平安時代にお坊さんをやっていた人の前世は誰なのか?…過去ツイートまとめ&考察

1月16日にTwitterでマグロジュース氏(@magurojuice)が前世の記憶について語り、そのツイートが大きなバズとなったことから、様々な議論を呼びました。

ツイートでマグロジュース氏は、前世が平安時代の僧侶であったこと、前世の記憶にある自身の名前を調べると実在の人物であったこと、その墓を見に行ったこと、前世の記憶として残っている平安時代の人々の暮らしぶりなどを克明に語りました。

それに対してTwitterでは、興味深いと感じる声、創作ではないかと疑問を呈する声、オカルトではないかと批判する声、歴史的事実との食い違いを指摘する声、脳の病気ではないかと同情する声、創作だとしても面白いからいいではないかとする声など、様々な意見が噴出しています。

そこでこの記事ではマグロジュース氏のツイート、そして大きなバズとなったツイート以前の前世について言及したツイートをまとめてみました。

マグロジュース氏の話題になったツイート

どこまで喋って良いのか分かんないけど、てかヤバい奴だと思われるからあんま言いたくないけど私1000年位前に日本でお坊さんをやってた記憶が存在してまして。お恥ずかしい話ですが自殺ミスった時に鮮明に思い出して記憶を頼りに自分の居た寺と当時の奥さんのお墓に行きました…


かなり慎重な性格なので脳の病気だという説は未だに捨ててません。 ただ自分の前世記憶と同じ行動をした人物が実在して、1000年前の記録に、残っている所まで確認しました…ほんとに… 平安時代の文化とか、当時の人がどんな暮らししてたかとか、めっちゃ鮮明に話せます。


生まれは京都でした。宗教的に地位のある家柄でクソガキでしたけど周りの人に敬称で呼ばれてました。糞野郎でしたけど奥さんがどこまでも良い人で… その奥さんを結婚してすぐ亡くして、お坊さんルート入りました。でも寺稚児と恋愛してたんで生臭坊主ですね。信長に瞬殺されるタイプの坊主です。


いやでも信長だって森蘭丸きゅんと熱愛してたし俺がお坊さん時代に寺稚児という名の男の娘と恋愛関係だったとしても文句は言えないぞ



平安仏教を一言で表すと クリエイティブ センスの溢れる坊さん達が自由に、新しい仏教を作っていた時代。 今みたいに伝統を受け継ぐ保守的感覚はあまり無くて、創造的。仏教建築も芸術も思想もアップデートしまくって自分たちで解釈して作るの。楽しいよ。


誰も信じてくれないと思うのでその内消すけどたまに吐き出させて、辛いから


私が死んだ後に地元の人がやってくれたんだと思うんだけど… 自分と奥さんの墓が向かい合っていて、奥さんの墓の周りを当時の付き人達の墓が囲んで、守るように立ってて。涙が止まらんかったです。みんなに優しくしといて良かった…


平安の坊さんは今みたいに静かに木魚でぽくぽくお経唱えるイメージではないです。大人数で集まって鈴を鳴らしながら物凄い声量で唱えてました。坊さん密度めちゃ高いです。なので坊さんの集まる上訴は今のデモ行進なんてもんじゃない、めちゃ怖いです。神々しさや威圧感でもう異次元です。


どこ行っても捨て子だらけでした。避妊しないしね。で、お寺で引き取って育てます。僧兵になる人は捨て子率高いです。あとなよっとした子は舞踊やったり時に男色相手になったりします。女人居ないので、自然に女の子化するという…カオスな空間で何だかんだ皆幸せに生きてました。


あとかやぶき屋根って、そんな毎度毎度手入れしないので基本コケや草が生えてて緑色でした。屋根に変な瓜みたいな実がなってる時もありました。今の観光地にある茶色くて綺麗なかやぶきの家は、新築ですね…家の中にまで竹が生えまくってたりするのが普通です。


田舎の人の食事は、そばがきやヤマイモが多めです。 食べ方はとろろそばじゃないです、そばは丸めて単体で食べてたし、山芋は薄く切って焚火であぶって、ポテチみたいにして食べます。 遊戯王カード集める子供みたいに、風車コレクターはの子供はヒーローです。


平安時代にお坊さんをやっていた記憶があるという話についてTwitterでの質問と回答 http://magurojuice.blog.shinobi.jp/Entry/19/#Qh5VrjB.twitter_tweet_original_count ブログに回答を掲載しました、ツイート埋め込みがよく分からなくて自分のツイートが入ってしまいました、すみません。やり方分かったらあとで修正しときます。



 

記録とあってれば、調べたんやろってなるし 記録と違えば、嘘やろってなるし どっちも分からなければ、作ったんやろってなるし 当たり前ですけど当時の人はみんな死んでいて証人も居ないので ほんとユルい気持ちで考えてほしいです 私自身も頭おかしくなった説と半々で考えているので…


何かためになる事もあるかなと思って話してますが 昔から自分を知ってる人やフォロワーさんなら私が極力目立ちたくない性分なのと、この話あんまりしたく無いの、分かってくれると思います。 ある程度話して落ち着いたらいつもの末端創作垢に戻ります。心配してくれた方すみません。

 

平安時代にお坊さんをやっていた記憶があるという話への感想

興味深いという意見

千年前の前世記憶について語っているツイッターが興味深い。どこかに7万年前にネアンデルタール人だった記憶の持ち主がいればいいのに。前世記憶の信憑性はともかく、篠自身は行ったこともない初めて見る風景の絵や写真を見て涙が出るほど切ない気持ちになることがあるので、生まれ変わりはあると思う


あと、人間のデフォ能力として「空気読む」は前世が人間でなかったとか、日本人の「まず空気読め」ができない人は前世は日本人じゃなかった、とひそかに思ってたりします。たぶん篠の前々世はヤマネコかなんかで前世は砂漠地方の人間だっと推測。今住んでるプチ砂漠性気候の場所が居心地よすぎる。


「空気読む」ができない人の前世は人間でなかった~でした。文節抜け(^-^;


前世の記憶とか思い出せたら面白いだろうな。小さい頃は真っ白な空間でピンクと黄色と赤のアメーバみたいなゲルに襲われる夢ばかり見てたから腸内細菌か何かだったのかもしれない…


