スキゾイドパーソナリティ障害という孤独を好む人たちの特徴

感情の起伏が少なく、孤独を好む種類の人は「スキゾイドパーソナリティ障害」かもしれません。感情がないわけではなく、いやむしろ感性や共感力にすぐれているからこそ深入りして飲み込まれないために仮面をつけながら生活している人たちです。この記事ではスキゾイドの特徴と、ネットの反応をまとめてみました。

スポンサーリンク

スキゾイドパーソナリティ障害とは?

スキゾイドパーソナリティについて描いてみました あなたの周りにもこんな人いませんか?


スキゾイドの本は専門用語だらけだけど、なんとなく共感できてしまう。 何かを勉強したい時は、入門書じゃなくて、興味のある専門書から読むべき。ニュアンスを楽しめる


ニュアンスで読む本は『引き裂かれた自己』がオススメ。 ちゃんと読むと難しいので、患者のエピソードとかを拾い読みすると良いです。


症例とか読むと、スキゾイドは同性愛が多い印象 同性愛は、妊娠する、結婚するなど、深い関係になりにくく身体的交流ができるから良いのだろう 元々同性愛者で、人からの理解が得にくくスキゾイドになるってパターンもありそう


抑うつが、部屋の片付けができなくて絶望してる人なら、スキゾイドは、全部押入れに突っ込んで平然としている人。 一見整ってるけど、絶対見せられない心の奥が存在する


結末は3つ ・押入れが崩壊して精神がぶっ壊れる ・押入れは死ぬまで崩壊せず逃げ延びる ・少しずつ押入れを片付けて抑うつになる いわゆる治療は3つ目、抑うつはそれはそれで辛いから、治療したくないって人も多い


絶対にサラリーマン向いてないと痛感してる。 人と一緒にいるだけで疲れる、人の名前覚えられない、権力に興味がない、気遣いとか全然できない スキゾイドは株やFXの適正あると思うので、本気で専業投資家目指すのもあり


スキゾイドは人を人格のないモノとして扱う傾向がある。 感情的で深い関係を拒絶するために、あえて人に感情がないと思い込むのだ。 結果として気の利かない、どこか取っ付きにくい人と認識される。 しかし本人は、自分の心を他人に知られるくらいなら、誰からも嫌われていた方が良いと考えている


スキゾイドは多人数の会話が苦手 会話は共通の話題(仲間の失敗談、恋話、流行りのドラマ、音楽など)で構成されており、それらに疎いスキゾイドはついていけない 一対一ならば、分からない話題を説明してもらうことで場を保たせられる


共通の話題を覚えるという選択肢はあるが、人間関係が嫌いなスキゾイドには興味を持てないジャンルが多い 「無理して覚えるくらいなら一人の方がマシ」という結論になる こうして、嫌われている訳ではないのにスキゾイドの孤立は加速していく


shizoidをスキゾイドと読む人と、シゾイドと読む人がいる 初めてshizoidを提唱したクレッチマーはドイツ人で、ドイツ語読みのシゾイドと発音した その後イギリス人のフェアベーンが取り上げ、英語読みのスキゾイドが使われるようになった ドイツ語、英語読みの違いであってそこまで気にしなくて良い


よく「会話は文章より感情を伝えられる」と言われるが、僕の場合は逆 文章なら「!」とか多用すればテンション高く見せられて楽。考える時間があるから的確な言葉を選べる 文章だけでやりとりしてた人と会うと「あれ?こんなテンション低いんですか」と暗に言われてしまうこともある


普通の人もスキゾイド状態になることがある 大勢の前で発表したり、極度の緊張感に見舞われると、自分の身体が自分じゃない、心と身体が分離している感覚に襲われることがある これを離人症というが、スキゾイドは軽い離人症が継続している状態 現実にいるのは分かっているが現実離れしてる感覚


スキゾイドは誰にも知られない時だけ本当の自分をさらけ出せる 自分の心に侵入される心配がないからだ 各地を転々とし、自分を知る人が増えるとまた引っ越しする、という生活を送るスキゾイドは少なくない 僕も一人旅をすると無駄にコミュ力が上がる。あれが本来の自分なのかもしれない


スキゾイドはアイデンティティの確立が弱い アイデンティティと言っても、自分らしさなどではなく、自分が自分であるという確信、自我同一性のこと 人は自我同一性があるから他人からの感情を浴びせられても自分を維持できる 自我同一性が弱いスキゾイドは自分と他人が曖昧になる


