戦前の日本は東アジアの植民地支配を正当化するため「日本起源説」を盛んに喧伝した

日本語と高句麗語が同系統ではないかという説が古代史クラスタで盛り上がった様子を受けて、済州みかん氏(@99mina_jeju)がツイートした内容がTwitterの一部で話題となりました。

その内容は「日本語と高句麗語が同系統」という説はよくある韓国の起源主張ではなく、戦前の日本が東アジアの植民地支配を正当化するために喧伝した「日本起源説」をルーツにするものだ、というものです。

この記事では済州みかん氏のツイートを紹介するとともに、日本語と高句麗語の共通性や、戦前の日本が喧伝した「日本起源説」について考察するツイートをまとめてみました。

スポンサーリンク

済州みかん氏のツイート

どこかの界隈で「日本語と高句麗語は同じ系統なのでは?」という見解がいわゆる「韓国起源説」として嗤われていたけど、当の韓国の言語学界では「牽強付会なんじゃないの?」とカルト扱いされているんだよね。 どういうわけか、むしろ日本で人気の学説なんだわ。というか、日本人が提唱した説だし。


実は戦前の日本は、東アジアの植民地支配を正当化するため、外国文化が日本と起源を同じくすること、いわば「日本起源説」を盛んに喧伝した。その延長線上に八紘一宇とか大東亜共栄圏といった概念がある。 何かと嘲笑されがちな韓国起源説も、そうしたイデオロギーを継承したカルト言説なんですよね。


※「牽強付会」=自分の都合のいいように、強引に理屈をこじつけること

 

日本語と高句麗語は同系統説に懐疑的な済州みかん氏

高句麗語と百済語が同系統で、更に、古代の日本語も共通点があるという仮説かな。実際のところは、良く分からんけど、古事記とか日本書紀の最初の方を読むと、新羅の地名とか出て来るし、百済と同盟組んで、新羅・唐連合軍と白村江の戦いまでやってるんで、何か朝鮮半島とも関係あったのかもしれない。


古代から日本列島が韓半島と強い結び付きがあったことは疑いない史実ですけど、それをもって言語系統を同じくするとまでは言えないわけですね。 現代韓国語の基底は新羅語(扶余語族だとしても高句麗語と距離がある)なので、日韓両言語の少なくない類似性も、おそらく高句麗語とは無関係でしょうし…


いや、高句麗語と百済語は同系統で(更に日本語も同系統という仮説がある)、新羅語は別系統ってことで、現在の韓国語は新羅語の発展したものなので、基本語彙で日本語と共通性が無いってことですね。 似た発音があるのは、中国の影響で、漢字単語が導入されたことによるもので、同系にはならない。


新羅語が百済・高句麗語と同系統ではないかどうかについては、日韓の言語学界で意見が分かれる点ですね。 三国史記・三国遺事では、新羅語が百済・高句麗語と同系統であったかのような描写もあります。また、古代三韓には「韓系諸語」という第三の言語系統もあり、周辺言語への影響度も未知数です。


まぁ、まだ史料が足りないってことかな。発掘とかやって日本でも韓国でも北朝鮮でも中国東北地方でも何か発見されたら、新説が出てくるかもしれない。金印(これも色々意見あるけど)とか広開土王碑文みたいな。

 

済州みかん氏のツイートに対する反響

というかいまの韓国・北朝鮮って、大日本帝国の後継国家だよなあ。


名古屋東海地方は〝新羅〟色感じるんですよね 熱田神宮は新羅の土着信仰の渡来じゃないかな? 瀬戸、多治見、土岐の窯業の起源は東山動物園付近で始まったらしい その多治見市には〝新羅神社〟がある 伊藤みどり、武井咲、松井玲奈のいはゆる〝名古屋美人〟にも 新羅色を感じる


韓国時代劇「朱蒙」を見ましたが、高句麗建国の前に今の北朝鮮、中国東北部満州地方には部族国家が点在しててお互いいがみ合いしてたのですよね。直高句麗じゃなくてもこれら部族国家がただ負けて死に行くのみかと言えば、まだ未開だった朝鮮南部、さらに海を越えて日本に亡命してきたのはあり得るかと

