仮想通貨Ripple(XRP)の爆上げが凄すぎる!あの与沢翼氏も大儲けした模様

仮想通貨Ripple(XRP)が12月に入ってから急騰しています。2017年9月には20円前後だった価格が、現在は280円。300円台を伺う動きになっています。つまり数ヶ月で15倍近くの急騰をしたことになります。

特にここ数日の急騰は凄まじく、Twitterの仮想通貨クラスタは騒然。話題はRipple一色となりました。

あの与沢翼氏はTwitterでかねてからRippleへの集中投資を明言しており、その利益をTwitter上で明言するなど、再び大きな話題を集めています。

スポンサーリンク

Ripple(XRP)の爆上げに騒然となるTwitter仮想通貨クラスタ

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

リップルの上昇が止まらない✨✨ 現在273円!!これはすごい!! https://btc-analyze.com/coincheck/ #リップル #Ripple #XRP #仮想通貨


データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

【速報】暗号通貨全体の時価総額が70兆円を突破。ripple社保有分を含めた時価総額は32兆円を突破しBTCを追い抜く。BTC Dominanceは一時37%台まで低下。


Ripple社の秀逸な戦略が花開きXRPの価格に反映というリップラーにとり格別の年の瀬。皆さま今年も大変お世話になりました。嬉しい反面、本来は同志と杯を酌み交わしたいと願いつつも、流石に怖く叶わぬ夢となっている現実。知性溢れるリップラーと実際に会いたかった。ではまた冬眠です。良いお年を。


リップルは既に仮想通貨投資をしてる人には当たり前のアルトコインですが、一般の人からしたら、仮想通貨=ビットコインです。この情報の遅れは現代においては、数百万〜数千万の違いになる可能性もあります。


今はまだアーリーアダプター。 その後の大多数が新規参入してきたときの市場価格はどうなるか? あとはご想像におまかせします(°∀°)


データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

リップルの価格が高いとか言っている人いるけど、プロジェクトの内容からすると、価格は、10000jpy位ないと、足りない世界的な国際送金しかも、今迄、銀行の無いエリアまで広げるとしたら、全く今の価格は、安い金額になる。 今年の頭が安過ぎたが、まだまだ、スタートライン位だ #xrp #ripple

 

2017年9月からRippleに投資していた与沢翼氏

現時点では、XRPは一人勝ちです。この状況がさらに加速化するか、逆転して元に戻るかは私にも分かりません。ですが、XRP一人勝ちという状態は、私が9月にリップルにエントリーして以降ずっと願い信じぬいた状態でした。よく調べ、軸をもって、大きく集中して張ることは、本当に大切だと伝えたいです。


これ見て危機感感じる人多い?私は逆なんだよね。安心できた。むしろ、今日下げてくれたことで、ますます長期で保有しようという意志が固くなった。XRPの下落率は、一番抑えられているし、これは当然来たBTCをおそらく中心とした市場全体の暴落だからさ。仕方ないよ。来年はめちゃくちゃ上がると思う。


こういう時にさ、暴落前にポジションを外しておいた人は、賢い、正しい、すごいと思う、と皆は考えると思うんだけど、私は一貫してその考えを否定している。バフェットは全てのブラックマンデー、ドットコムバブル、リーマンショック等暴落をポジションをもったまま、またいで世界一の金持ちになった。


私はポジトークではなく会ったこともないリップルの人達を応援し一人でも多くの人にその可能性に気が付いてもらうことを使命としたい。価格は後から着いてくる。大切なことはリップル社が事業をやりやすい環境を作り応援者を世界に広げること。暴落があってもすぐ戻るコインでなければ長期保有できない


独り言な。イーサリアムは批判がなさすぎる。ビットコインは批判があるからまだまだ上がる。リップルは仮想通貨詳しい人たちから批判があるからさらに上がる。そして俺には最上の批判があるから、俺は最強に上がる。以上なんだ。


12月12日からリップルの値動きしか見てないのでその呼吸が分かってきた。1日6時間ぐらい見てたのかな。どこまで買われるかは多分だいたい全て当たってきたけど、私が弱かったのはどこまで売られるかが分からなかった。だけどそれも分かってきた、気がする。態勢立て直し年内上をまだ目指すだはず


リップルもマーケット全体が売られるとやはり売られる。しかし、下落率を抑えて守る傾向は明らか。そしてマーケット全体が買われると、マーケット全体の成績をアウトパフォームしている。つまりbtcの下げが次に止まり全体が上を目指し始めた時、リップルは他の平均を超えて高値を更新するであろう。


完全に一人勝ちと言って差し支えない。XRPが独走するなど誰が想像しえただろうか?9月にこの話をしたら笑われただろう。ほとんどの人は意表をつかれた。だからXRPを十分持っていなかった。こうして想定外のことがこれからは起こる。同じやり方で稼ぎ続けることは不可能。マーケットは既に変化している


そして、本質が分からない人は、XRPがオーバーシュートしている、下落が怖い、大きく崩れる可能性が高い、と思っているようだが、私にはそうは見えない。むしろ始まりに見える。


650万XRP×152円ならば、9億8800万。やっとXRP単体で10億が見えてきた。当然値動きなので、調整もあれば暴落もあろう。しかし、結果的にまだまだ上がると私は見ている。


祝 170円 さらにつき抜けろー。次は200円


はっきり言う。これは歴史的瞬間だ。XRPは、霧が晴れたかのように、非常に強い。


記録 リップル資産11億円に。173円×650万XRP 3か月半で1億からほぼテンバガー実現。 後発でも秀逸なる戦略があれば勝てる。 大きく、一つに張って、最後まで持つこと。 これが勝者の理。 俺は金儲けのプロだ。