スキゾイドは共感性羞恥持ちが多いのではと思ってます 共感性羞恥とは、誰かが恥ずかしい経験をすると自分も恥ずかしくなる現象です 僕の場合、ちびまる子ちゃんで登場人物が勘違いしてやらかしそうになると、チャンネルを変えたくなります


スキゾイドは就活めちゃくちゃ苦手です。就職してからも人間関係で死にます。就職しないという選択を真面目に考えると良いかもしれません 大原偏理さんの『20代の隠居』はレールから外れた生き方を知れるのでオススメです


彼の生き方が良いと言ってるのではありません 就職しない生き方も沢山あると知って気楽に生きましょう どうせ人間、死ぬときは死にますし


スキゾイドとサイコパスは対極の存在です 共感性があるのにないフリをするのがスキゾイド、共感性がないのにあるフリをするのがサイコパス スキゾイドが共感性のないサイコパスと勘違いされることもありますが、本当のサイコパスは共感するフリが上手いです


発達心理学によると、中学生は防衛的で同調的な人間関係を形成されます 自分の本音は話さない、みんな一緒がいい、という思考です 高校、大学とその2つは低下していき、代わりに積極的相互理解が増加します 多少傷ついても友達と深く分かり合おうとする考えです


スキゾイドの場合、傷つくことを怖れすぎて防衛的な関係から脱せてないのではと考えてます 僕は、中学で同調的でなかったために軽いイジメにあったので、過度の防衛が働いています 傷ついても分かり合おうなんて全く思いつきませんでした


「俺は〇〇だからスキゾイドだ」「こいつはスキゾイドじゃない」とスキゾイドの厳密な定義を求めてもキリがありません スキゾイドという言葉を知って、「自分はこの性格でいいんだ!」と、ちょっとだけ自信を持てることが大事だと思ってます


スキゾイドには垂直上昇の願望があるようです 哲学者でスキゾイドとしても知られているヴィトゲンシュタインは、航空工学に興味を持ち、凧の研究やプロペラの開発を行いました 森博嗣さんの小説『スカイ・クロラ』では、地上を人間の感情・ルールで淀んだ場所、空をしがらみのない自由な場所として、


空に昇りたがるパイロットを描いています 「人間社会という感情の泥沼から、パッと飛んで抜け出したい」という共通の感覚がスキゾイドにはあるのでしょう


僕も飛行機が好きで、飛行機のゲームはよくやります 現実の飛行機への興味より、「空を自在に飛び回りたい」という感情が優位ですね 僕のブログのタイトル「人間社会の飛行法」も、そんなスキゾイド気質に刺さるように意識して付けました


スキゾイドちゃんが可愛く見えるのは、スキゾイドが絶対に見せない一人の時の表情や、心の奥の気持ちを描いているからですね ギャップや弱さを見せるとその人の魅力は上がるのですが、同時に心に侵入する隙を与えます それはスキゾイドが最も恐れることです


現実のスキゾイドちゃんは絶対に弱さやギャップを見せようとしないでしょう その極端な秘密主義は、逆に人の想像を膨らませてしまい、神秘的で不思議な人物と思われる時もあります スキゾイドの説明で「超然とした態度」と形容されるのはそのためでしょう


自分のキャリア形成上ちょっと後悔してることでもあるんですが、「人間の演技」が苦手だという自覚のある人は専門的スキルを育てることに振り切ったほうが幸せになる確率は高いと思ってます オールラウンダーを目指すとずっと人間の演技を求められるし、それをこなせないと見縊られたりもするので


RT〉僕も普通に生きられれば良いと思ってましたが、スキゾイドにとってその「普通」が壮絶に困難な道です スキゾイドは普通に歩いてるつもりでも偏っていきます。それなら「普通」へ修正するよりも思いっきり偏った方が楽です 僕は、偏ろうと決めてから人生が1.5倍くらい楽しくなりました


スキゾイドに事務系の公務員は務まりません 僕は「普通」を目指して公務員試験を受けて落ちたのですが、今は落ちて良かったと思ってます 公務員は技術や競争が求められない分、人間関係にものすごい比重が置かれます 就活が嫌で公務員試験受けるのは止めましょう(実体験) 理系の公務員はまた別


