菅義偉は次の総理大臣になる許可を得るため、アメリカを訪問している

菅義偉官房長官が5月9日から4日間の日程でアメリカを訪問しています。官房長官という職業は基本的に東京を離れてはいけない役職にもかかわらず、訪米したということは、菅官房長官が次期総理大臣になるための顔見世として、アメリカに呼びつけられたのではないかという推測ができます。この記事では菅官房長官の訪米の目的を分析しつつ、次の首相は誰になるのか、これから日本の政治に起こることを推測してみました。

菅義偉官房長官が5月9日から4日間の日程でアメリカを訪問しています。

なぜ官房長官が単独でアメリカを訪問する必要があるのか、疑問に思う人もいるでしょう。

官房長官という職業は基本的に東京を離れてはいけません。なぜなら、内閣の危機管理を担当しますから、何かがあれば首相官邸へすぐに行ける態勢でなければならないのです。そもそも、外交の問題なら外務大臣が行けばいいことです。

つまり、菅官房長官には「アメリカを訪問せよ」という命令が下されたと考えるべきでしょう。

官房長官に「アメリカへ行け」と命令できる人間とはいったい誰なのか?具体的には安倍晋三首相か、アメリカ政府幹部しかいません。

ということは、菅官房長官は次期総理になるための許可をいただく、具体的にはアメリカ政府幹部の面接試験を受けるため、アメリカに呼びつけられたのではないかという推測ができます。

この記事では菅官房長官がアメリカを訪問する理由、目的について分析するツイートをまとめ、次の首相は誰になるのか、そして今後、日本の政治に起こりうることを予測してみました。


スポンサーリンク

菅官房長官がアメリカを訪問する公式理由

公式理由は「拉致問題協議のため」。

菅官房長官のアメリカ訪問は公式には拉致問題のシンポジウム出席など協議のためとされています。これは菅官房長官が拉致問題担当相を兼任しているためです。

アメリカを訪れている菅官房長官は、ペンス副大統領やポンペイオ国務長官らと相次いで会談するなど一連の日程を終え、短距離弾道ミサイルを発射した北朝鮮への対応や拉致問題の早期解決に向け、緊密な連携を確認したと強調しました。

「菅官房長官が明日からアメリカを訪問しましてペンス副大統領らと会談をします。官房長官というのは危機管理も担っておりますので外国に出張するということ自体異例なことなんですね。では、なぜ今、アメリカに行くんでしょうか。」 tvasahi 報ST

「菅官房長官は【ニューヨークの国連本部で拉致問題のシンポジウムに出席】します。また、ホワイトハウスでペンス副大統領と会談するほかポンペオ国務長官らとの会談も予定されています。」 tvasahi 報ST

危機管理をする菅官房長官がアメリカに行く。拉致問題担当として、国連会議に出席する。兼任の弊害だな。

北朝鮮が中距離弾道だと思えるような飛翔体を発射、「条件なしで日朝首脳会談を」と言っていた安倍首相。これが北朝鮮の安倍首相への返事でしょう。これで参議院選挙目当ての拉致問題の政治利用は出来なくなりました。折角、菅長官が拉致のことでアメリカまで行ったのにね、ご苦労様。


菅官房長官のアメリカ訪問 本当の理由は?

菅さんが動いた。 『平成』の額を掲げ→訪米→総理大臣になった小渕さんの再来? 『令和』の額を掲げ→訪米→総理大臣の道か? って、 おは寺 tera1134 での、内藤陽介さんの言葉。 虎8

菅がアメリカに行くのは時期総理に向けてのアピールでしょ。また拉致問題を利用してる。やってる感の引き継ぎ。何を聞かれてもコメントは差し控えるばっかり。全く総理大臣の器じゃない。

「令和おじさん」とかで人気が出てきたことと、後継総理の声が出てきたとたん、外交でハッスル。今、国会中でしょう。必要があるなら連休中に行けばよかったはず。アメリカに安倍をはじめいろんな連中が行くカネがもったいない。安倍が電撃訪朝して、向こうの態度を見極めた方がいろいろ動き出すのに。

官房長官の立場でホワイトハウスからお呼びがかかったと聞いたが、余程期待されているのだろう。

宗主国さまから参勤命令が来れば、たとえ国会中でも馳せ参じなければならないでしょうね。で、北が「こっちへ来んか!」と一発お見舞い。

菅官房長官がアメリカに行くと。外交デビューというか、次のご指名の為、踏み絵を踏んでくるんでしょ?アーリントン墓地とか行ってきて。これが陰謀説ではなく、本当だから嫌になる。 いい加減、アメリカさん(命を賭けて言えば軍部)が日本を支配して、いい気になってるの、やめてもらいましょうよ!