前世かぁ。私はスピリチュアルは好きだし前世や生まれ変りも全部信じるし深いなぁと思う。千年も昔の記憶を持ってるなんて凄いなぁ。軽率に言っちゃうけど羨ましい。この方の回答に熊野も出てきたのでちょっとオッ👀となった


マグロジュースさんの前世のお話がすっごくわくわくして楽しい。 ある人にみてもらったら私の前世は180年前のアンデスのリャマ飼いらしいので、こんど動物園行って、前世の勘頼りにリャマ操って飼育員さんに只者じゃないと思わせてこようと思う。


ソース忘れたけど、アジア人女性は多少ぽっちゃりしてた方が男性からの好感度が上がるという統計があるので、平安時代の人はこれを感覚的に分かってた可能性がある http://magurojuice.blog.shinobi.jp/Entry/19/#Qh5VrjB.twitter_tweet_original_count

 

創作ではないかと疑問を呈する声

前世の記憶ある系の話、貴族だったり武将だったりお姫様だったりヨーロッパの画家だったりとかなんだか耳障りの良いかっこいい前世ばっかりなもんで、前の人生はマサイ族でしたとか中国の農民で飢饉で餓死しましたとかのありふれた一般ピーポー前世の話を聞きたい。誰か聞かせてくれ


このツイートはありません。

案の定、プロフィールに「宗教学知識の収集」と書かれていた…。まあよくある話。戦国武将について調べるあまり自分が生まれ変わりだと信じるようになって聞きかじったエピソードを前世の記憶だと言い出すとかね。欧米では「自分はキリストの生まれ変わりだ」と主張する者が後を絶たない


前世の記憶の人のブログ、ガチかと思いきや、自ら確かめたと言いながら当時の名前・墓の場所は答えず、当時の言語についても「憶えてない」と答えず、検証に対するディフェンスが完璧で、ジャングルで発見された野人をリングに上げたらガチガチにガード堅いボクシング始めたみたいなガッカリ感がある


前世の僧侶の記憶を引き継いでも全く現世でチート出来てなくて、得した点がTwitterでちやほやされるぐらいなのだったら人間が一生で得られる知見なんてそんなに大したものではないというのが分かって気持ちが楽になりますね


なぜ古文書を読めますかをガン無視するんだろうか / “平安時代にお坊さんをやっていた記憶があるという話についてTwitterでの質問と回答|前世記憶|マグロジュースのブログ” http://htn.to/MRQqnyC


@bigburn 「言葉についての質問をとても頂いてるんですがごめんなさい、全然思い出せません。文献も忘れて?いて全然読めません。分かりにくいのが言葉や地名・人名。逆に分かりやすいのが人の顔や景色などです。」だそうで。わーわかりやすーい!だって考証大変ですもんね、言語。


@XiaoTao_jp 記憶のイメージは検証できませんが言語や文書は客観的に検証できちゃいますしねw


こういうので「私前世の記憶あるんだ…百姓でさ、めちゃめちゃ二毛作してたんだけど干ばつにやられて、がんばって立て直したところで今度は川が氾濫してさ…」って人がいたら友だちになれそうな気がする


1000年前に自分がお坊さんだった記憶が鮮明に残っている…→記録を辿ったら本当に実在する人だった - Togetter https://togetter.com/li/1190732 @togetter_jpさんから → 須藤元気も自分は実在した聖職者の生まれ変わりと話しているし、こういう人は珍しいわけではない。真偽は誰にもわからないけどね


回答が全て「現代人の知識感覚で、当時の様子を俯瞰で語る」ようなぼんやりしたものになっていて、全然「当時を生きた人間が持つディテール」に迫れていないので解散解散ー。多少でも上手いといい問答になるんだが。 / “平安時代にお坊さんを…” http://htn.to/9tqWD3y

 

オカルト的なもの全般への批判/異常者への同情

この人は嘘を言っていないという前提で、前世記憶ものは、その人物の伝承が現在何らかの形で伝わってるかいないかでまず検証が必要なんですな…人間の脳みそは適当にできているので、読んだり見たものを自分の体験のように感じることがままある


この人の話的には1000年前の人間で墓がある時点でだいぶ有名な人であろうと思うので、その線があるではないかな…と思う こんなこと言うのはツリーにいるようなスピリチュアル好きな人を「食い物にして」商売する人たちがほんとにほんとにほんと~~に大嫌いだからです


1000年前に僧侶だった前世の記憶がある人の登場で「実は私も……」とTwitterで前世の記憶を語り始める人が次々と現れている。この流れあれじゃん。metoo じゃん


一応理系なので、前世の記憶の引き継ぎを完全には信じてないんだけど、自分のあまりに偏った性癖は絶対に前世からの影響だと思ってる。


私、オカルトとか全然信じてないから、この人のも「見聞きした事を自分の記憶と勘違いしている」か「前世の記憶があると信じ込むあまりに見聞きした事を既に記憶していたと錯覚している」かのどっちかじゃないのか?と疑ってるけど、 オカルト自体は好きなので、こういう話は大好き。興味深い。


「統合失調症 前世」で検索しても前世の存在を前提にして統合失調症の原因が前世だとか憑依だとか書いてるページばかり出てきて厳しい


前世記憶の論証的な本を読んだことがあるが、懐疑の気持ちのほうが大きかったが、反証もないので判断保留したな。 / “1000年前に自分がお坊さんだった記憶が鮮明に残っている…→記録を辿ったら本当に実在する人だった - Togett…” http://htn.to/LW57YD


解釈の違いかと。2年前に統合失調症になって色々な妄想状態を体験したが、あれは普通に想像する妄想とは全く別のもので。ああいった脳が見せたイメージを自分の前世としか思えない、他に吐露したい気持ちは分かる。 / “1000年前に自分が…” http://htn.to/iR88HxB


「ぼくの地球を守って」という転生マンガを描いた漫画家が、「私も転生者です!」というファンレターを山ほど送られてきて消耗したっていうエピソードあったよね。 / “1000年前に自分がお坊さんだった記憶が鮮明に残っている…→記録を辿…” http://htn.to/zFKndX