人間関係に自分が介入すると、せっかく完成されていた調和を壊してしまう感覚があります ある映画が大好きだからといって、自分がその映画に入ってストーリーを変えたい訳ではありません 人間関係とは上映中の映画であり、僕はなるべく傍観者で見ていたいです


そういう意味では、僕は人間関係に介入するのが苦手であって、人間関係自体は嫌いではありません 僕だけの感覚か、スキゾイド共通の感覚かは分かりませんが…


スキゾイド以外の人がスキゾイドと仲良くなるのはかなり難しいですね 適度な距離感を維持しながら、ほんとに少しずつ関係を縮めるのがベストだと思います 野生動物と打ち解けるレベルの根気が要りそうです


スキゾイドは文学や芸術に興味を持ちやすいです 自分の感情を他人に直接表現するのは疲れるので、文章や作品を介して間接的に表現します 感情を「与える」のではなく「見せる」ことで、感情の喪失を減らしているのです


完全に人付き合いを望まないスキゾイドはほぼ存在しません コーラが好きじゃなくても、なんとなく飲みたい日があるように、日頃人間関係に疲れても、ちょっとだけ関わりたい時があります 僕も2ヶ月に1回くらいは友達と遊びたいなと思います


それはスキゾイドと矛盾した気持ちではありません スキゾイドは人付き合いへの欲求が皆無なわけではなく、ものすごく希薄なだけだからです


スキゾイドの飲み込まれ不安を例えるなら、江戸時代の鎖国に近いかもしれません 江戸幕府にとって、西洋の科学技術や貿易品は魅力的ですが、キリスト教の布教や植民地化される恐怖と常に隣り合わせでした 外(西洋)のモノを取り入れすぎると、自分(幕府)が乗っ取られてしまうのです


スキゾイドも、他人の感情を取り込みすぎると、自分が他人の感情に占有されてしまうような恐怖を感じます かと言って、完全に他人を遮断すると外の社会とのつながりを絶たれてしまうため、少しだけは外と交流を維持しようとします


スキゾイドには人と関わろうとする欲求が少しはあります でもそれは「他人と情緒的に交流したい」という欲求より、「社会から疎外されると生きていけない」という危機感から来ているように思えます


スキゾイドが提唱された当時、スキゾイドの分裂的な性格が悪化すると統合失調症になると考えられていました。しかし、現在は否定されているようです 「ようです」と言ったのは、僕が明確な資料を見つけられないからです 何か知っている方がいたら情報提供お願いします


@huutott https://kotobank.jp/word/分裂気質-128725 の中に「彼は,精神分裂病から分裂病質schizoidと分裂気質への移行系列を提起したが,このうち正常な範囲のものを分裂気質と呼んだ。」とありますね。


@swellQ 返信ありがとうございます そうなんです。昔は精神分裂病(統合失調症)の軽度なものがスキゾイドと考えられていました しかしwikipediaには「統計学的にもスキゾイドパーソナリティ障害の人が統合失調症になりやすいという証拠はない」という記述があり、こちらの証拠を探しています


スキゾイドと統合失調症は関係がないという証拠を探していましたが、Kenさんが信用できる記事を教えてくれました 内容自体も面白いので、皆さんも読んでみてください https://twitter.com/ken_tokuda/status/1047441865874665472


スキゾイドは特徴だけ見れば引きこもりがちなイメージですが、実際にはアウトドア派も多いです バイク・自転車のツーリング、一人旅、廃墟巡り、マラソンなどはフォロワーさんでも見かけます インドア派、アウトドア派どちらにせよ、単独で行える趣味なのは共通してます


3年前から「苦手を克服しない」ことを意識してます 「人付き合いが苦手だから頑張って治そう」ではなく、「人間関係の少ない環境に逃げよう」と考える方が精神的に楽です また、苦手を克服する時間を得意なことを伸ばすために利用した方がお得です


基本的に一人でなんでもやりたいのですが、どうしても限界があります こういう時にスキゾイド同士で組めたら、お互いの距離感が分かっているので、ストレスを感じずに協力できそうですね


スキゾイドの学術的な掘り下げも好きなんですが、最優先事項はスキゾイドが楽しく生きられる方法を模索することです 僕ができるのは、スキゾイド気質の人にスキゾイドという言葉を知ってもらうくらいです 知識のある人が集まれば、具体的な仕事のアドバイスや人生相談なんかもできそうですね


「人に興味が持てない」なんて相談はなかなかできませんし、「頑張って人付き合いしよう!楽しいよ」なんて的外れなアドバイスが返ってくることもよくあります 実際は「人付き合いに興味がない」を前提に、どうやって生きればよいか悩んでいるのです。スキゾイド同士でないと中々理解されないでしょう

HSP、アスペルガーとの共通点や違いは?

