CCSが北海道で地震を起こした説の真偽……いわゆる人工地震説と陰謀論について

9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」、いわゆる北海道地震の原因は日本CCS調査株式会社が行う実証実験ではないかとする声がSNSで囁かれています。この記事ではCCSが行う実証実験の実態と、人工地震説の真偽を考察するツイートをまとめてみました。

スポンサーリンク

CCSが北海道で地震を起こしたという説について

今回の北海道の地震、どうやら色々と謎らしい。プレート型でもないし、活断層型でもその位置がそもそも違うという。新しい活断層という可能性もあり、調査しているみたいだけど、そんなことあるかなという感じ。そこで上がってきたのがCCS。どうやら、co2を地中に埋めることらしい。


続きだけど、そのco2を埋めるってのが、まずまずい。溜めすぎると地震が発生する危険もあると言う。とすれば、これは明らかに人工的なもの。つまり、人工地震。もし、これが本当だとすれば、恐らく、兵器になる可能性もありうる。…嘘であって欲しいな。ホント。


今回の北海道地震はCCSというのが原因かもしれないらしいですね。 下記の↓記事を見ればわかりますがなんらかの人為的トラブルだとすれば今回の地震は活断層が原因ではなく、CCSという地球温暖化対策施設が原因(人工地震)の可能性が高いかもしれないです。 #北海道地震


@CIAWilloughby 震源地に近いこの会社は岩盤と岩盤の間に 液化した二酸化炭素を圧入し、大気中の二酸化炭素削減の可能性を実証。新潟県柏崎大地震の際も、直前までこの実験が新潟で行われていた。岩盤と岩盤を無理やり剥離させるわけで大きな地震の原因を作り出す。 https://ameblo.jp/daihatu-com/entry-12403166602.html


@_yanocchi0519 因みにこれが、日本CCS調査株式会社のライナーケーシング。地中2.8kmまで挿入し、二酸化炭素または水を圧入すれば、山本寛技術ジャーナリストも推察していた「水素核融合」が起こり巨大地震が人工的に起こせる。 http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/sangyougijutsu/kenkyu_hyoka/hyoka_wg/pdf/030_03_03.pdf


風間直樹議員が新潟県中越地震における日本CCS調査株式会社の二酸化炭素埋設事業と人口地震との関係について、実際に国会で質問している。 >経産省が補助金を出している財団法人がCO2の地下への貯留実験 >帝国石油が地下への水の注入 国会質疑全文(2007年10月31日) http://www.ailab7.com/kokkai4.html


北海道地震は、環太平洋火山帯の大地震(M6以上)の連続の中で、ほぼ初めて「プレート上ではない場所」で発生した「おそらく史上初めての場所」での特異な地震である。熊本の地震も、大阪の地震も、そして今回の北海道の地震も、まったく専門的に予測されていないものばかり。 https://indeep.jp/september-2018-hokkaido-earthquake-is-very-significant/


日本CCS調査株式会社とかいう電力/石油/商社などの共同で出資してる会社が苫小牧でやってるCO2を地中に封じ込める怪しい作業やその調査 おまけにこの震源地の近くには自衛隊の駐屯地が2か所も有るし (笑) https://twitter.com/_yanocchi0519/status/1038060817462091776


陰謀論とか人工地震とか、そんな次元の話ではなくて 新潟と苫小牧で現実に行われている「CCS」という作業 これ本当に安全なのか??? https://www.sankeibiz.jp/business/news/160816/bsd1608160500001-n1.htm


ちょっと(絶句) 『安全性に関する課題もあります。CCSではありませんが、1962年からアメリカのコロラド州で、地下数千メートルの深さに圧力をかけて液体の廃棄物を注入した際、地震が発生しました。地下に流体を注入して、地震の誘発が起きると初めてわかった例でした。』 http://blog.miraikan.jst.go.jp/20151104ccs-2015.html