このツイートはありません。

脳の一部が壊れていろんなビジョンが構築されたのだろう。でも平安時代をイキイキと描き出すコンテンツ創造力は素晴らしい。アニメ化して欲しい / “平安時代にお坊さんをやっていた記憶があるという話についてTwitterでの質問と回答|…” http://htn.to/qmbiBR

 

歴史や科学に詳しい人からの指摘・言及

1000年前の前世記憶の人、Twitterの質問に対してブログで答えてたから見に行ったけど、具体的な名前・宗派→NG(現在ゆかりがある人に迷惑がかかるため)、言語についての質問→NG(全く憶えてない)、安倍晴明→会ったことあります!、藤原道長→会ったことあります!……まぁ信じるのは自由だけどさ


前世の記憶があると主張する人の前世が大体みんなそれなりの地位の人間なのは何故や、奴隷とか貧農とかおらんのは何故や、という話にもっともらしい理屈を考えるなら、


1:平民として生きて死んだ記憶があってもその人物の実在を確認する手段が無い(平民の記録は残ってない)し、平凡な一生にはこれといって特徴が無いので、「これは前世の記憶だ」という確証を得るに至らない  2:社会的地位が一定水準以下の人間は転生できない  あたりかなあ…


前世の記憶ってのは記憶が電波として宇宙に発信されてそれが漂ってるんだけど、偶然脳がそれを自動ダウンロードして記憶が蘇ったかのように錯覚して前世の記憶って思うけどあれ実際は別人の記憶だからな。みんなも頭にアルミホイル巻いて寝ないと大変な事になるぞ。


前世や輪廻転生を信じるなら、世界の人口は近代になってから超絶増えてるので「前世は虫」とか「前世はイカ」みたいなギャグみたいな占いとか記憶の方が構造的にはむしろ必然。今も人間で前世も人間だった(しかも前近代の)とか、めちゃくちゃ贅沢なんやで


前世の記憶というものが実在するとしたらそれは、魂だとか時空を超えた何かとかではなく、単に遺伝情報に後天的な記憶も乗りうると言うだけの話だと思う。実際、ラットでは後天的な学習記憶が一部子孫に遺伝することは確認されてる


前世の記憶が話題だけど 不思議なのは絵をかじってる人がひとりもいない 記憶が本物で絵を描く人だったら事細かに書き出せば良い 最高の証明になる


そばがきの食べ方の話と、陰陽道が科学とオカルトの半々くらいで主流の物だったって回答がリアルだね 証明しようがないのがもったいない 別に前世だったら名前だしてもいいじゃないの。 https://twitter.com/magurojuice/status/953979615424397312


そういえば時たま「私は人間の前世がわかる」と言い出すお坊さんやら、占い師やらがテレビに登場することがありますけどね。仏教では天眼通と言って、正に他者の前世が見える神通力が説かれているのですが、それが出来る人は空を飛んだりできるとされています。空を飛べたら本物です。


その時代の僧侶だったら密教のお家芸たる宿曜道を差し置いて陰陽道だけを占星術として持ち上げるのはどうなの、と思ったけど宗派にもよるのかもしれないし細かくつっこむのも無粋かな。 → 平安時代にお坊さんをやっていた記憶があるという話についてTwitterでの質問と回答 http://magurojuice.blog.shinobi.jp/Entry/19/


蕎麦は平安時代には粒のまま食べられてたんじゃないかな?蕎麦がきになったのは鎌倉時代だった気が。碾き臼の導入がその時期なので。→“田舎の人の食事は、そばがきやヤマイモが多めです。” / “1000年前に自分がお坊さんだった記憶が鮮…” http://htn.to/nDbNtxM

 

たとえ創作でも面白いからいいのでは?という意見

このツイートはありません。

前世の記憶が蘇った人?のツイート見てたんだけど、夢があっていいなぁ 真実でも創作でも面白いからOKだ〜 なんか最近のTwitterは嘘松!とか煽りツイとか誹謗中傷に溢れててなんだか悲しくなる 特にアプリの公式垢に自分勝手な主張してる人とか見てられない 他人に対して攻撃的になったよね


平安時代に生きてた頃の前世の記憶があるツイート読み物としても面白いなあと思って読んでたけど、ほんの数年前に死んだ人間の記憶を持つ人もいれば、また人間に戻れても1000年くらい年月が必要な場合もあるって輪廻転生ガチャの人間確率めちゃくちゃシビアな時はシビアだな・・・


前世の記憶を持ってるっていうのも、その人の頭の中では本当の話として構成されていると思うと、それを嘘付きと言うのは少し違う気がするので、こういう話はとりあえず乗っておくのが吉や。浪漫があってよろしい。


前世の記憶っていうのが、たとえ脳の障害により凄まじい妄想力と眠ってる知識を最大限に引き出した結果による産物だとしても素敵だなと思うし、 もしほんとうに前世が存在してそれの記憶だとするなら素敵だなって思う。 どんな前世だろうと


人の前世の話を聞くのたまらなく好きだから、もっとみんな気軽に前世トークしてほしい。


「本当かウソか」なんて本質ではないよね。確かめようがないんだから(オカルト好きなので「前世情報が現実の情報と合致していた」話も大好物だけど)。「前世だととらえているストーリー」が何なのか、それがどう語られるのかが重要だ。

 

マグロジュース氏が前世について語った過去のツイート

すごい変な話するけどさ、1年前くらいから前世の記憶が若干戻ってるんだけど、なんでここに生まれてきたのかなーってすっごい悩むんだよね。大昔に京都で生まれてさ、奥さん無くしてから熊野とか兵庫県あたりの山を旅しての田舎の村にたどり着いて、そこの人たちにめっちゃお世話になったのよ #前世


まじで変な話するけどさ、京都からわざわざ自分なんかの為に追いかけて来てくれた人たちも居て、すっごい迷惑かけてすっごい世話になったんだよね。そんで折角日本に生まれて来れたからバイクでその場所まで行ったらさ、みんな墓になってて。#前世


変な話は続くんだけどさ、一応俺僧侶だったんだけど、生臭い僧侶だったんだけど、大した事してないんだけど、みんながめっちゃ慕ってくれてたみたいで、前世の俺がお寺に祭られててさ、未だにそこの人達にめっちゃ大切にされてるの。#前世