 

日本語と高句麗語は同系統なのか

古代日本語と古代高句麗語との類似性が指摘されているが、起源前から夥しい数の権力者や知識人が朝鮮半島から日本列島に移り住んでいるので当然と言えば当然なのだ。日本固有語はポリネシアや南インド辺りから多数流入していると思われるが日本語の文法体系は古代朝鮮語の影響を強く受けている筈だ。


色々ネットサーフィンしていたら、日本人の起源が韓国だったり日本語≒高句麗語という説を極端に嫌がる人いるんだなーって思った 倭王武のあれで「海を渡って〜州を平定しました」とか白村江に日本が関わっている時点で、起源かどうかは置いといても近いことは確実なんだから安心しろって感じ


そういえばさっきの人は韓国語と日本語が同族であるから、日本語は独特ではないというのが釈明だったけど、実際実存している資料で日本祖語と高句麗語の同族化は曖昧だし、言語の起源や現代語の共通点が多い(可能性がある)とは言え、それだけで日本文化の独自性を突き崩すは難しいかな。


上代日本語、高句麗語、新羅語、高麗語、中期朝鮮語、現代朝鮮語 それぞれの数詞の比較です。これを見ると上代日本語と高句麗語は非常に近いことがわかります。また高麗語は現代朝鮮語のルーツであることもわかります。日本語・高句麗語と朝鮮語は全く別のグループです。


紀元前三千年紀前半のユーラシア東部を俯瞰すると遼西が起源の偏堡文化が日本語高句麗語共通祖語、大興安嶺の東側がツングース祖語、大興安嶺の西側がモンゴル祖語、モンゴル高原東部がテュルク祖語、モンゴル高原西部が印欧語系のトカラ語祖語のような分布となり言語接触や借用関係もありそうですね。


おお、すでに学術的には、日本語と高句麗語(つまりは百済語も含め)と共通祖語であったことは確定しているんですね。『日本書紀』が書かれた頃には、すでに相互理解できないレベルにまで分化していたようですが、一部史料に残る高句麗語と日本語の類似性はやはり偶然ではなかった、と。


在日認定で思い出したけど、済州島みかんさんが高句麗語と日本語が同系統ではないかみたいなツイートを昨日してたけど、大昔に朝鮮日報か何かで「高句麗語が日本語のルーツ」と取り上げられてたと思う。でもこれも高句麗まで含めて倭人の生息地で、今の韓国人とは基本無関係の可能性もあるわけで。


韓国のこういう無駄に都合の良い解釈には甘くて、日本人のそれに厳しすぎた結果がネトウヨって話ではあるんですよね。前方後円墳なんかからも、一旦日本列島に土着した倭人がもう一度朝鮮を支配下においた可能性だってあると指摘してた人が2ちゃんねるに昔からいた。


広範囲に分布していた言語が辺境や孤島に残るということはよくあることですが、 その辺境や孤島に住む民族のなかに「我々はもともとこれだけの広範囲を支配していた」みたいなバカなことを言う人がよく発生しますね

日本語と高句麗語が似ているのはたしかなようです。ただ、韓国ではこの説は人気がなく、日本で人気の模様。つまり韓国が「日本語の起源は韓国」と主張しているわけではありません。むしろ、日本の植民地支配を正当化したい勢力によって、日本語と高句麗語の共通性が利用されてきたと言えるのかもしれません。

 

植民地支配を正当化しようとしていた戦前の日本

「あした、ネトウヨ治るかな? 」作者が、「在日60世くらいの自分」とか言い出してて吹いた。 美味しんぼの「天皇家は朝鮮~」もそうだが、こういうのがウヨクへのカウンターになると思うのが浅はか


雁屋哲や、この人達は、知らないようだが、戦前の右翼がそれこそ、「天皇家は朝鮮とつながってる」とか、日本人は、朝鮮や南方やアイヌの血が混じって出来たみたいなこといって、朝鮮支配や、海外進出、植民地支配の正当化に使ってきたんだよね。