@78koto @irukatodouro あ、これね。福島浜通りあたりでもやっていたヤツですよね。 陰謀とかじゃなくて、二酸化炭素削減ビジネスの為に実際に企業がやっているんですよね。


CCSとは 二酸化炭素を地下に閉じ込める施設の事。(つい最近日本で実験が開始された) 二酸化炭素を地下に閉じ込める事によって地震が誘発できるらしい。 そして今回の北海道地震。 苫小牧にCCSがあり、その真横に厚真町がある。 今回の地震との関連は………。 人工地震だとしたら………。 #都市伝説


北海道の苫小牧市にあるCCSが、2018年09月06日の震度7の地震を誘発した可能性があると言われているが。 これに託つけて、安倍批判をしたり、外国勢力がとか言ってる人は落ち着いてほしい。CCS計画は2003年以前から経済産業省および環境省の共同事業です。 与野党関係なくお役人が決めてきたことです。


ちょっと気になったのが日本ccs調査会社という今回の震源地近くの会社 北海道地震は人工地震だった可能性があるというちょっとした噂話 ccsは二酸化炭素を地下に閉じ込める技術のことで最近実験が始まったらしい 岩盤と岩盤を無理やり剥離させるため大きな地震の原因を作り出したんだとか。


日本CCS調査(株)とかいう怪しい合弁会社が苫小牧でやってるCO2を地中に封じ込めるという事業と地震なんかもモニタしてるようだ 人工地震は水とかを圧力かけて地中に流し込むと起こせるらしいしね (笑)


私、北海道でのCCSについて勉強不足で知識がなかったけど、ネットで調べてみると二酸化炭素を回収して地中深くに貯蔵する技術(魔術か?)だそうで。これって『地球温暖化』が大前提じゃないですか!つまり大嘘つく理由は様々あるってことですよね。そうまでして大地を人間を破壊したいんだろうか? https://twitter.com/oldblue2012/status/1038627518494924804


@ciao0627 >二酸化炭素を回収して地中深くに貯蔵する技術 そんなことする必要ないですよ。どんな企業がやってるか調べたらわかる。 原子力ムラの利権の一つ。 自分の企業に税金を流すために大義名分が必要でしょ? それが 『地球温暖化』 これって仮説に過ぎませんからね。CCSなんて地震の元です。


地震調査研究推進本部 石狩低地東縁断層帯 https://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/katsudanso/f006_ishikari-teichi.htm 今回の一連の地震はこの活断層の東側で起きているらしい。そしてここから南下したところに火力発電所があり、その近くで苫小牧CCS 二酸化炭素貯留が行われているとのこと。怖い物知らずとしか云いようがないよね


投稿日が5年前ということ、 最後の一文、苫小牧沖におけるCCS計画が、地震と津波を引き起こす危険性があることを警告いたします。 ほんとに的中してる 今回の地震は誘発されたものなんですかね、 今後千葉県の東京湾岸でも同じ計画が進められているらしいです。騒がれてる首都直下型... #都市伝説


現在苫小牧で行われている地中への液化CO2注入実験。以前は新潟県長岡市で新潟中越地震の4年前から行われていた。http://japanccs.com/business/demon… 地中への排液注入はアメリカでは地震を誘発するとして知られている。北海道地震の原因か。


なんだろうね。日本政府推進企業実証実験はわざとやっているのかね。先般もTWしましたが、日本には不向きであると考えていたCCSが行なわれていた。地震起きる事分かっていてやっているとしか思えない現象。 https://twitter.com/yuki02377614/status/1038285838595964928


.@namiekuwabara @yuki02377614 CCSは、二酸化炭素を圧縮して地中に埋めることで、地上の二酸化炭素を減らしたように見せかける手法ですよね。核廃棄物と同じで、将来世代に処理を先送りする、卑怯なやり方だと思っています。