つまりね。何が言いたいかと言うとね人に優しくしといて良かったーーーー!!って事と、俺祭られてるけど今ここに居まーーっす!!って事と、とりあえず何したらいいか分かんないけどボカロPやってまーーす!!って事なんだ。以上!#前世


ついでに前世にワイの居た平安時代あるある 『山法師のノリは今の田舎のヤンキーと一緒』『ラノベ作家とか同人作家みたいな人めっちゃ居た(BL作家ももちろん居た)』『お坊さんは男の娘フェチ(女人禁制だけど女装少年はOKでしたよ)』 今の時代のサブカル文化と基本がすごい似てる #前世


最近写真を見るだけでうつっている人の性格が分かるようになってきた…。たまに前世っぽいのまで見える。昔はここまでではなかった。完全に異常者ですね。


生まれる前の記憶なんだけど、どっか出かけるときに牛車?がいつも用意されてて、牛車ダサいから馬がいいの馬のせろばっちきしょーてわがまま言って結局馬ばっかり乗ってたんだけど、生まれ変わっても車じゃなくてバイクばっかり乗ってるっていうね…。結局前世だろうが来世だろうが自分は自分。


前世を知りたいって言われても、教えてあげたいけど50人に一人くらいの割合でしかも超うっすらとしか感じないよメンゴ。自分のなら分かるんだけどね。


いや訂正する…15人に一人はうっすら感じで50人に一人はわりかしはっきりわかる部分あるよメンゴ


会社内だと4人はわりかしハッキリ分かるけど本人にはショナイだからね。前世は旦那さんを愛していなかったんだねー離縁したんだねーとか口が裂けてもショナイだからね。


大昔の日本には、山に行くと神通力を教えてくれるおっさん結構居たんだけどね、お経で催眠術っぽい事したり、読心?人の心を読むやつとか…ファンタジーじゃなくて実際居たんですよ歴史調べれば絶対出てくるはずだから。 今は居ないよね、みんなどこ行ったの。あと男の娘もどこいったの。


前世の謎記憶で小姓と温泉に入ってる思い出があるから 温泉ってきくと男の娘が瞬時に浮かぶ… 武士も坊主も昔はみんな男の娘が大好きでした


想い人 かつて癒した この花も さだめ悟りて ちりし時来る|マグロジュース http://www.utayom.in/poems/93064 #tanka #冬 #死 #自然 #無情 #恋愛 @utayominさんから なぜ俺は勘だけで和歌を作れるのかって…多分前世で書いてたからやで


一回死にかけて、あの世の入り口が見えてから考え方が全く変わったなぁ… 生まれる前の世界の事とか、自分の前世の事とか…色々知ってしまったけれど 途方もない事で…人に説明するのは難しい。というか言ってはいけない気がする。言わなくていい気がする。


今年はひた隠しにしてきた生まれる前の記憶が有る件について語ろうかしら 脳科学とか歴史とか何らかの分野に役立つなら話したいけれども…しまっとこうかなあ…微妙



自分と価値観違うだけで批判するのは 卵アレルギーってだけで卵焼き好きな人を批判するくらい意味分からないからね 気づこうね あとカルシウムと睡眠とってね


あとそんな君でも嫌いじゃないから幸せになってね


家族の中で俺だけ頑なに近所の稲荷神社に初詣するという そこ以外に行くと浮気してるみたいな気持ちになるから家族とは別行動


昔の日本の正月はね、とうらぶのショタキャラみたいな小姓が舞を踊ってね、男色生臭坊主達がそれを見て癒されるというシステムがあったんだよ 小姓へのプレゼントは服かカラフルな菓子がベターやったで


病気かガチかは誰も知らない、わいの前世記憶でした。おやすみ


皇室はもっと自由度高い方が絶対いいよ 昔はもっと自由に譲位も退位も出来ていたし変人な天皇も自由人な皇族も沢山いて、そんな先人の行動によって面白い文化が生まれていたのに。


おんな城主直虎1話の雰囲気が物凄くリアルでめっちゃ感動した…泣きそう 生まれる前の記憶がある数少ない人間の一人として言いますけど…マジであんな感じだった。山や畑を子どもがかけずりまわってて賑やかで、寺があってファンシーな坊さんや山伏がたむろしてて…ああ語りたい…語りたい


ため息が止まらない… 今の時代は自然の中では生きれないものね。昔の山は本当に楽しかったのよ。 巨大アスレチックだから毎日遊園地だし、川が綺麗だからみんな清潔だし、山法師は芸人みたいなノリの面白い人ばっかりだし ああ、この気持ち誰に話せばいいの…


今一人でバイクで山行くとめっちゃ寂しくて… 昔の知り合いが沢山浮かぶけれど、みんな死んでる。生まれ変わって覚えてるの自分だけ。 誰も居ないから。山に。 たまに爺さんが居るだけで、子供の声しないし。


オカルト発言申し訳ない。 今を生きます、おやすみ。


1000年昔の日本がどんなだったか知りたい方は教えますよ。地味にリアルな部分を教えますよ。 前世記憶ある若しくは思い出す人は希に居るっぽい。ただ自分以外に会った事は無いけれど。


ちなみに前世で生きた場所を特定して行ってます。お坊さんでしたので寺に祭られていました。祭られてる自分の御霊を自分で拝むという意味不明な状況でした。でも嬉しかったよ祭ってくれて。 おやすみ!!


