東京五輪は上級国民様の運転手までボランティアにやらせるらしい……これ半分テロ誘発してるだろ

2020年に開催される東京五輪で、大会関係者が移動するための自動車運転手を、なんとボランティアにやらせようとしていることが問題視されています。これは当初から発表されていましたが今週から再びTwitterでそのブラックぶりが話題となりました。ネットでは事故時の対応や、1万人以上を募集しているその規模を懸念する声が上がっています。

NHK受信契約は納得できなければ契約しなくていい…?最高裁判決をもとにネット民が検証

NHKの受信契約は納得できなければ契約してなくてよいとして、契約を断り受信料支払いを拒否する方法を解説したツイートが拡散しています。ツイート主はNHKから国民を守る党・くつざわ亮二氏で、最高裁判決をもとにNHK受信契約に関する通説の嘘を指摘しています。この記事では受信契約を拒否したらどうなるか、裁判になる可能性などを考察したツイートをまとめました。

【悲報】東京五輪ボランティアのネット工作が雑すぎてある意味怖いと話題に

8月17日から東京五輪ボランティアに応募する定型文をツイートするTwitterユーザーが続出し、「ネット工作が始まった」と。東京五輪ボランティアに応募を検討している意味の同じ文章を複数のユーザーが同時多発的にツイートする不気味な状況にTwitterユーザーは当初こそ困惑したものの、やがてTwitter民のおもちゃとなり、ネット工作大喜利が始まってしまいました。

水谷隼「日本人コーチは精神論が多い」…日本人はなぜこんなにも根性論が好きなのか

NHK BS1で放送された「Why?強くなった?卓球ニッポン」で、水谷隼がなぜ中国人コーチを招聘したかという質問に「日本人コーチは精神論が多い」と回答しました。それに比べて中国人コーチは指示が具体的とも述べました。この記事ではいまだ精神論・根性論がまかりとおる日本スポーツの現場についての様々な意見をまとめました。

発見場所ほぼ的中…!行方不明2歳児を透視していた人のTwitterが凄い件

山口県周防大島町で2歳の男の子・藤本理稀ちゃんが、8月12日に行方不明となってからほぼ丸3日後の15日早朝に見つかった件で、透視能力を持つと自称するあるTwitterユーザーのツイートが話題になっています。透視後に示した理稀ちゃんの居場所と実際の発見場所がほぼ一致しておりTwtterは一時騒然となりました。この記事では透視してから発見までのツイートとネットの反応をまとめてみました。

整形するとどうなる?経験者が語るメリット・デメリットと人生が変わった体験談・失敗談

整形、いわゆる美容整形は女性のモテに直結することもあり、SNS時代になって様々な口コミが出回るようになりました。目や鼻を整形し人生が変わったという人は数知れません。一方で整形に失敗しもともとモテなかった人がさらにモテなくなることもあります。この記事では整形のメリットとデメリット、成功して人生が変わったエピソードや失敗した経験談をまとめてみました。

100均アロマ+ハッカ油のゴキブリ除けが効果抜群…!天才的発想の自作虫除け作り方

100円均一ショップで買えるアロマセットを活用した自作ゴキブリ除けが効果抜群と評判になっています。作り方はダイソーなどの100均ショップでアロマセットを買い、アロマオイルは使わずに代わりに無水エタノールとハッカ油を9:1の割合で入れ、最後に揮発防止でグリセリンを混ぜてできあがり。ゴキブリはハッカ油を非常に嫌うため、これを置いて以降、ゴキブリを見かけることはなくなるほど効果てきめんという報告がSNSで相次いでいます。

日航機墜落の真相…謎と陰謀論まとめ

1985年8月12日に発生した日航機墜落事故はいまだ真相の解明に至っていません。自衛隊誤射説、米軍による撃墜説など、陰謀論的なものも含めて様々な説がありますが、この記事では日本航空123便の墜落事故に関する諸説、謎、タブーをまとめてみました。

東京五輪のボランティアって老人世代がやればよくない?だらしない若者にお手本見せてくださいよ!

東京五輪のボランティアを、日頃若者を叩いているシルバー世代がやってみてはどうかという提案がTwitterで多くの共感を集めています。五輪ボランティアには大学生や高校生、特定企業の会社員などの半強制的な動員が噂されていますが、その無茶苦茶さを問題視するTwitterユーザーの怒りに火がつき、老人批判、五輪批判が殺到してしまいました。

携帯ショップ店員さんのTwitterが辛そうで胸が痛む件

日本の接客業はなぜこんなにも辛いのか。すぐキレる客、クレーマー、想像を超える変人など、「お客様は神様」の暗黒面としかいいようのない闇が接客業の現場には溢れています。この記事では携帯電話ショップ店員さんの胸が痛むツイートと日本の接客業の異常性をあぶりだすツイートをまとめてみました。