CCSを行っていた新潟と北海道。 どちらも直下型地震。 そして震源の近くに試験場があった。 もうパンドラの箱ガバガバだよね!wwww


左が新潟中越地震のときの震源とCCS試験場との距離 右が今回の北海道震度7地震のときの震源(赤ピン)とCCS試験場との距離。 (CCSの場所は苫小牧市真砂町12番地) だれか地図縮尺詳しい人北海道のほう何キロ離れてるかおしえて! (あくまで都市伝説です。)

北海道大地震は5年前から警告されていた

石田昭氏は2013年の時点で苫小牧CCSの危険性を指摘していました。動画を見る時間がない方向けに、動画の概要を引用します。

二酸化炭素の地中封入計画(CCS)は、マグマが地表に迫っている日本のような火山地帯では危険です。すでに中越地震・中越沖地震、岩手・宮城内陸地震、そして、東北大震災におけるいわき市沖での巨大津波発生を発生させた疑念がありますが、原因究明がなされておりません。地震の発生はいまだ未知科学である段階であるにもかかわらず、地震・津波発生の危険性があるCCSを続行すれば、更なる悲劇を生む可能性があります。よって、地震爆発論学会として、苫小牧沖におけるCCS計画が、地震と津波を引き起こす危険性があることを警告いたします。

千葉県の東京湾岸でもCCSが計画されている

一番恐ろしいのは、千葉県の東京湾岸でもCCSが計画されているのだ。これがそのまま進行すれば、必ず東京都に大地震が発生する。    そのとき、地震学者たちは、いつものようにプレートのひずみが溜まっていたのがはじけた、なんぞと言うつもりだ。

人工地震は可能か?

災害対策本部の設置が早い→発生すると自動的に司令が送信される。 P波がないから人工地震だ→にているが、ソースがどこなのかわからない。 人工地震いうやつキチガイ→121ヶ国で人工地震開発禁止に署名。技術的には可能。 苫小牧ccsで、地震発生を危惧しつつの実験は事実。 #事実はこれだけ


深層地層への液体(液化物)注入で、注入場所から遠く離れた地点で地震が発生 米カリフォルニア第サンタクルズ校のチームが突き止め、先月、国際学術誌に発表  https://phys.org/news/2018-08-wells-earthquakes-miles.html @namiekuwabara


たった一回の注入で、10キロ以上離れた場所で地震。液体が岩石の隙間に入り込み、断層がスリップしやすくなる、とか。★ 今回の北海道地震とは無関係な話か?


そういえば、「桑ちゃん」さんが、CCSというのをツイートしていた。https://twitter.com/namiekuwabara/status/1037794889876922368 CCS(二酸化炭素捕捉貯蔵)は「地下1,000mより深いエリアに、気体と液体の混在した状態で圧入」もので、経産省の指導を受けた「日本CCS調査」社が、なんと「苫小牧西港地区」で実証試験中!


同社では「2016年4月からは、3年間30万トン以上を目指して、CO2を苫小牧港の港湾区域内の海底下約1,000mの地層へ圧入」しているという。http://www.japanccs.com/business/demonstration/


この場所(苫小牧西港地区)は今回の地震の震源地と、それほど離れていない。カリフォルニア大サンタクルズ校の研究をあてはめれば、苫小牧港でのCCS地層注入実験が招いた「飛び地大地震」との見方もできる!「指導」した経産省には説明責任がある!


この経産省キモイリの苫小牧CCS事業と今回の大地震の関係は、独立した調査機関に調べてもらいべきだ。もし、このCCSの地層注入が原因とわかれば、経産省の行政責任、賠償責任はまぬかれない。http://www.japanccs.com/


フォロワーの方から教えて頂いた情報だが、北海道の苫小牧市で2年前からCO2の地下封入実験が実施されているそうである。地中に高圧で注水を行うと地震を誘発する事が分かっている。米国オクラホマ州ではシェールガス採掘時のフラッキングが原因で群発地震が起きた。https://www.sankeibiz.jp/business/news/160816/bsd1608160500001-n1.htm