直虎見てると前世記憶を話したくなってしまう… 田舎の子供はみんな風車で遊んでた カラフルな風車が大量に売られてる風車SHOPがあって晴れた日に店先でくるくるまわって綺麗だった。服の背中に刺してる子が多かった。


手伝いの子供にカラフルなお菓子とか風車買ってあげるとめっちゃ喜ぶから嬉しかった。 お礼に木の実の数珠とか作ってくれて更に嬉しかった。それをずっとつけてた。 高い数珠を即ポイしてそれをずっとつけてた。


あの時の子供がみんな大人になって世代をこえて現代まで自分の墓を守ってくれたんだろうか…優しくしといて良かったです変な話してすいませんです風呂入ります




そうそう、公家はみんな囁き声で話すの 大きな声を出すのははしたないって風潮あって




その2 川のまわりにいつも居る子供 上流は子供多め 中流は洗濯おばさん多め





わいの頃はいいとこの子は髷じゃなくてみずらだった わいもみずらだった リボンみたいに結んでるシャレオツみずら美形男児はめっちゃもてるんやで…


平安女子を虜にしたみづら系美男子は ジャニーズJrの台頭により絶滅した


昔の事たくさん話したいのに覚えてる人誰も居ないんすか… とてもとても寂しい。どっかには居るよね。TLで呟いてたら仲間召喚できるかな…




本当に変なアレじゃないから心配しないでね リスペクトしてる地元の先輩って居るでしょ それがたまたま自分はダライ・ラマ先輩だっていうだけの話だから



前世の自分の名前でエゴサーチするとちょっと出てくる…千年越しにコメントきてて凄い嬉しいけど絶対に言えない


山下りた所の12個あるお墓は家族同然だった女官の皆さんと嫁さんの墓なので守って下さい。寺より大切なので。ぼろぼろだけど…誰も知らんけど…


地元で有り難い巡礼したみたいな感じで言われてるけど 本当は水曜どうでしょうの四国のやつみたいなノリだったのはショナイでっせ…


チャップリンの前世は本願寺顕如だと思う。割とまじで…


金正男さん殺されたのか。 昔の朝鮮で仁祖っていう王様が居て、中国留学して先進文化を持ち帰ってきた自分の息子を反乱分子として殺してしまったんだよね。そして国は衰退するという…同じ歴史を歩むのかな。


チャップリンの前世は本願寺顕如だと思う。割とまじで…


吉本新喜劇の小籔さんの前世は凄い人 毒舌かに見えるかもしれないけど 宗教の聖人みたいな人で貧困を救ったり不良を更生させたり人々から慕われてる 亡くなった時にとても悲しまれてるから 通りや町の名前になってると思う。本当はめちゃめちゃいい人。 何でもない忘れろ下さいおやすみ


職場の人と話してると前世のような何かが小出しにうつるのやめて…


僕の前世はお坊さんだという事を心の隅に置いておいてね 生臭いお坊さんだった頃の記憶が実はちょっとあります…


住んでた所行ったら俺の墓があったけど、京都で死んだはずなんだけど誰だろう墓作ったの…でも超立派な墓で超嬉しみだったんですけど


チベットのラマ(最高の僧侶)がその座を捨てて結婚 「孤高の悟りはどこへ」信者ら愕然 http://japan.techinsight.jp/2017/04/yokote201703311009.html @Techinsight_JPさんから 高僧という地位名誉を捨てて愛情を選んだって良いじゃないか。愛のある平和な暮らしもまた仏教哲学。


性的愛や利己的愛は煩悩だけど、慈悲愛や献身的愛は良いことやでってのが仏教ですからね。


昔の山岳信仰って厳格なイメージあるけど、意外とみんなでワイワイ楽しく山登ってたんですよ。坊さんとか山の子供とかいっぱい集めて冒険感覚で超楽しかったんすよ。今の那智の滝あたりは相当ワイワイしてました。



公家とか役所の偉い人とかが来るとなんやかんや理由つけて険しい山登らせてひーひー言わして楽しむっていうイタズラをしていた。


その思い出の場所行ったらアスファルトで完全舗装されてめっちゃ登りやすくなってて草だった


那智の滝の左側?が特にわいわいしてて、物売りとかイカつい僧兵とか偉い人とか少年芸者とかもう色々な人種が集まって仲良くわいわいしてたよ…


そこで出会った奴らでパーティー組んでクエスト出発するんですよ。超自由なの。素晴らしかった。


山の行者って藤岡弘みたいなイカツイけどおもろい人ばっかでとても好きだった


これそのうちブログとかに纏めようか。変人レベルまた上がっちゃうけど。


直虎の録画見てるけど世界観が昔に忠実ですばら… でも昔は畑によく風車がぶっささってた 風車がカラカラまわっててそれは風流でした 今無いのかな


国際情勢何も知らない同世代を見ると無性に腹立つ


多分戦争始まると思います。勘です。 色々伝える時が来るかもしれませんね。 来なければそれで良いけども。来なければちょっと頭おかしいお兄さんとしてひっそり好きな事して暮らしますんで。


WORLD ORDER NHK ワールドオーダー https://youtu.be/dMhEohWcSUA @YouTubeさんから 須藤元気ってダンスも音楽も格闘技も基本天性の勘みたいのを頼りにやってますよね。こういう人になりたいなぁ…憧れ。顔似てるって言われるしなぁ…憧れ。


そして須藤元気も霊感強くて前世が聖職者というオカルト共通点。。。


こんな事言うとまた引かれるけど 平安時代の某小説に前世の私がちょっと出てますので俺と似てる奴を必死に探せば見つかるかもしれません


世襲で官職つげた時代なので、普通に中央に居ました。その頃の自分の名前が有ります。 ただ、その後嫌になって速攻で出家して消息不明になりますがそっからは誰も知りません。日本中の山に遠足に言ってました。兵庫の山の上の寺に住みました。


平安時代の政治家ってかなりサイコなんですよ。奉公させるとか適当言って、10才くらいの自分の子供をスパイみたいに使ったり、女の子は強制結婚だし、道具みたいに使うんですよ。自分の子供なのにだよ?嫌だった本当に。


奥さんも、何もできない子供でした。走った事がないとか、自分好みの食べ物も服も分からないとかそんなレベル。完全に道具化されてて、何度も手紙やり取りして、色んな話聞かせて、あなたを愛してるから、愛は素晴らしい物だから、答えてほしいって、恋愛結婚したんですよ。


今の時代では分からないかも知れないけど、それくらい強い愛情がないと恋愛結婚なんか到底出来ないんですよ。良かった、これでこの人を幸せにできる、幸せになれると思ってたら、結婚して1年で奥さん亡くなりました。


その時の事が焼き付いて、生まれ変わって思い出すレベルです。 それから僧籍になって、山に登ったり子供と遊んだり山法師と変なノリでつるんだりしながら暮らしました。墓は2ヶ所あるけど、京都のが本物です。もう1つのはアナザースカイ的な場所なので、現地の人が弔ってくれたんだと思います。



ちなみにその奥さんは今世で出会って恋愛しましたが、似た結果になりました。 前世記憶を持ってたり思い出す人は普通に居るらしく、どうやら前世はあるようですが、なぜ時代が違っても同じ場面を繰り返す事があるのかは答えが出ないです。研究して下さい偉い人


マグロジュースさん前世の記憶あるのほんとに面白いからもっと話してほしい 前世の記憶って、当時どう思ったかとかの感情とかも記憶を引き継いでるんですかね?