@huutott スキゾイドパーソナリティと近いものに「ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)」という概念があります。直訳すると「すごく繊細な人」。 人間関係に疲れやすいので、人と深い関係を持たない傾向があり、でも、豊かで複雑な内的生活を送っているという自覚をもっていることがあります。


@huutott もうひとつ、近いものに「アスペルガー症候群」がありますね。発達障害の一つです。同年齢の人と付き合いがヘタ、人の気持ちを察するのが苦手(空気が読めない)、不器用、こだわりが強い、音や光に敏感などがあったら、スキゾイドパーソナリティではなく、アスペルガー症候群をググってみてください。


@huutott 孤立しがちな変わり者という点が共通点ですが、私の主観では差はこんな感じ。 スキゾイド:相手の内面を読む(気にする)、感情を見せない、敏感で鈍感、猫型 ハイリーセンシティブパーソン:傷つきやすい、繊細、高度な共感性 アスペルガー症候群:人の気持ちを読むのが苦手、こだわる、不器用、犬型


@huutott それぞれの長所 スキゾイド:内面を見ているのでイザという時優しい(ツンデレ的)、洞察力・観察力があり、人の気づかない発想をする HSP:人の幸せを願って他人の役に立つことをする、処理が深い アスペ:生真面目で実直、表裏がないので好かれやすい(意地悪な人がいない環境なら人気者になる事も)


HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)を紹介してくれた方がいたので、本を読んでみました 所々共感できる点はあるものの、やはりスキゾイドほど当てはまりませんでした


HSPは生まれつきの性質です。 HSPの人が、自分の敏感な感覚を守るために、あえて鈍感になる、内的世界に引きこもるとスキゾイドになるのでと思いました


HSPの人は自分の感性を大事にして、人間関係にしっかり向き合ってる印象でした それゆえ受けるダメージも大きく精神病になる人も多そうです 自分自身への責任感が大きいのでしょうね


スキゾイド、HSPどちらにせよ、社会から求められる活発さや行動力を実現できない点は共通しています そうした自分を、無理に変えようとせず受け入れることで、少しだけ人生が楽しくなります


@huutott HSPのことを書いた者です。 スキゾイドの場合、障害というよりも単なる性格傾向の意味合いが強いので、本人が己の性格で満足していれば何の問題ありません。統合失調症とも関係ありませんし。 他者とは最も適切な距離を自ずととっているものです。 その距離を自分がどうしたいかという話だと思います。


@livistr はじめまして、HSPの件、興味深く読ませてもらいました 「スキゾイドは本人が満足していれば問題ない」という記述はよく見かけますが、自分を守るための行動を「自分がしたいからやっている」と思い込んでいるだけで、無意識下では人付き合いを望んでいると思っています


@livistr だから、スキゾイドという言葉で痩せ我慢していた自分を知り「心が軽くなった」という発言が出てくるのだと思います スキゾイドが本当に自分の意志でぼっちでいるなら、ここまでのRTは無かったはずです

ネットの反応

@huutott スキゾイドって、バーナム効果が強い分類法に思えるんですが、違うんでしょうか。


@Worldsendseq パーソナリティ障害にはその傾向が高いです なのでこういったところに貼られる当てはまるものチェックはひとつの目安として、実際は医師の入念な"診断"をうけるのが大切です


@huutott こういう人2人知ってるけど、二人ともめちゃくちゃ仕事出来る


@huutott いるいる。でも私は発達障害ですが私は全く違う。よく泣くし人に懐くしくっついて行くし友達もいるし。しつこいらしいww仕事がだいぶできる教師の姉がこういう感じです。さらにサイコパスかと思う。もう少しひどいから。


スキゾイド、とても当てはまるんですよね。 一生引き籠っていたいが、生きていかなきゃいけないわけで。 私が看護師なのは、社交性が高い仮面を被るのが一番めんどくさくないから。 しかも看護師は、一匹狼気質の人が多く、忙しい職場なら干渉されなくてすむ。仕事をきっちりこなせば浮かない。



@huutott @she_soup 私はあるTwitterユーザーさんにサイコパスと言われたがあります。 発達障害=サイコパスじゃありません! スキゾイドパーソナリティ=サイコパスじゃありません!