新潟でもCO2の地下封入実験が行われた。これと新潟中越地震の因果関係が疑われている。注水が地震を引き起こす事自体は地震学者も認めているし、報道もなされている。スイスでは地熱発電の注水で地震が起きて裁判になった。韓国南部の地震も注水が原因で起きた可能性が高いという論文が発表された。


これがシェールガス採掘時のフラッキングが原因で起きたオクラホマ州の群発地震である。注水を制限する規制が制定されたそうである。【「シェールオイル採掘」で米国で地震が多発か】https://wired.jp/2016/03/12/new-oklahoma-rule-aims-to/


地下注水が地震を誘発する事が分かった最初の事例はデンバー地震である。米国コロラド州のデンバー市周辺で1962年から1967年の間に頻発した地震は、ロッキーマウンテン兵器工場 (RMA) という軍施設での廃液の地下注入が原因だと解明されたそうである。【デンバー地震】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E5%9C%B0%E9%9C%87


苫小牧市のCO2地下封入実験場は今回の北海道地震の震源地から十分近いと言える距離。因果関係は十分あり得るだろう。デンバー地震、オクラホマ群発地震、韓国南部地震など、地下への高圧注水が誘発した又はその可能性が高いと言われる地震の事例は世界中にある。別にトンデモでも「陰謀論」でもない。

日本CCS調査株式会社とは何者か

日本CCS調査株式会社 CO2 の分離、回収、輸送、地中貯留の実証プロジェクトの調査に一貫して取り組む日本におけるCCSに対する適用法規の整理や技術水準の早急な確立に向けての民間ベースの意見集約を図る  http://www.japanccs.com/business/business.html


日本CCS調査株式会社【2011年3月11日に発生した東日本大震災を受けて、勿来・いわき地点でのCO2圧入に必要な調査は、当面取り止めとしています。】 http://www.japanccs.com/business/research/nakoso_iwaki.php


会社名日本CCS調査株式会社


北海道地震を引き起こした可能性のあるCCS事業は国策事業であり 協力している民間会社は日本CCS調査株式会社 日本CCS調査株式会社の株主は各電力会社、コスモ出光昭和シェルなど名だたる会社ばかりです マスコミにとって大事なスポンサーなので新聞やテレビでCCSが報道される可能性は低いでしょう

日本CCS調査株式会社が取り組む実証実験とは

"二酸化炭素回収貯留(CCS)は世界経済におけるCO2排出量減の解決となる。この手法はCO2を安全かつ永久的に固定する技術に掛かっている。本研究は初めてCO2を環境中の玄武岩の中に無害な炭酸塩鉱物として永久的に廃棄できることを示した。(1/3)"


"我々はアイスランドのCarbFixサイトにおいて、注入したCO2のうち95%以上が2年未満で炭酸塩鉱物になることを発見した。この結果は、CO2が鉱物として帯水層に固定されるには数百年から数千年掛かる、と言う通説とは対照的であった。(2/3)"


"それゆえ、以前の仮説よりも早く人為起源CO2の安全で長期的な貯留が可能であると言うことが、この我々の研究により示された。(3/3)"


確かに苫小牧でCCSの実験をしている日本CCS調査株式会社のサイトでも、"長い年月を経過したCO2は、塩水に溶解したり、岩石のすき間で凝固し鉱物になると考えられています。"とあるから、わずか2年で鉱物になるなら大きい発見だ http://www.japanccs.com/about/setup/storage.php


地震の一因では↓ CO2を地下に封入 CCSの実証試験が始まった https://www.sankeibiz.jp/business/news/160816/bsd1608160500001-n1.htm その実証試験は、北海道苫小牧市の太平洋に面した臨海工業地帯の一画で行われ、今年4月から海底下の地層中へのCO2の圧入が開始されている。 CCSが地震の引き金を引くのでないかと心配する声もある


