楽の私はピアノやバイオリンの少しのケースしか見ていませんが、完全に置いて行かれました。2000年のショパン コンクールでワルシャワで見た時はエントリーそのものは日本からの演奏者は多かったけれど、そして優勝した中国にも相当に裏を 感じたのもありましたが、その後はあっという間。

音楽、芸術は経済力に直結するような。広範囲に豊かな社会から秀逸な作品、超絶テクの奏者、才能に満ち溢れた作曲家、そして作品を味わえる聴衆が続出するのかと。

やはり大陸ですので条件でも中国や韓国も有利なのもありますが 物理的以外には、特に毛沢東で遅れただけで中国は文化面での底力は やはり凄いです。最近は世界をリードするほどですから。 経済力ですよね。ホールも素晴らしい施設も出来ているようです。

そして日本じゃ子どもを「育てる存在」というより、消費者として金儲けの対象としてしか見ていないところが問題だと思う。子どもの時からゲーム漬け、スマホ漬け、塾漬け。自分の頭で考えることを学ばせず、都合のよい消費者が大量生産される。儲ける側と、低賃金な上搾取される側の格差は広がるばかり

産業界がイエスマンで低賃金で働く奴ばかり欲しがるから衰退せざるを得ない

韓国の大卒の割合は80%とかこの間のテレビで、言ってましたね。しかも就職先もグローバルらしいです。差が広がるばかりでしょう。

日本の学生とか相手にしてませんよ。意識低すぎます。 職場にゲームセンターがあって、子供達とか沢山来ますが、こうやって、バ◯が作られちゃんだなっねいつも思います。日本は、本当にこれからが心配ですね。

中学生、高校生の学習到達度は世界トップレベルを誇るが、大学生になった20歳以降は徐々に低下し、35歳からはOECD平均以下に下がり、さらに55歳以降は最下位レベルにまで落ち込むことが分かったという。 確かにこれからが心配な国ですね

日本の「教育」はね,テストでいい点を取る技術を教えることを教育と呼んでるだけなんだよ。知性を育て教養を身につけさせることじゃなくてね。

言葉の問題はともかく(😓)、「内容、論理にたじたじ」は深刻でしょうね。 思考!して論理を組み立て言葉にする訓練が出来ていない。 今や日本の教育は、そのような学生(というか人間)を量産するべく努力しているように見えます。 個人では太刀打ち出来ないけど国ならば…は到底無理な話だと思います。

そこなんですよね、「内容、論理にたじたじ」。中国や韓国の学生(上位層でしょうけど)、寝る間も惜しんで猛烈に勉強したり読書していますよ。のんびりキャンパスライフをエンジョイの日本の学生とは学習時間が圧倒的に多いですから…こりゃ敵いません

うちの会社に最近日本語ペラペラの中国人が入社したと思ったら、母国語の中国語以外に英語とスペイン語が得意で日本語はその次ぐらいだと聞いて舌を巻きました。

補足すると、南京大学 は、国国家重点大学の一つ。 また、彼の地には、弁舌を貴ぶ文化が備わっている(日本国内では弁舌を訓練する機会は乏しい)。 ちなみに、中国共産党入党の過程では、弁舌も問われる。

立憲民主党 アベ政治を許さない 加計学園 森友学園 安倍は辞めろ 安倍が国難 これは違和感あるな。今の官僚の皆さんは小さい頃から勉強漬けでこの体たらく。 知性や深い思考は「勉強」だけで得られるものではない。深い尊厳としてのプライドではなく、社会的ポジのプライドの育成にしかならん

中国凄い! 中国の大学は全寮制なので、この凄い南京大生達は上海の大学に行けなかった人かな?上海のトップ層は皆北京の大学に行きますが。。 第二次安倍政権発足後、互角の経済力が急に約3倍に開いた背景の一つ かたや日本の教育は育鵬社の道徳と社会

そんなのウソだろ、とは思わないリアリティです。 バブルで浮かれていた頃、80年代の悲惨な民主化闘争を闘ってきた韓国の若者たちのバイタリティとか使命感に圧倒されていたのが日本のビジネスマンでした。それが今のいろんな業種の企業ランキング。