@huutott これ知れて本当に良かった。自分は冷めてるだけでは無いとか優しくされたり褒められたら怖いって思ったりするし、プライベートで遊ぶ友達を作る努力もしようとしない。でも楽しくはする。自分を分類出来るものがあって何かよく分かんないけど救われた気がする。


@huutott @mamisma12 普通のことじゃない?と思うのは自分がそういう人間だからなのか? そういえば昔「友達はいるのか」と聞かれてはっきりと「いません」と言ったら「そんなにはっきり言われたのは初めてだ」と言われたことを思い出した。 大学教授がそんな事聞くなよ。


@huutott 5つ当てはまりました。子供の頃から、人と接すると疲れ切ってしまい、そのせいで毎日の学校が嫌ではないけどしんどかった。他人とは広く浅く、無理に合わせなくてもいい、それで十分だと気づいてからは楽になりました。


@huutott 旦那が恐らくこれです。ちなみに私はボーダー持ちです。「他人に興味が無い人間と必要以上にかまって欲しい人間」の組み合わせなので、最悪です(笑)


@huutott 余りにも周りの人と感覚が違いすぎて32年間ほとほと困って生きてましたが、この投稿を拝見させていただき、32年分の心の重みが取れました。Twitterで救われたような気持ちになったのは初めてです。ありがとうございます。僕はこれだったんだなぁ。。。


@huutott これって何か問題あるのかな❔


@huutott スキゾイドとHSPは似て非なり=また別物なのに、傾向例を混ぜてスキゾイド(障害)と括り、その“扱い方”との記述に違和感があります。 Solitude(独りで居られる)とLoneliness(独りぼっちで寂しい)も似て非なり、且つ、性質・状態を表すものなので“障害”ではないと思います。


@huutott RT.oO( 私も傾向として近い感じする、する...一人大好き、一人飽きない、人と長時間いると疲れる、群れるの嫌い... B型の超マイペース人間だからだと思ってたけどスキゾイドも含まれてるのかも〜


@huutott とても都会的な性格の人のことですね。田舎(秋田県)に住んでますが僕もどちらかと言うと都会的な感性の持ち主なので非常に生きづらいです。未だに田舎独特の人間関係に慣れません。そろそろ都会に引越そうかな。


@huutott 他人にそこまで関心ないだけの性格なのに名称付けて分ける必要ないでしょ


@huutott どこか「障害」なんでしょう…?これを見る限り生活に支障なく周りも本人も苦痛を感じてないのに。


@huutott 主の話を聞いて「人間関係に疲れる」や「1人の時間が必要だと強く思う」に共感し、小さい頃から「生きづらさを感じる」と思う方は、どうかHSPのほうも知って欲しいです。。きっと救われるはず。。


@huutott @usami22_aki へぇ!初めて知った!!性的関心が薄い、喜びを感じにくい、以外は結構当たってる!!w 社交的でないこともないが自分の想い通りにできなくなるくらいなら一人で完遂したい。 パーソナリティ障害呼ばわりされるのは心外だがね。w


@huutott 初めまして。 長続きしてる友人に多いです(^ ^)適度に距離があって仲良く出来るし意見は冷静だし、あまり気を使わなくて良いので、私は好きです。もしかしたら自分もそうなのかもしれませんが。


@huutott あー…スッキリしました。 私完全にこれでした。 誰かと居ると疲れてしまって悩んでました。 1人が1番楽しいんです。 でもたまに寂しいこともあります😢


@huutott スキゾイドではないと思うけど、「独りの時間が幸せ」「信頼できる人がいない」「親密な関係を作りたくない」は確実に当てはまる。あと学校の教員に「お前は近寄り難い雰囲気がある」って言われてガチめにショック受けたこともある。でも、近寄られるのは面倒くさい。


@huutott 性への関心が薄いわけではないですが、ほぼほぼ当てはまりました。 私は発達障害のある兄と自閉症のある妹がいます。 私もそのあたりの何かしらがあると思います。 こういう記事、ありがたいです。


@huutott よく孤立するからこれかと思ったけどただのぼっちだったわ


@huutott 共感力に関しては強い人と無い人とがマジでいるから皆当てはまるとは言えないな。 けど日本には多そう。 結構当てはまるって言ってる人多いけど皆友達いないのなー。