文中の今年とは2016年。 "2018年度末までの3年間で30万~60万トンのCO2を、目の前の太平洋の海底下1100~1200メートルに広がる砂岩層と、より深い2400~3000メートルの火山岩層に押し込んで貯留する計画"




管理人のコメント

この手の話題になると「陰謀論だ」という指摘がどこからともなく湧いてくる。が、私はそうは思わない。

仮にこれが「安倍晋三がロックフェラー財団の命令に従いCCS実証実験の実行を命じ、人工的に地震を起こすことで日本の弱体化を企てた」と主張するならば、それは陰謀論である。

しかし、CCSの実証実験が地震の原因ではないかと指摘する者たちの多くは、単純な知的好奇心から、その安全性を議論しているにすぎない

その意味でいうと、「陰謀論だ」と指摘する者自身がもっとも陰謀論的な思考回路をしている。これは非常に滑稽なことである。

地中への二酸化炭素注入は地震を引き起こす可能性があるという指摘は、アメリカの名門スタンフォード大学からもなされた、学術的にも妥当なものだ。

であるから、CCS実証実験が地震の原因ではないかとする指摘そのものは陰謀論ではない。日本に地震を引き起こすメリットが、日本CCS調査株式会社にないからである。

もっと身近な話題のほうがわかりやすいかもしれない。

たとえば、隣人から「あなたの家が水道工事をしてから我が家の水道の調子が悪くなった。調べてもらえないか」と言われて、「陰謀論だ!」と答えるのはおかしい。普通は隣人の事情を聞いて、水道工事の会社に問い合わせるだろう。

しかし、隣人同士の仲が悪く、お互いに何らかの悪意の攻撃を仕掛けるメリットがる場合は、隣人からの指摘が言いがかり、宣戦布告と受け取られ、「陰謀論だ!」という返しが成立しうる。

つまり、日本CCS調査株式会社や出資する企業、あるいは指導する経産省側に地震を引き起こすメリットが存在するならば、「CCSが北海道で地震を起こした」説は陰謀論になりうる。

ただ、地震を起こすメリットとはどのようなものだろうと疑問に思う。
・地震を装った核実験を実行した
・地震を起こして日本国民を混乱に陥れたい権力者がいる
・地震による混乱のドサクサで何かを実行した
思いつくままに挙げてみたが、いずれも荒唐無稽なもので、「CCSが北海道で地震を起こした」説を採る者の多くは、そんな突飛な主張は誰もしていない。

われわれは「これは事故ではないか?」と指摘しただけなのに、「これは事件ではない、陰謀論だ」という意味不明の返しをされた。これがCCSに関していまネット空間で起こっていることである。

ここで一歩踏み込んで、この地震が意図的に何者かによって引き起こされたものだとするならば、誰が何のために、という部分が決定的に重要になる

「誰が」の部分には、一般的な「安倍晋三」とか「CIA」のような文言が入るのが一般的な陰謀論だ。

「何のために」の部分には「核実験を隠蔽するため」とか「日本政府を脅すため」とか、入ればそれらしいのだろうか。

いずれの説も私には可能性が低いように思える。おそらく「地球温暖化を大義名分にして、税金を使って金儲けしよう」くらいが関の山ではないか。そして危険性が指摘されたけど、もうプロジェクトが動いてるから止められない……、その結果地震が起きてしまった。そんなところではないだろうか。経産省にも天下り先が確保できるメリットがある。

というわけで巨大な陰謀は存在しない可能性が高いが、「CCSが北海道で地震を起こした」説そのものは誰かによって検証してほしいとは思う。そして「CCSが北海道で地震を起こした」という、いわゆる人工地震説と「これは陰謀論ではない」という2つの命題は矛盾しない。

もし万が一、検証の過程で、国家権力がCCSの活動について隠蔽しようという素振りを見せたり、その影響を不自然に隠そうとするならば、それがなぜなのかは厳しく追及されるべきであろうと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

災害・天災

Posted by galapgs