故やしきたかじんさん妻の素性が次々と暴かれる 百田尚樹氏(@hyakutanaoki)はなぜか怒りの連続ツイート(笑)

やしきたかじんさんと32歳年下の妻のさくらさんの純愛を書いた百田尚樹氏のノンフィクション「殉愛」が話題となり、ネット上には、さくらさんに関する情報が錯綜しています。

百田尚樹氏が書いた「殉愛」は、文字通りたかじんさんとさくらさんの純愛を描いたもので、たかじんさん生前よりくすぶっていた「さくらさんはカネ目当てでたかじんさんと結婚したのではないか」という誹謗中傷に真っ向から反論する内容となっています。

いかにも関西の人が好きそうな「お涙頂戴」話ですが、ネット上には、美談をぶち壊しにする情報が次々と出てきました。

スポンサーリンク

さくらさんの過去を知る人物が現れる

発端はこの書き込みです。

彼女は年下のイタリア人と結婚していました。今は削除されていますが、都会っ子イタリアに嫁ぐというような名前のブログをやっていました。妹の出産にあわせて一時帰国し、クリスマス前後にイタリア人夫も日本を訪れたはずです。夫帰国後、「父親にガン」が見つかり、看病の為にイタリアには戻れなくなった。手術は成功してまだ看病してるという記事で更新が途絶え、確かたかじん氏が亡くなった後にブログが削除されました。どこかに記録が残っていれば「父親のガン手術」の時期とたかじん氏の手術の時期が同じはずです。

ちなみにブログでも「国際結婚したオシャレなあたし」の自己顕示欲が凄まじい人でした。

via: 『家鋪 さくら』と『百田尚樹』|azuma0220さんのブログ

記事では、やしきたかじんさんと30年来の友人と名乗るazuma0220氏が「中居正広の金曜日のスマたちへ」に出演した家鋪さくらさんと百田尚樹氏を「カネ目当て」と糾弾しています。

引用した箇所はブログ記事のコメント欄で、たかじんさんと結婚する前のさくらさんを知る人物のようです。

さくらさんのブログが発掘される

この書き込みを受け、ネット住民たちはあっという間に削除されたさくらさんと思しき人物のブログを見つけ出します(すでに削除済みなのでアーカイブから)。

それがこちら。
https://web.archive.org/web/20130804222120/http://ameblo.jp/tiamo-italia

本題とは関係ありませんが、ブログタイトルの下にある「シャネルとバーキンをこよなく愛し、高層マンション、タクシーの完全都会っ子生活から一転、恋した相手はイタリア・田舎っ子の彼・・・。 慣れないカントリーサイドで国際結婚ブログ。」という説明がスゴいっすw

その中でブログ主が写っている画像がこちら。

8SOdQ3X

顔が隠れているものの、輪郭は「金スマ」で公開されたさくらさんの顔とよく似た人物とよく似ています。



またブログの中で、ブログ主はイタリア人男性と婚姻関係にあることを明かしており、男性も顔出しで登場しています。かなりのイケメンです。この男性の名前は「Ivan Signore」さんと判明します。

どうでもいいことですが、自分の顔は隠しておきながら、夫の顔は無修正で晒すという自己中心的なブログ運営姿勢には、少々引っかかるものはあります。好意的に解釈すれば、イケメンの外国人男性と結婚したことがよっぽど嬉しく、自慢したい心理があったのかもしれません。

o0336044811700352098

そのイタリア人男性のTwitterも発掘されます。
https://twitter.com/ivansignore

ブログ画像と金スマに登場したさくらさん登場画像の一部が一致する

さくらさんのものではないかと疑われていたブログ「都会っ子、イタリア・カントリーサイドに嫁ぐ」の画像と「金スマ」で紹介されていたさくらさんの画像に共通の人物が写っていることが発覚します。

金スマで紹介された画像
金スマで紹介された画像
ブログにあった画像その1
ブログにあった画像その1
ブログにあった画像その2
ブログにあった画像その2

犬と少女が非常によく似ています。また、ブログ内画像にはIvan Signore氏と思われる男性も写っていました。

これを受け、ブログ主が家鋪さくらさんではないかと主張するネット民が急増しました。
また、Ivan Signore氏が関わっていた形跡のある組織のfacebookページが発掘されました。ページ内のギャラリーに写っている女性が家鋪さくらさんに非常によく似ています。