@huutott 今ってこういう人をインキャ扱いして 晒し者にする人ってよく見るんですよね・・・ なんでこんな考えの人が多くなったんだが・・・


@huutott FF外から失礼します。信頼できる人がいない以外該当したので自分もこれかもです。自分の感情的なことには他人事ですが、他者の感情には共感してしまう的な。


@huutott もし該当してたらなのですが、多分理解力や予測力がこの状態を引き起こしてるんじゃないかなと思います。人付き合い?この人は外面以外大丈夫?批判?相手の発言に正当性は?称賛?普通の努力をしただけなんだけど。感情?泣いて何か変わる?等。なので「深く考えないようにする」が解決法かもです。


@huutott @pneuma_2007 わざわざこんな『分類』設ける必要ある? 人がいる数だけ個性があるのに、一々分類して納得しなきゃいけない人の方が、病気だと思うけど? 休みの日ぐらいほっとけよ 構いたい奴は自分が構って欲しいだけだろ?


@legapy @huutott 人の数だけ個性があるからこそ、人それぞれ向き合い方も変わってくるし、似通った傾向の人も出てくるわけだ 貴方が言うように「休みの日はほっといて欲しい」「逆にかまって欲しい」という個性を配慮し円滑な人間関係を送る為の1つの参考として部類分けは少なくとも不必要という事はないと思うよ


@huutott なんかすごい勘違いしてる人が多そうなのであえて言いますが、パーソナリティ障害というのは発達障害とは関係なく、単なる"こういう性格"ってだけで治療の必要もありませんよ


@huutott "性への関心が薄い"以外全部当てはまりましたありがとうございました


@huutott @Amqot0_rn1stIng え、でもこれって潜在的はサイコパスと違うつっても顕在的にはなんら変わりないから見分けるのって難しいし、相手からの干渉も全くないから知らない人からすれば完全にサイコパスでは?


@huutott 人間関係のストレスから逃げたいってことでしょ? 誰でもそんなこと思ってるでしょう 何でもかんでも病気みたいに名前付けるの好きじゃないな


@huutott はじめまして。こういう人って友達こそほぼ無だがマブダチが一人か二人いるもしくは弟妹と硬い信頼関係があるってことありません?


@huutott バーナム指摘ニキよく現れるけど、パーソナリティ障害って程度によって診断されるんだよね。誰でもある普遍的な性質(or 欠点)がめちゃくちゃ濃くなって、生活に支障が出た段階がパーソナリティ障害なんだね。薄めれば個性。


@huutott 要するに感情の起伏が少ないソロ充? それよりも、スキゾイドちゃんのイラスト可愛い


@huutott むしろ、このタイプ人間がいっぱいいたら、日本はもっとマシな国になると思う。


@huutott 障害というより、寧ろ完全な僕ですねw 関心はもちろんありますが、例えばあまり人と関わりたくないところや、仲の良い友達を作りたいとは思わない点がとてもそうです。 しかし、他の方と同様、少しバーナム効果もありそうですね。


@huutott 私はニコニコしてるタイプ 本当は感情を示すのもだるいけど、昔から愛想笑いで過ごしてきたから、それが染み付いてる… 家族以外の人間にはこの仮面外したことない


@huutott ほんとはめっちゃ心配した上で相手の気持ちを汲み取って尊重して「やりたいと思ったのならやればいい」って言ったら、相手に「冷たくない?」とか「冷淡な人間だね」って言われた俺のことかい???? 単にそれを自己完結させたからだと思うけど。


@huutott @derorinkuma 完全に当てはまりますし、子供たちもこの傾向強いです。現代社会ではさほど苦労することもなく快適です。


これは非常に近いな。 周囲の感情から自分を守ってるのではなく、単純に他人(常識的な世間話)に興味がない。 自分のすべての時間を好きな事に使うようにしてる。もちろんスイッチさえ入れれば世間話もジョークも営業も出来るけど、演技なので疲れるね。 ニュートンもこのタイプだったようだ。 https://twitter.com/huutott/status/1043525665809547264


いわゆる発達障害、ADHD、アスペルガー症候群、自閉症スペクトラムという言葉が広まっている。 これについて前々から思っていたのが、医者や心理学者の業績のために作り出されてた概念ではないかという疑問。 近代の社会構造に不適合な性格を精神病として定義している仮説を考えみる。