八紘一宇とか五族共和とか。これって、「日本がアジアの一小国に過ぎないなどと考える事は恥であり、蒙昧な未開の周辺の諸部族を文明地域へと正しく導いてやり、喜ばれるのが皇国臣民に神が与えた使命」ってピンポイントに狭い視野で植民地支配の正当化をした時の美しいキャッチフレーズだからね。


指導層がウソを承知で八紘一宇を呼号しようと、そして一般の日本人がどれほどそれを純粋に信じていようと、実態は植民地支配と民族差別の正当化に過ぎなかった。また日本人以外の人々にとっては単なる迷惑でしかなかった。


大東亜共栄圏(だいとうあきょうえいけん)は、太平洋戦争で大日本帝国が唱えた標語。第2次大戦を背景に、第2次近衛内閣から敗戦まで唱えられた日本の対アジア政策構想。欧米の植民地支配に代わり、日本中心の東亜諸民族による共存共栄を掲げ、日本のアジア支配を正当化しようとした。


戦前の「混合民族論」は植民地支配を正当化するために用いられたが、戦後は一転して「単一民族論」が持ち出された現実を考えてみましょう。「伝統」に具体性を付加せず、説明できないものをとして「発明」した人たちの幼稚性故の危険性を除去していくことが私たち大人の責任ではないでしょうか!


天皇が高来神社に行ったり、桓武天皇の母親は百済人と発言したりするのが、リベラルから「美談」として語られているけど、実は戦前はこの手の話はタブーでもなんでもなく、「内鮮一体」、植民地支配の正当化のために利用されてきたと読んだことがある。確か小熊英二の本だったか、、

 

管理人のコメント

日本語と高句麗語の共通性は、専門家の間ですら意見が別れている説で、まだ同系統とするには資料が足りないようです。

しかし、この学説が日本で人気なのは、植民地支配を正当化するために、戦前の大日本帝国が国を挙げて推していたからというわけです。要は「実はもともと同じ民族だった」から植民地支配をしても元に戻っただけで間違ったことをしているわけではない、西洋の植民地支配とは異なるものだ……と主張したかったのでしょう。

現在の日本のインターネット界では、何にでも起源を主張する韓国を揶揄し、見下す風潮がありますが、韓国の起源主張の起源は大日本帝国であったという笑えないオチでした。

ちなみに韓国の起源主張を揶揄しているのは、いわゆる「ネトウヨ」だけではありません。あろうことか国会議員までもその風潮に乗っかっています。

閑話休題。面白ジョーク?見つけた。 「ドイツ人が発明し、アメリカ人が製品化し、イギリス人が投資し、フランス人がデザインし、イタリア人がPRし、日本人が小型化、高性能化して、中国人が海賊版を作り、韓国人が起源を主張する」 ホント、地球は丸い!

 
この山田宏という参議院議員の場合、ネットリテラシーの欠如から10年前に流行ったネトウヨの創作コピペは2週遅れくらいで面白いと思ってしまい、Twitterでシェアしてしまっただけなのですが、「日本人が小型化、高性能化して、中国人が海賊版を作り、韓国人が起源を主張する」という部分に何も感じず、Twitterに投稿する神経には恐れ入ります。

ツイートの文面から判断するに、「人種差別的ではないだろうか」などとは考えもせず無邪気に投稿してしまったように見えます。

このコピペは、人種差別的であるのみならず、製造業の現状とも食い違っているのではないでしょうか。「日本人が小型化、高性能化」できていたのは過去の話で、現在は家電やスマホなどを中心に中国や韓国が日本を上回る世界的なシェアを持っているという認識が常識です。

このような残念な認識の人が国会議員にもいるわけですから、大日本帝国時代の植民地支配を正当化するような言動や動きは、今後もウンザリするほど出てくるのだろうと予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

近現代の政治・戦争

Posted by galapgs