@tomatoze_ 初めは分かりませんでしたが、ほんの数年前に死にかけて徐々に謎の記憶が戻り、ボンボンなので名前くらいあるやろーと調べたら居たって感じです。感情や性格は無意識レベルで間違いなく引き継がれます。別の性格に生まれ変わることは無いと思います。遺伝との関連は不明で根拠もありませんが。


@tomatoze_ 遺伝よりさらに強く働いてるイメージです。兄弟や、双子でも性格に違いが出ますが、前世は時代や性別が違っても自分自身という感じです。


@magurojuice うおお...昔から変わらない性格ってことですね...すごい... 冥界に近づいたときに前世の記憶が身体に戻るって考えたら面白いですね。死後の世界があれば、の話ですが... なんか数代ぶんの経験してる仙人みたいな気分になりませんか?w


@tomatoze_ 私の時代錯誤なツイートの感じで分かると思いますが、軽い仙人かもしれないですねw僧籍でしたし。 時代や国や文化や宗教が違っても、本質は同じたなーというのがはっきり分かります。


@tomatoze_ ただ変わった部分もあります。昔の自分はまわりに常に人がわいわいして賑やかでした。大人数で楽しく旅してました。 今は1人ぼっちコミュ障です。旅も1人旅です。時代怖っ


@magurojuice ふむふむ...こういうの研究してるところどこかにありそうですよねw ちなみに前世の記憶ってどこまで遡れるんですか??


@tomatoze_ 記憶はまばらです、自分は感情とか景色とか人の顔はよく分かります。言葉が一番分かりません。場所とかはマジで苦労しないと特定できません。景色も昔と違うので。


@magurojuice ふむふむ...時代によって色々変わりますもんね〜 時代こわいw 言葉の知識は共有できないんですね、不思議だなあ 作曲をしてるだとか、音楽に携わってるのは今回(今世?)が初めてですか?


@tomatoze_ 昔も弦楽器とか笛はやってました、和歌も。個人的に和歌はヒップホップと通ずる部分あると思いますw形が違えどやってることは大体同じです


@magurojuice ふむふむ...すげえ... 和歌ってヒップホップに通じるんですかw独自の理論だな〜〜 スタンスが変わらないことは尊敬に値します!


また変な話ですが、前世も猫好きだったのですが日本の猫に関する歴史資料に、自分が中国から猫を取り寄せて親戚に送った記述がありました。 猫可愛がってるだけで記録に残るレベルの家柄でしたすみません。調べたら出るので調べないでね。


いつか死ぬまでに前世の話、全部ブログとかにまとめて当時の文化や風習や経験もありのまま話そうかと考えてます。かなり勇気がいりますが。。


論語 為政第二の『子曰く詩三百、一言以て之を蔽ふ、曰く思邪無しと』ってやつ最高


有名な詩編を三百くらい読んで思った。表現の形は色々だけどどの作者も邪念がなくて心を込めて作ってた、芸術ってこうあるべきだよね! って感じの意味。最高。


仲間や友達が多い人ほど、一人一人を大切にしなかったり、仲間外れにしたりするから不条理だなーと小さい頃感じてた。 大人になってもやっぱり感じる。


武士や貴族や僧侶が美少年侍らせていちゃこいてた昔の文化はなんで無くなってしまったんや!復活しろ!心から復活しろ!!


平安時代はノリ良かったよ とくに山法師はお笑い芸人みたいな人いっぱい居た 千鳥の大悟とかクッキーみたいな人が


先人が努力を重ねて2000年もかかってようやくこの国から飢餓を無くす事ができたというのに、体重などというどうてもいい体裁の為に多くの人が自ら飢餓状態を作っているなんて悲しい。細い体が良いという風潮の異常性を知って健康体を貫いて世の中を変えてくれ女子!!


新潟駅で日蓮系の宗教がこの間から毎日勧誘しててうざったい


特定の宗教に傾倒した時点で普遍的な学識を失うから自分が何処かに属すことは一生無い。あり得ない。


人を避けて誰もいない夜の路地裏歩いてたら猫にめっちゃ遭遇する。 猫に育てられただけあって行動パターンが一緒。 あと物音にめっちゃ敏感なのでかなり遠くからでも人の足音聴こえる。もちろん避ける。


音に警戒する所とかも猫に育てられたからかもしれない だからクラブの爆音に耐えられない


何で女子はみんな眉毛剃ったり書いたりするんだ、人それぞれいろんな形の眉毛があるのが良いのに。そのまま何もしないでほしい。眉毛書く風習いらない。


中学位の時女子の眉毛すっごく好きだった記憶があるんだけど高校大学成人とみんな眉毛書きやがるから解せなかった。個人的に平安時代の引き眉くらい解せない。


変な話しますけど、僕前世の思い出?みたいなのを思い出す事があって、西側(多分岐阜県とかの辺り)の小高い山から立山連峰らしき山脈を見た記憶有るんですよ、あの向こうへ行ったら生きて帰れないと言われていて、向こう側は外国だと思ってました。そして今東側から立山連峰を見ています。感慨深い…


遥か遠くに高い山が壁のように塞いでいて、その向こうを見た人は周りに誰もいない。向こうは外界。約1000年前の日本はそんな世界観でした。 旅好きで西はだいぶ見てまわりました。向こう側へ行ってみたいと思って死んで、今ちょうど向こう側の新潟に生まれて見てまわってる。感慨深い…


ていうかマジでゾッとするんだけど前世の自分の名前調べたら白山信仰の寺に来訪者として名前がハッキリ残ってる… 石川県だ多分。石川県から立山連峰見たっぽい。 たまにポっと浮かぶ記憶が普通に合致するから自分でゾッとする