現在、精神病とされているアスペルガー症候群やADHDについては、学校や会社という集団生活において、平均的な行動を取れない人間に対して与えられた病名ではないか? 机にじっと座っている、教師や上司の言うことが聞けない、与えられたルールや勉強を決められた通りに実行しない...etc


これらの集団生活は、近代以降において創られた社会生活であり、それに適用できない、あるいは拒否する人間が一定数存在するのは、極めて自然なことに思える。 江戸時代の農村において、はせいぜい「村の変わり者」くらいに思われていた事だろう。 ところが社会制度の変化により、個性が病気となった


他人に興味が無いどころか、他人を見下して利用することしか考えてない人間でも、演技が天才的に上手かったり、人間心理を本能的に理解してるので、大金を上手に稼いでる人間は何人も見てきたな。 発達障害の傾向があっても、お金を稼げているという時点で社会性があるから、安心して欲しい。


他人と上手く関わることが出来なくても、「何をすれば人は喜んでくれるのか?」を追求して、読書と実体験で学べば生きていける。 それをピンポイントで活用して、残りの時間は自由に使えばストレスフリー。 自分の性格的傾向と、社会的価値を理解するのが重要。

スキゾイドパーソナリティ障害の恋愛

@huutott 約6つくらい当てはまる。大学の友達も同じようなの多いし、職場も似たような感じで集まっててとても過ごし易いわ。 恋人を作るメリットがわからない。


@huutott @yu_li_li_li0721 こんにちは。 ほぼ当たっていて長く付き合ってる友人2人いるんですが、適度な距離を図ってくれるのでとても居心地良いです。 逆に、彼氏はズケズケ内側に入って来ようとするので大変困ってますね…


@huutott 誰か亡くなると葬式に呼ばれるのが面倒だからアドレス消す+変える、アドレス帳は仕事関係と家族だけ。 学生の時は見た目気にする必要がないから坊主(自分で)、金もかからない。 引っ越しても家族と職場以外には言わない。 学生はこれでも良いが就活で積むから意識してトレーニングはしないとダメ。


スキゾイドでアセクシュアルな人多いですね アセクシュアルとは、他者に恋愛感情や性的欲求を持たない人のことです スキゾイドは親密な関係への飲み込まれ不安があるので、恋愛は不向きです 飲み込まれる恐怖が大きすぎて、恋愛感情を無意識に封じ込めているのではないか、と考えています


僕も意識していませんでしたが、アセクシュアルかもしれません 恋愛感情はあるのですが希薄です。「マンガの新刊読みたいなー」「ラーメン食べたいなー」の延長に「恋愛したいなー」があります 一般人にとって、恋愛は、睡眠、食事並に須要なものだと理解できたのは最近です


@huutott 確かに、つながる人も居るかも知れません。以前は私もそうかなと思ってたんですが、自称する方に特定の性別への嫌悪や、それにつながる社会への憎悪みたいなのが常に見受けられて、基本的に無関心(嫌悪や憎悪も呑み込んでしまう)スキゾイド とはちょっと違うな…と感じて離れてしまいました


@neeyanb アセクシュアルにも色々あるんですね。確かに嫌悪までいくと違う気がします。恋愛感情はなくても、人付き合いは好きな人も多いみたいですし あくまで一要素と捉えるのが良さそうですね


そう…感情が自分に向けられることが凄く怖いんですよ…わかる…思わず回避してしまう…わかる…皆そういうもんだと思ってたのに全然そうじゃないって知ってびっくりした奴…何か恋愛しないとダメみたいな世の中の風潮がみじんも理解できない奴…わかる…わかりみの極み…そうかスキゾイドていうのか…

管理人のコメント

「スキゾイドパーソナリティ」は一見すると、単なるコミュ障のようにも見えるし、ADHDの一種にも見える。

当てはまるという自覚を持つ人は、とりわけネット中毒を自認する人たちの間で多かろうと思う。

また、都会では、いわゆるスキゾイドでも快適に生きていける環境が整いつつあるので、特に不便を感じる人も少ないのではないか。それゆえ、特に問題なく生きている人も、作者のふーと氏(@huutott)の一連の考察には「自分もそうかも」と思うかもしれない。正直、私も自分に当てはまると思ってしまった。

世界には孤独をテーマにした研究が数多くあり、その多くが「孤独がいかに精神に有害か」を説くものだ。

スキゾイドは孤独を苦にしないという点で、21世紀型の孤独に対応した新人類なのではないかとも思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

2018年9月25日精神・メンタル

Posted by galapgs