菅長官の訪米は最近の日本国内の情勢、特に親中派の台頭に対するアメリカ側への釈明も含まれる。

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

今、非常に稀な事だが菅官がアメリカ行ってるじゃない。安倍内閣の実体と言うべき菅官がトランプ政権の核心部と直接打ち合わせしてるって事でしょ、中国、北朝鮮、韓国、台湾についてかなり綿密な内容の協議してるんじゃないかなあ。安倍はお飾りだから菅でないとダメだったのかね。

菅がこのタイミングでアメリカへ行ったのは次期総理就任への伏線ではないかと思っている。アメリカの洗礼を受ければ安倍同様長期政権になるだろう。ただしそんなのが続けば続くほどこの国の未来は真っ暗だが。

それにしてもNHKまでが「菅官房長官の外交デビュー」とか、なにゆえ政権の提灯持ちをするのか。公共放送のやることではない。

いよいよ菅総理大臣になるからじゃないですか?アメリカに試験を受けに行ってるの?

次期総理候補のアピールね……。悪夢だけれど、アベポチだけでなくアメポチもちゃんとできますとアピールすれば、アメリカには軽量の総理の方が使いやすい。福田康夫みたいにブッシュの無体な戦争協力要請を辞任と引換えに蹴るなんて荒技と見識など絶対ない。 

次の総理は俺だと、アメリカ行きで決まるだろう次期総理は、切れ易い。 黒子時代は黒子に満足してたが、欲が出た。欲は怖い

菅官房長官訪米に応じるのがペンス副大統領と云う事に、麻生副総理が怒り心頭らしい。麻生は忘れたのか?麻生が総理の時、訪米しオバマ大統領と会った時、ランチを一緒にする筈が、オバマ大統領は他の用事を建前に、麻生に1人ランチをさせた。麻生は話すに値しないと、アメリカでは結論付いてるよ。


実は安倍晋三首相の健康状態はもう限界に近い

まず病人を揶揄したり茶化す意味ではないと前置きする。 恐らく安倍晋三はウロストミーを装着している。 がんで膀胱を摘出したと思われる。 以前から顔の血色や肌のただれが気になって、腎機能障害を患っているのではないかと思っていた。 これは任期中に間違いなく改憲発議しそうだぞ。

「ひるおび」で安倍の次は誰かというのを延々とやっていました。 何かあるなと家で話していましたが、もう健康状態が悪くすぐにでもやめなければならない状況というのが一番納得が行きます。顔色が悪すぎます。

安倍の健康問題、実は相当悪くて先がないんじゃないかと考える。本人は辞めたいがアメリカの許可もいるだろう、そう言うことも含めて菅が訪米するのではないか。

医療関係の営業していたウチの人がこの画像見て、間違いないと言ってました。


日本の総理大臣はアメリカが決めている

Americaに面接試験に行く次の総理大臣?菅様の緊張されたお顔を、、、 あのクレージー・アベの後釜決めるから、どんな奴か面接してやる、 スガ、来て挨拶してみろ、ほれ骨! ワンワン うん、上出来だな。 アベはもういいかな、、バカで馴れ馴れしくてうんざりだし、、、、

菅官房長官が次期総理候補の儀礼として米政府高官に挨拶周りを目的に外交します。(苦笑)実質的に日本人は自国トップを決定する主権を有していません。米政府という宗主国支配の下では自民でも共産党でも政権を持てばその支配下なのですから日本人の政治思想は所詮SNSの玩具。

