CATEGORY

政治

菅義偉は次の総理大臣になる許可を得るため、アメリカを訪問している

菅義偉官房長官が5月9日から4日間の日程でアメリカを訪問しています。官房長官という職業は基本的に東京を離れてはいけない役職にもかかわらず、訪米したということは、菅官房長官が次期総理大臣になるための顔見世として、アメリカに呼びつけられたのではないかという推測ができます。この記事では菅官房長官の訪米の目的を分析しつつ、次の首相は誰になるのか、これから日本の政治に起こることを推測してみました。

【悲報】アベノミクスの失敗が一発でわかる画像が出回ってしまう

アベノミクスは株価を上昇させる成果を挙げたものの、一般の国民は豊かさを実感できずにいます。その生活実感を証明するかのように、実質賃金が下がり続けているという統計を弁護士の明石順平氏が示し、Twitter上で多くの共感を得ています。この記事ではアベノミクスの失敗が一発で分る明石氏の画像と、アベノミクスの現状や評価について分析するツイートをまとめてみました。

横田空域というタブー 日本は未だ米軍の占領下である

10月9日に放送された「モーニングショー」(テレビ朝日)が、横田空域を特集しネットで話題となっています。なぜ日本の上空を米軍が管理しているのか、そしてそのことをネトウヨはなぜ容認しているのか。反米/親米という軸から横田空域について考察してみました。

【悲報】山本太郎の街頭演説に突撃したネトウヨ2名が完全論破されてしまう

10月6日に上野駅前で行われた参議院議員・山本太郎(自由党共同代表)の街頭演説に、ネトウヨらしき右寄りの思想を持つ者が2名、乱入し、しきりに野次を飛ばしていたが、山本太郎に論破され撃退されるという一幕がありました。この記事ではその一部始終を書き起こしてまとめてみました。

トランプ真珠湾発言のネトウヨ独自解釈が凄すぎる

トランプ大統領が安倍首相に対して「真珠湾攻撃を忘れない」と発言したとされていますが、Twitterではネトウヨが「真珠湾発言は日本に好意的な発言であった」とする独自解釈をしていました。報道ではトランプによる対日貿易赤字に対する不満・批判とする解釈が一般的でしたが…。

安倍晋三さん事務所が依頼した選挙妨害の手口がキチガイすぎる

1999年に安倍晋三事務所が暴力団関係者に依頼した選挙妨害の実態がヤバすぎると話題になっています。選挙妨害されたのは、当時、下関市長選挙に出馬した古賀敬章氏で結果的には落選しています。この記事では選挙妨害の実態と安倍晋三首相と暴力団の関係をまとめてみました。

アベノミクスで起こったことは「格差拡大」ではなく「貧乏人の増加」

2012年から始まった安倍政権の経済政策は「アベノミクス」と呼ばれていますが、2018年になった現在、その効果を実感しているのはごくわずかな人たちです。この記事ではこの30年の間に実質賃金の中央値がどう変化したかを検証し、安倍政権や自民党がいかに庶民を搾取してきたかを考察するツイートをまとめてみました。

ネトウヨが菅直人のイメージを悪くするために動画を投稿→菅さんの対応が素晴らしい!と称賛されてしまうw

ネトウヨが最近、なぜかいまさら菅直人元首相のイメージを悪くしようと躍起になっていて、3.11のときに避難所で被災者にブチ切れられている動画を拡散しました。しかし、その動画がネトウヨクラスタを超えて大きく拡散したことから、一般のユーザーからは菅直人の対応が素晴らしいと再評価されてしまう事態が発生しています。ネトウヨの思惑が見事に外れた格好です。この記事ではネトウヨによる菅直人動画拡散から徐々に菅直人の対応への再評価が始まり、ついには安倍首相と比べて「対応が素晴らしい」と評価が逆転するまでの一部始終をまとめてみました。

NHKの印象操作ひどすぎワロタw カジノ法案反対派を少なく見せて安倍政権に忖度した模様

NHKが7月21日に放送したNHKかんさい熱視線「関西にカジノ!?~IRの光と影~」において、カジノ法案に関する世論調査結果を報道しましたが、円グラフを操作することで反対派の割合を実際よりも過小に見せていたことがTwitterで暴かれました。グラフでは、カジノ法案反対派は42%と表示されていましたが、実際には34%分の面積で表示されており、印象操作を行っていた疑いが持たれています。カジノ法案は安倍政権が災害対応を犠牲にしてまで通過させた肝いりの法案であったため、「NHKが安倍政権に忖度したのでは」という声もあがりはじめました。この記事ではNHKの印象操作についてのネットの反応と、NHKによるこれまでの安倍政権忖度を追及するツイートをまとめています。

安倍晋三さんの事務所が暴力団関係者に300万円支払っていたという事実

7月17日、国会で安倍晋三首相の事務所が暴力団とつながりがある男に300万円を支払っていたことについて、山本太郎議員が質問しました。かつて安倍首相は暴力団関係者に選挙妨害を依頼したものの、成功報酬を500万円から300万円にケチったことで怒りを買い、自宅に火炎瓶を投げ入れられていました。山本太郎議員はこの事件の判決文をもとに安倍氏と暴力団「工藤会」との関係を問いただしましたが、安倍首相の答弁は「私は恐喝の被害者」の一点張りでした。この記事では安倍首相と暴力団「工藤会」の関係について追及するツイートとネットの反応をまとめてみました。