語学がダメなのはもう既定路線として、論理的な話ができない点も非常にやばい。だいたい、「昨日あったことを30秒で話してください」がパッとできる大学生、どれだけ居るだろうね。単なる要約すらできないのに論理だなんてとてもとても。

いろんな情報総合すると、日本の東大に匹敵あるいはそれ以上レベル(学生の能力)の大学は、中国におそらく30校くらいあるんだろうね

日本の教育が間違っている可能性

日本でも中学受験する中高一貫組はかなり勉強してるほうだと思いますよ^ - ^♪

そうすね、彼等が日本のエリート。難関中目指す小6生は夏期講習ともなれば朝から晩までぶっ倒れるほどやるそうです(塾代眼の玉飛び出るほど笑)。でもそれが出来るのはホンの一握り。親が東大出だったり裕福だったり。エリートによるエリートの再生産ですがこれは昔から。問題は公立学校の教育崩壊。

思うに、中受の勉強、処理能力は高まるし賢くはなるんだけど、この例にあるような外国人と議論できる能力を逆に無能化してる可能性。一つの答えを探す訓練は、あまりしすぎない方がいい。

昔より今の学生の方が勉強してる。 でも、昔より馬鹿が増えた。 覚える事は出来ても、考える事が出来なくなった。 発想力が低下している事が原因だと思う。

アメリカも週末以外は毎日宿題あったから帰国して日本の学校のユルいと感じた。 日本はただオンオフのメリハリなく長期休暇も宿題出るのは勘弁だけど( ̄▽ ̄;)

中国は大学でも相当勉強しますね。 日本の大学へ入る努力はするが卒業は簡単みたいなものも、おかしいですね。

中国は大学に進学するのも大変です。日本の比ではないと…。

最も大事だと思われる近現代史を学校でほとんど教えないんですよ。これはね、文科省の策略。戦前、大日本帝国がアジア諸国に対してどんなヤバいこ(侵略)をしてきたのか、子供たちに教えないためですよ。保守反動、自民党の圧力です

こんにちは。御指摘の件は私の持論でもあります。 しかし、つい最近のことですが、日本軍性奴隷制度なんてどうやって義務教育で教えれば良いのだろう?と考えて愕然としてしまいました。 逆に言えば、日本人は語るのが憚れるほど酷いことを、特にアジアの他国の人たちにしてきたと言うことになります。

日本軍性奴隷制度は中学、高校から教えてもオッケー牧場、これ小生の意見。子供たちには早く知的に成熟=大人になってもらいたいです

日本人の問題は外国語力の問題ではなく言語による論理的思考、理性的討論の能力に問題があると見ます。 僕らが若い頃より英会話だのToeicだの英語教育カ改革やってますが口先の会話は九官鳥の如く上手いが、解釈力構文力は英語だろうが漢文だろうが社会全体としては益々怪しくなって訂正でんでん😜

日本の大学生 サークル部活・SNS三昧&超高い学費や生活費補うべくバイト三昧、人生最大レベルの燃え尽き症候群発症、🇩🇪の大学生の4分の1しか勉強しない、そして極めつけに、必修科目全く出席せずバクシンの友などと外車乗り回し遊び暮らした挙句父親の圧力で無事4年で卒業した人が今の総理大臣です。

中国や韓国では、「頭のいい人が社会を指導することによって、社会が発展する」と考えられてますから。頭のいい人たちが尊敬されてるんですよ。実は、日本もかつてはそうだったんだけど。今の日本は安倍晋三みたいな頭の悪い人が首相をやってる国に成り下がってしまいましたねえ。

この30年、日本は困難な経済状況に対応するために、団結を固める動きが強まったが、その副作用として、知的エリート育成がお留守になってしまったのかもしれない。

あのー日本の教科書ほとんどが嘘であり洗脳教育つまり外(海外)にでなければわかんない あとアニ漫画 とかアニメでたまーに真実言ってることもある 。

日本の学習は思考力を育むことがなく、結論や考え方を詰め込むことが基本の教育だから。それと貧困も大きな要因だろうな。

さもありなん…。受験スキルをマスターする能力と、学問を追及する能力は違う。そこに気付いているのになにもできていない。

広く世界では400m個人メドレーで争われているのに、25mバタフライが速かったというだけで「エリート」と称される本邦、といえば分かりやすいかと…

海外の友達の日本御勉強のテキスト見せてもらって本当に驚いたのは、問題に『日本のこのニュースに関して日本語であなたの考えを述べなさい』みたいな記述式問題が沢山あった事。外国語で文字を組み立てるのも大変なのに「あなたの考えを述べなさい」なんて、母国語でも無理な人が多いんじゃないかな。