菅官房長官は次期総理候補として適切かどうか面談に来いって言われてたんですか?w

菅官房長官がアメリカ訪問をするのは、次期総理としてお墨付きをもらうためなのかな? primenews


出典:https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019051001000865.html

現在の日米関係を象徴する写真ですな。おどおどして場慣れしていない菅。安倍の次の使い走りとの面接は終わった。米国の砲艦外交を牽引するのは国務省ではなくCIA。CIA長官出身のポンペオが国務長官として果たす役割は露骨。菅は分かっていないだろうが、日本は米国の駒。

この日米関係を象徴している写真をよく見て欲しい。内閣記者会で東京新聞の望月記者の質問にまともに説明、反論できない菅の言語能力、交渉能力では、ポンペオに手玉に取られるのは歴然としている。一方的に米国の指示を受ける立場なのは明らか。

※菅が外交デビューって、米に認めてもらうために行く。面接みたいなもんやろ。それと、5月25日からとらんぷが国賓として日本に来る。天皇を訪問しお墨付きを与えるのが目的かな。昔の冊封国家はみんなそう。日本は今も植民地やからな。


まとめ

官房長官が東京を離れて、わざわざアメリカまで出向くのは異例なことです。

次の総理大臣になるための参勤交代として、宗主国に呼びつけられたのだと解釈するのが妥当でしょう。

ちなみに5月25日からはトランプ大統領の訪日が予定されています。

この訪日の目的はなにか。

具体的には親米感情の植え付けを狙っていると思われます。

アメリカはいま、中国と激しい貿易戦争を繰り広げていますが、中国の次は間違いなく日本をターゲットに関税をかけてくるでしょう。

トランプは、対中貿易赤字が大幅に減らない限り、関税25%はやると思う。交渉でアメリカの巨額の対中貿易赤字が縮小するようにも思えないので、トランプは躊躇なく関税をかけると推測する。中国がアメリカの天然ガスを購入して、関税率が20%とかになる可能性はあるかも… 2014年のアメリカの貿易赤字

実は対アメリカの貿易赤字は日本よりドイツの方が大きいのですが、ドイツは白人国なので、ドイツをいじめてもトランプ政権の支持率は上がりません。代わりにトランプは日本に難癖をつけ、屈服させ、トランプ政権の支持層である低所得白人を喜ばせるほうを選択するでしょう。

つまり、安倍政権以後、菅政権となった場合、日本にはアメリカから無理難題を次々と押し付けられるという展開が想定されています。

ということは、今回の訪日では、今後、日本人が反米感情を持たせない、反トランプ感情を沸き立たせないための手を打ってくるでしょう。

事実、大相撲夏場所の千秋楽で土俵に上がり、優勝杯を授与するパフォーマンスをすることが発表されました。

夏場所優勝力士に特注トランプ杯、大統領が自ら授与へ

このパフォーマンスによって、大半の日本人は「格上の白人が日本の伝統を認めてくれた。興味を持ってくれた」と好意的な感情を持ちます

ここで好意的な感情を発生させておけば、今後、アメリカが日本に無茶な要求をしても、日本人は我慢して耐えるでしょう。「トランプさんは日本の伝統を認めてくれた」存在なので、大半の日本人はトランプ批判を躊躇するはずです。

日本の文化を認めて世界に発信してくれた白人が存在することが嬉しいので「批判したくない」という群集心理が生まれるわけです。

まったくちょろいものです。

ですが、トランプ大統領が日本の伝統に従い、土俵でしおらしく振る舞い、優勝杯を授与するパフォーマンスをすれば、たいへん悲しいことですが、多くの日本人は狂ったように喜ぶでしょう。

「あのトランプさんが日本の伝統文化を認めてくれた!」と、まるで自分が認められたかのような錯覚すら起こしてしまうはずです。

普段、日本の伝統文化とか相撲とは一切関係ない生活をしている人ですらそのような状態になります。

とても残念な国民性だと思います。

そんなドサクサにまぎれながら、今回の菅官房長官が受けたアメリカでの「面接試験」の結果が、トランプ氏自身の口から言い渡されることになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2019年5月12日日本の政治

Posted by galapgs