【動画】山本太郎がまたしても安倍首相を論破…この質問力は正直すごい

自由党の山本太郎共同代表が、3月5日の参議院予算委員会で学校法人「森友学園」への国有地売却問題について、安倍晋三首相や太田充理財局長に鋭い質問を浴びせ、論破してしまう事案が発生しました。また、山本太郎代表は生活保護削減問題についても安倍首相を問いただし、引き下げの撤回を訴えたが、安倍首相は聞く耳を持たないという場面もありました。この記事では山本太郎代表による森友学園問題と生活保護削減問題についての質問の詳細を紹介し、その反響をまとめてみました。

「メダル 税金」でTwitter検索したら地獄だった

平昌五輪では、日本は冬季では過去最大となる13個のメダルを獲得しました。一方で、税金を強化費として投入することへの抵抗感をTwitterで表明する人も少なくありません。具体的には「税金使ってるんだからメダル取れ」といったような言葉でアスリートに上から目線を表明する人たちです。この記事では、税金を投入して五輪選手を強化することについて批判的な人たちの意見とそれを擁護する人たちの意見をまとめてみました。

【動画】宮原知子が白人選手に無視された?フィギュアスケート界とアジア人差別

2月23日、平昌五輪のフィギュアスケート女子で日本の宮原知子は4位に入る健闘を見せました。その舞台裏で、3位に入ったカナダのケイトリン・オズモンドが宮原知子からの祝福のハグを無視したように見える場面がテレビで放送されてしまいました。この記事ではオズモンドの行為を検証・考察し、フィギュアスケート界や北米におけるアジア人差別の実態を報告するツイートをまとめてみました。

日本人が弱者に異常に厳しいのはなぜなのか?自己責任論と弱者叩きの心理

日本人は社会的弱者に厳しい社会として知られています。2007年の調査では「自力で生活できない人を政府が助けてあげる必要はない」と考える人の割合が世界で圧倒的1位でした。落語家の桂春蝶が、「この国での貧困は絶対的に「自分のせい」なのだ」とツイートし炎上しましたが、この記事では桂春蝶のツイートと、それに対する反論をまとめ、弱者に対して異常なまでに厳しい日本人の心理を分析・考察してみました。

伊藤みどりのトリプルアクセルが今見てもハンパじゃない件…世界に衝撃を与えた伝説のジャンプ

冬や五輪の年になると、フィギュアスケートが大きな盛り上がりを見せますが、日本人選手の中で歴代もっとも世界に衝撃を与えた選手といえば伊藤みどりを名を挙げないわけにはいきません。1989年に国際試合で女子選手として初のトリプルアクセル着氷に成功、その高さやスピードでは現在の選手をも圧倒する驚異的な身体能力はいまだ語り継がれています。この記事では伊藤みどりの伝説的なスケーティングと海外の反応、浅田真央との関係などのエピソードをまとめてみました。

羽生結弦への異常な加点を指摘する声も……平昌五輪の羽生金メダルは妥当なのか

2月17日に行われた平昌五輪フィギュアスケート男子では羽生結弦が金メダルを獲得、宇野昌磨が銀メダルを獲得したことで、史上初の日本人による金銀独占という結果となりました。ケガを押しての出場となった羽生結弦ですが、一部のフィギュアスケート通からは、ジャッジからの異常な加点を指摘する声もあり、この金メダルが妥当なものなのかについて議論となっています。過去には女子でキム・ヨナに対するジャッジが甘く「八百長では」と日本でも論争となった経緯があります。この記事では、羽生結弦の演技への採点は正当なものなのか、フィギュアスケートに詳しい人のツイートをまとめてみました。

羽生・宇野の金銀獲得で溢れる「日本人スゴい」発言への違和感

2月17日、平昌五輪のフィギュアスケート男子で羽生結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルを獲得し、日本人としては初の金銀独占となりました。2月16日のSP(ショートプログラム)が終了した時点でジャーナリストの江川紹子氏は、「テレビの人へ。「日本人スゴイ!」じゃなくて、「羽生選手すごい! 宇野選手すごい!」だから。」と発言していました。羽生・宇野両選手のメダル獲得後、この発言が再びクローズアップされ、大きな議論を巻き起こしています。

戦前の日本は東アジアの植民地支配を正当化するため「日本起源説」を盛んに喧伝した

日本語と高句麗語が同系統ではないかという説が古代史クラスタで盛り上がった様子を受けて、済州みかん氏(@99mina_jeju)がツイートした内容がTwitterの一部で話題となりました。その内容は「日本語と高句麗語が同系統」という説はよくある韓国の起源主張ではなく、戦前の日本が東アジアの植民地支配を正当化するために喧伝した「日本起源説」をルーツにするものだ、というものです。この記事では済州みかん氏のツイートを紹介するとともに、日本語と高句麗語の共通性や、戦前の日本が喧伝した「日本起源説」について考察するツイートをまとめてみました。また、韓国の起源主張を揶揄する山田宏参議院議員のツイートも紹介し、日本人の東アジア人を見下す風潮についても分析してみました。

【動画】自転車の逆走を絶対に許さないおじさんが怖い

逆走する自転車をあえて避けずに当たりに行く動画が話題になっています。動画をアップロードしたユーザーはもともと逆走する自転車を恫喝して晒すことで有名なユーザーでしたが、今回はそこから一歩踏み込んで、避けずに衝突していったことで、軽い炎上状態となっているようです。この動画をアップロードした人物は、以前、「おっくん」(@okkun_osaka)というハンドルネームでタクシー運転手とトラブルになったことからネットウォッチャーから注目を集めている人物でした。この記事では逆走する自転車への反響や、自転車逆走に対する世間の風当たり、動画投稿主の素性などに迫ってみました。

日本人が「薄給なら手を抜く」という習慣を身に付けると日本中がハッピーになると思う

2月12日にブラック企業の深い闇(@makkuro_ankoku)氏による「日本人が「薄給なら手を抜く」という習慣を身に付けると日本中がハッピーになると思う」というツイートがTwitterで大きく拡散しています。このツイートによって、日本にはなぜこんなにブラック企業が多いのか、真面目に働いている人が多いのになぜこんなにみな貧乏なのかといったことが再び議論されました。そこで、このツイートに寄せられた反応を賛成派、反対派、意識高い系の反論、経営者目線からの批判、分析や考察ツイートなどに分類してまとめてみました。

三浦瑠麗とは何者なのか…経歴や素性に迫る重要ツイートまとめ

「ワイドナショー」でのスリーパー・セル発言から炎上状態となった三浦瑠麗氏ですが、炎上したことでその経歴にも注目が集まり始めています。この記事では、三浦瑠麗氏の学歴、職歴、父、夫、これまでに発表された論文についても明らかにしています。また査読論文がないこと、どんな思想の持ち主で、メディアでの主張にはどんな狙いがあるのか、背後にはどんな勢力がいると考えられるのかを考察したツイートもまとめています。