やばかったら消すね 脳の病気と思って温かく見守って下さい


平安時代の田舎あるある 子供はおやつに山芋薄く切って焚き火で炙ってポテチみたいにして食べてる


皇族って元々詩や音楽に秀でた人達で文化の発展に貢献していたから、皇族主催のクラブイベントとかやってJD愛子様が回してたりとかあっても良い気がするんですけどね。


政治は駄目だけど、文化的な貢献はOKなんでしょ?皇族DJ居たらいいのにな。 昔は退位した天皇とかでも普通に街うろうろして庶民とパーティーしてたっぽいし。


海外の王族が来日した時に伝統音楽リミックスDJとかやってくれる皇族いたらクールジャパンの極みなんだけどね。


スピリチュアリティを否定できないのは、自分自身が稀に人の感情を読み取ったり生まれる前の記憶があったりするからなんですけど、盲信しないように理智的に現実に照らしながら、慎重に考えていく必要がありますよね。


普段絶対言わないんですがこの間お酒飲んだ時に同僚のほぼ面識無い人の、家庭の事とか今までの恋愛の事とか普段考えてる事とかを言い当ててしまってアホ程引かれました。


ただそれは共感覚の一種という脳の科学的な働きであると考える事もできるので、現実的な解釈もできます。ただガチで答えが出ない事もありますけれど…


死後の天国とか地獄は無い。人間の生きているは有機構成体なのが無機構成体となって土に還り川に流され海に出て雨になって降り注ぐ。要するに地球に還るということ。人間も自然の一部なので。


@magurojuice 今はこんな段階です。神や仏とは離れて量子が中心になっています。 https://www.youtube.com/watch?v=9mozF-cfjQo


@raji0625 答えが存在しない分野なので、私は科学的にもシックスセンス的にも中立です。あらゆる見識を考察します。ただ、前世記憶を持っている人や思い出す人の話とかは調べると面白いですよ。謎いですが私にもあります。脳の働きか神秘的な物かは知りません。


@magurojuice 不思議なことも含めて可能性を考えるのは良いことです。僕は脳を特別視してません。僕はあくまで自然の速さが極限まできて意識が生まれる説を持っています。


@raji0625 お話聞かせて頂きありがとうございます。個人的解釈ですが、昔の人達の宗教観や第六感や死後の世界や前世といった物は科学的に解決が可であり、相反する物でなく延長線上にあるのでは思っています。少なくとも人類の歴史は数千年単位でその歩みをゆっくり進んでいると考えています。


@magurojuice ホーキング博士によると神はミクロの客観性を極めた法則と言っています。他の研究者はエイリアンや宇宙人とも。だから神も科学でわかった時に変容するのでしょう。キリスト教では地動説に反対だった歴史もあります。僕は神というものは言葉に抽象性を持たせ人間の客観視に役立つ道具と思いますが。


在りし日の ニコニコ動画の 想ひ出は 照りまさりける 那智の山桜 (過ぎ去った日のニコニコ動画の思い出は、那智の山桜のように照り映えている) #ニコニコ動画 #短歌


ここが平安時代だったら余裕で10万リツイート行くレベルの短歌なんだがな 平安時代にtwitter無いけどな



音楽や漫画や、広く芸術作品は言葉にすると物凄く難しくなるような微細な思いでも、とても素直に表現して伝える事ができますよね。 哲学の言葉や学者の見解を聞くよりもずっと多くの感覚が、脳の奥に伝わってくる。尊いですね。そして、自分もそんな風にして人に伝えたいですね。


平安時代はね、愛と芸術で文化を作った時代ですよ。


藤原道長は芸術の才能無くてダサかったけどね


歌の才能無くて歌人に馬鹿にされるの嫌で漢詩作って頭いい感演出してただけ


ごめんミッチー言い過ぎたあん時はありがとう


ミッチーどう頑張っても花山のセンスには追い付けないし宗教的地位は得られない。でも花山は政治でミッチーには勝てないし権力が無い。 それがミッチー&花山のすてきな関係


お互いに無いものが備わっていて、憎いけど持ちつ持たれつな二人それがミッチー&花山


もし花山天皇が今の生前退位論争を見ていたら「退位して自由な余生送っちゃいなよそれで良いんだレッツエンジョイプレイ!」って言うと思います いや言います 絶対言います 多分もう言ってます


崇徳天皇だったら「退位は良いけど流刑にはしないでね」って言うと思います。 半々くらいで言うと思います。


白河天皇だったら「えぇ!?院政しちゃダメなの?無いわぁー…」って言うと思います 七割がた言うと思います。


平安時代の仏教界隈は女人禁制で男の娘従者パラダイスで極楽浄土でしたよ。 お気にの男子にお菓子いっぱいあげたり綺麗な服をあげる習慣があったよ。


みんな親元離れて働きに来てるから親からの愛情不足な子が多くて、僧達と息子のような娘のような友達のような恋人のような不思議な愛情を交わすんですよね。 戦国時代の小姓も同じかな…


第六感的なやつがあって… まれに人の前世っぽいのが見える事あるんだけど、誰に当たるか全く予測できなくてこの間JASRAC理事長の前世っぽいの見えた時はマジで意味わかんなかった。


今川氏真の歌いいなあ… 戦国時代に悟ってる数少ない人の一人なんだな。 『なかなかに 世をも人をも 恨むまじ 時にあはぬを 身の科(とが)にして』



本来儒学における『中庸』は決して中立である事や間を取って妥協する事ではなく、意見が違っても派閥が違っても国が違っても、果ては生まれた星が違ったとしても、意思をもって生きる者として普遍的な慈愛(仁礼)を追い求める事なんですよね。普遍と多様を合わせた道徳なんですよ。


子曰く無学であってもそれを無意識に察する事のできる人も居れば、偉大な学者先生でも理解できない人も居て、なかなか習得の難しい性質であるという。 深いね…中庸

 

マグロジュース氏の前世は誰なのか?についての考察

マグロジュースさんが前世で会ったことある人が安倍晴明と藤原道長で、これを言うと間接的に前世が誰か分かってしまうと書いてて調べてみたら蘆屋道満て人ぽいし、蘆屋道満の像とマグロジュースさんの顔写真も似てたし、そうなの?