263751_239691309394184_3146625_n

264426_239691106060871_3313681_n
https://www.facebook.com/pages/KUMA-CLUB/239650046064977?sk=photos_stream&ref=page_internal

どうやらイタリアで「KUMA CLUB」というファッションブランドのようなものを起ち上げていたようです。

ちなみにこの「KUMA CLUB」のTシャツを着たたかじんさんの画像は「金スマ」にも登場します。
2cChAH0

状況証拠が次々と積み上がり、Ivan Signore氏の元妻と家鋪さくらさんが同一人物である可能性が高まってきました。

また家鋪さくらさんの妹と思われる人物のブログも発掘され、Ivan Signore氏とさくらさんと思われる人物の画像も掲載されていました。

blog_import_4ccec5e3a4def
http://mixmiyabi.blog136.fc2.com/blog-entry-85.html

Ivan Signore氏の意味深なツイート

Ivan Signore氏は、2014年の1月8日、たかじんさんが亡くなって5日後に意味深なツイートをしています。

直訳すると
【銭ゲバ】-金でどうにでもなる人。
中身は売女….
といったところでしょうか。英英辞典のような書き方です。誰に宛てたのかは不明ですが。

TwitterやSNSの痕跡から、Ivan Signore氏と女性は2012年頃には離婚したものと思われます。ネット上の一部には重婚疑惑もあったようですが、さすがにそれはガセだと思われます。

たかじんさんとさくらさんが結婚したのは2013年10月。たかじんさんが亡くなったのは2014年1月3日。

たかじんさんの死後、さくらさんはたかじんさんの遺産を寄付分以外、ほぼすべて受け取ったとの報道もありますhttp://news.livedoor.com/article/detail/9159270/)。

法定相続人はさくらさんと長女です。つまり、もしさくらさんが受け取った遺産が長女と比べて不当に多かった場合、婚姻期間が短いことを考えると批判されるのは致し方ないことです。

仮にさくらさんが「カネ目当て」批判に反論するならば、遺産の取り分がどのような配分であったかを公表し、長女と比べて妥当な額であったことを証明しない限り、世間を納得させるのは難しいでしょう。

百田尚樹氏は怒りの連続ツイート(笑)

UzPjXJu
一方で、「殉愛」の作者・百田尚樹氏は、さくらさん素性暴きの流れとは別個に、炎上していました。

「殉愛」のアマゾンレビューに低評価が殺到し、そのことにキレて怒りのツイートをしたところ炎上→さらに低評価レビューが殺到するという事態になったのです。

炎上した要因としては、百田氏は、生前のたかじんさんとさしたる関係が無かったにも関わらず、さくらさんとタッグを組んで「殉愛」を上梓したこと、さらに「金スマ」での美談風な演出に反感を持った人が大勢いたことがあげられます。

たかじんさんの古くからの友人、ファンからすると、百田氏もさくらさんも「部外者」ですから、「部外者」が故人を利用してお金儲けをしているように見えてしまったのかもしれません。

また、日頃、百田氏がネトウヨ風のツイートで、ネット民の嘲笑の対象となっていたため、たかじんさん云々は関係なく、アンチ百田がこの機に乗じて叩きに回っている可能性もあります。

百田氏のツイートがこちら。


ベストセラー作家がアマゾンレビューごときで、なぜこんなに必死なのかはよくわかりません。

もしかしたら百田氏は、そもそも「カネ目当て」批判が浮上する可能性があったさくらさんへの風向きを自分の著作で美談へと変えられると本気で思っていたのかもしれません。しかし、現実はそうはならなかったからキレてしまったと。

むしろ、百田氏の立ち回りのおかげで、たかじんさんのファンでも何でもない人からも、批判的な目を向けられるようになってしまったように見えます。

百田氏がいまさらカネ目当てで何かをするとは考えにくいです。しかし、結果的に「カネ目当て」疑惑のある人物の片棒を担いでしまいました。批判・炎上を跳ね返すには、百田氏とさくらさんの両者が、「カネ目当て」ではないと証明する必要がありそうです。

スポンサーリンク