これ年若い友人が同じ目にあったって言ってましたね。早稲田の学生だった彼が中国の大学でそこの学生達に歴史論争を挑んだら相手の論理構築能力と知識量に全く歯が立たず自己の俗流歴史認識の浅さ愚かさを自覚したと。

「日本人が中国人や韓国人に負けている」に対する違和感

確かに学ぶべき部分も多いと思うけど、勉強・塾が全てではないと思う 現にフィンランドでは宿題無しで、塾もほとんど無い(らしい) 日本や中韓のようにひたすら勉強する" だけ "が良いとは思わない

中韓の若者、日本人よりスマホ狂いだと思うんだが。

いつも思うが、一方で「フィンランドの教育を見ろ」「アメリカを見習え」「フランスには宿題はない」で、もう一方で「中韓の学生のように、ともかくわき目も振らず長時間勉強しないと終わる」というのが共存してるのな。

出羽には前者が分かりやすく、親や保守には後者が分かりやすいのだろう。

というか元々日本は少数エリートが護送船団方式で他を引っ張ってきたわけで、勉強しない子の存在は前提。人数が10倍の中国には負ける。韓国もエリート主義だから中国には負ける

小中学校のときに夜まで全員残らせて学校で補習させるのもどうかとおもうけどな。 そういう画一的かつ強制的に子供たちの自由な時間をとりあげてしまうのは知性とは逆行してるだろ。勉強したい子はすればいいし、部活したい子は部活に熱中すればいい。押し付けてきな教育で知性なんてつかないだろ

企業は日本人よりも中国や韓国からの留学生を高く評価している

世界市場で勝負する日本の大企業が日本の大学に留学してる優秀な中韓学生をこぞって採用する理由がわかるよね。何よりも地アタマがよい上に、母国語の他に英語、日本語ぺらぺら。まさに即戦力

受験教育が悪いのか?ディベート能力高める教育がないのが悪いのか?

単純に、大学に入ってからの勉強不足でしょうね

話してくれた若い友人はこの体験にショックを受けたのか、俄然発奮、勉強に読書に明け暮れる。その後海外に雄飛。元々優秀な子だったんすけどより磨きがかかった。井の中の蛙じゃダメだね。若いネトウヨよ、一度日本を出なさい

まとめ

中国、韓国は日本を超える受験戦争なので、上位層の勉強量は日本人の進学校出身有名大学生をはるかに上回ると考えられます。

一昔前の日本は、詰め込み教育は意味がないから子供の自主性を育てるゆとり教育の方がいいという意見もありましたが、2011年以降は学習量を増加させており、ゆとり教育を撤回、「脱ゆとり教育」などと言われています。要は、ゆとり教育は失敗だったのだと思います。

この記事では中国や韓国との比較ですが、インドやタイも上位層の勉強量は凄いです。

日本人の大学生が真剣に勉強をしないのは、勉強をしたところでたいした利益はないから…ということだと思います。最低限の勉強でそこそこの成績をとれば就職には差し障りはありません。出生率の低下で新卒の大学生は貴重ですから、企業側も「大学の成績が悪いから」という理由で落とすこともありません。

また、英語など数カ国語に通じた能力抜群の新卒が欲しいとなれば、「日本語ができる外国人」の中から採用したほうが確率がいいです。

そもそも人間は目的もなしに勉強はできない心理構造になっているので、日本の高校・大学教育が何を目標にどんな勉強をさせるのか…ということが問われてくるのだと思います。

ただ今からやったところで結果が出るのは5年、10年先。その前に日本はもっと落ちぶれて取り返しがつかなくなっていると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

日本と海外の比較

Posted by galapgs