@hqrqnnl_ 突然失礼します。蘆屋道満は別名道満法師とも呼ばれていますが、僧侶という肩書きではないのと、件の前世と来歴が異なるようなので、蘆屋道満ではないのかな?と思いました。 だれなのかとても気になるところです。



@nijihajimete そうですね、私も蘆屋道満について粗い理解しかしておらず、曖昧な感覚で推測していて、来歴の部分の調合はすっ飛ばしてましたが、その通りですね。ご指摘ありがとうございます。浪漫があるというか、好奇心を刺激されますね。わたしも気になります!


@hqrqnnl_ こちらこそ突然失礼しました。 今後の展開が楽しみですね。 わくわくしながら注目したいと思います😊


時代的に「出身地と身分」「妻が死んで出家」「旅をした」「山の麓に尼さんがいた」等のエピソードが合う人物は花山法皇かなと。お墓も、女御と女官のも..「1000年前に自分がお坊さんだった記憶が鮮明に残っている…→記録を辿ったら本..」https://togetter.com/li/1190732#c4544450


ちな花山法皇はエキセントリックな性格だったと伝えられているので、マグロジュースさんが言うところの「クソガキ」は共通点がある。


人差し指立ててる平安時代の肖像画、文覚上人しか見当たらないけど時代違いそうだなあ。まあ誰か当てるクイズとしてもおもしろい気はする。記憶がある理由はまあいろいろあり得そうだけどね。 / “平安時代にお坊さんをやっていた記憶があると…” http://htn.to/nn2YHgh


人差し指立ってる僧侶、っての西行かなぁって思うけどお墓とかそこら辺確認してないし娘いるなんて言ってないしそもそも嫁が死んで出家、なら違うから多分違う人なんだろうなぁ こういうのモヤモヤするから誰か特定してほしい


「前世の記憶があるのは事実かどうか」なんてよほど精密な記憶がない限り検証不可能でしょ。 そんなことより、現代でみたというお墓と肖像画の話をしましょうよ。 安倍晴明と藤原道長と同時期を生きた高僧侶(肖像画数枚あり)とは一体だれなのか。 天台宗も真言宗も探したけど見つからず。


マグロジュースさんの平安時代前世記憶事件 「妻を亡くして出家」「尼寺があって、尼さんを使って自分を都に戻そうとした」てエピソード重視で行くなら花山天皇とか。 夫人たちの墓とされる塚が並ぶ場所はあるのでそれを「自分と夫人と家臣の墓」と誤認した可能性はあるかも。 ただし肖像画はない。


加えて花山天皇は出家後も女性との交際は普通にやってた(それが原因で道長のライバルが左遷されるはめに)のでどっちにしろマグロジュースさんのお話とは合わない。


捕捉:花山天皇(花山法皇)の「肖像画」はあることはあるけど、個人の特徴がわかるレベルものではない。 もしかしたらマグロジュースさんは、それらの肖像画に自分の面影を見出したのかもしれない


このツイートはありません。

平安時代の前世の記憶が蘇った人が話題だけど、安倍晴明や藤原道長と同時代を生きた高僧(肖像画あり)といえば源信さんとか。 ただしこの方は奈良の卜部氏出身で、子供の頃仏門に入っているのでマグロジュースさんのお話とは大分違う。


マグロジュースさんの前世の記憶 ・京都の宗教的立場のある家の生れ ・妻死亡後に出家 ・妻「も」身分が高く世間知らず ・旅をした ・山の下に尼寺 ・晴明や道長と同時代 のエピと全て合致するのは花山天皇くらいしか見つからないんだけど。 ここまで語ってぼやかす意味がわからない。


マグロジュースさんが行ったという 「自分と妻の墓が向き合うようにあった」 て話は、花山院の十二妃墓かもしれない。 確かに大きな五輪塔のまわりに向き合うような塚がある。 でも流石に天皇になった方をこのように祀るというのは無理がある。


あとマグロジュースが言う「面影が似ている肖像画が数枚」はとても疑問。 個人の特徴を残した同時代を生きた僧侶肖像画なら源信のが有名だけど(南北時代)、平安時代中期の高僧の絵で特徴的な肖像画なんてほとんどない。 一体彼は何を見て、自分の墓や肖像画だと思ったのだろう?


マグロジュースさんの前世の坊さんて誰も当ててないのかな?花山院しか該当しないと思うけど。花山院は奥さんの死が原因で出家した花山天皇。藤原道長の兄の道兼の策謀で出家した人。彼が出家したことで道長の父兼家一門が一条帝を担いで朝廷の実権を握ることになったのですよ。

管理人のコメント

前世の存在はほとんどの人が本気では信じていないものの、マグロジュース氏のツイートは大拡散しました。「どこかにそういう世界があってほしい」という願望はあるのかもしれません。

その理由は、ほとんどの人にとっては「人生の意味」が理解しがたく、本当の自分がどんな人間なのかもわかっていないからではないでしょうか。「なぜ生きているのか」「なぜ自分の人生は苦労ばかりなのか」といったことに明確な解答を得るのは難しいと思います。

それを「前世からの宿命」などとオカルト的に解釈すれば、一定の解答が得られたような気がしてしまいます。ただ、たとえオカルトであったとしてもマグロジュース氏の描き出す平安時代の日常風景にはリアリティがありました。

われわれの日常生活には、現代科学では説明の付かない現象が存在するのも事実です。

たとえば、私はアジアのある場所を旅行したときに無性に懐かしい感覚に襲われました。帰国後、旅行の写真を祖父に見せたら、私が「無性に懐かしい」と感じた場所は、祖父が戦時中に駐留していたまさにその場所で、ひじょうに驚いたことがあります。

こうした意味ある偶然の一致は「シンクロニシティ」と呼ばれ、欧米でも読み物として人気があるジャンルです。アメリカの有名作家であるポール・オースターは「ムーン・パレス」など、シンクロニシティをテーマにした小説を何作も著しており、日本でも人気です。

前世のように高度なオカルト的話題まではいかなくとも、シンクロニシティや不思議な感覚はやはり存在しており、それをどうにか理解したいと思うことは異常なことではないと思います。

【関連リンク】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2018年1月20日人生・生き方

Posted by galapgs