220円突破。これを神の所業と言う。



金持ちになりたければ、ガチホ、ガチホと俺が言ってたのが懐かしい。あの時は60円だった。それもちょうど2週間前の16日の話だ。タイの先輩も私を信じて私財をぶち込み、サロンの皆も何十人と、そして投稿を見てくれた人もありったけの金をいれて億にいったと連絡来てる。良かったなぁ💛


俺が言っていることをまともに読み、理解し、値動きに関する的中率や話の論理的整合性を検証できていた人は買えていた。こういうところに差がでる。それが実力。俺もよう相当悔しい思いをして、ここまできたんよ。この後xrpが落ちようと落ちまいと、やり切ってきていることを誇りに思う。

 

そもそもRippleとは?

リップル(Ripple)の開発は、2004年にカナダのウェブ開発者である Ryan Fugger により開始された。[3] 後にビットコイン技術を応用して Arthur Britto、David Schwartz等によって開発されたコンセンサス・レジャーが統合された。プロジェクトの指揮権は Ryan Fugger から Ripple Inc.(旧OpenCoin Inc.)に譲渡され、リップル・トランザクション・プロトコル(RTXP)として開発が継続されている。 リップルはビットコインと同様に分散型台帳技術を利用するが、二重支払いの検知をプルーフ・オブ・ワーク・システム(英語版)ではなく、独自に開発されたコンセンサス・システムによって行う。これによりビットコインの致命的な弱点であるスケーラビリティや消費電力といった問題を克服し、ビットコインでは平均10分程度かかっていた決済をリップルでは数秒で[4]行うことができる。


 

【仮想通貨の歴史:Ripple】Rippleプロジェクトの歴史は意外にも古い。その歴史は、サトシナカモト氏がBitcoinに関する論文を発表した2008年より4年も前にさかのぼる。 #Ripple #XRP #歴史 #仮想通貨


暗号通貨としてのシステム的にはBitcoinよりRippleの方が歴史古いんだな。今は元々のRippleじゃなくてXRPってのになってるみたいだけども。


データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

@teremi_ リップルのほうが発行量が多い→安定する リップルの方が送金がくっそ早い(最低でも1時間以内、ネムは1日かかることも) ネムは個人が開発メイン、リップルは企業が開発メイン という点でネムはボラティリティでかめですね


④12月18-19日の出来事 ・元モルガン・スタンレー社長がリップル社の取締役に就任 ・リップル社推しのStandard Charteredが アリババの Ant Financialとの提携を発表 ・テレグラムで使える開発中の送金システム、XRPも対応 ・XRPをブリッジ通貨とした金融機関の実送金がスタート #XRP #BTC


#Amazon が #Ripple を選ぶ3つの理由。英文を簡潔にまとめると 1.速い処理時間と低コスト( #BTC 比較) 2.十分な供給量=低い価格ボラティリティ( BTCの4,700倍の供給量) 3.顧客に優しい低単価の価格 http://bit.ly/2BNsuYH #リップル #ビットコイン #アルトコイン

 

Ripple(XRP)はどこまで上がる? 仮想通貨クラスタでも意見は様々

XRP勝利 多くの人が私に#xrpの値段を聞いてきます。普通、私は値段を言いませんが、 今回、Xrpが1ドル達成の1周記念日には100ドルまで届くことを宣言します。 https://twitter.com/Cryptoera53/status/943806397522706433


@bitbit_ojin 10ドルではなく、100...ドルですか!?


@nampa_magic みたいですね、 こんなのもありますし、100ドルはおとなしい方かと、 https://twitter.com/bitbit_ojin/status/934773836301529088


@bitbit_ojin 国際送金額を考えれば100ドルは安すぎると思いますが、自分の中では2、3 年先だと思ってました...


@nampa_magic XRP の1000億枚という発行枚数は想像以上に少ないみたいです。 それが100ドル予想の理由の一つらしい、



@bitbit_ojin この数字と現実を見るとリップルには夢しかありませんね。この時代にこのタイミングでリップルを知ることが出来たのは宝くじに当たることと同然…。先ほど会社帰りに見かけた年末ジャンボの大行列を思い出してほくそ笑んでしまいました。 リップル大勝利!!


 

Rippleは大体100ドルまで伸びるって予想がある。もしこの理論で行くと100ドルは333倍。可能性は0じゃない。バブルのてっぺんで今の1000倍は行って欲しい…という妄想。 https://twitter.com/antaeusookuwag1/status/946765945208422400


Rippleの高騰は他の通過と一線を画してますよね。よくバブルなどと表現されますが、Rippleは強固な地盤と実績という確かな根拠に基づいて価値が評価されていると思います。 #XRP #Ripple


データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

送金テストは開始されていますが、終了予定は2018年の1月と言われていますので、文脈からすれば$5というターゲットは2018年末ということになります。私も情報源と同一の表現をしたつもりですが、現在の加熱ぶりから今年の末と捉える方が多いかもしれませんね。 #XRP #ripple #リップル


未来予想図の傾向 2018年5月迄に1リップルは300円台、SBIホールディングスの株価は4000円台になるという期待値が見えてきました。今後の動向に注目ですね。 #リップル #XRP #ripple #SBI #仮想通貨 #暗号通貨 #フィンテック


XRPに急激に注目が集まっている理由は、リップル社のCEOがテレビの生放送でXRPが銀行間送金に利用されるものだとはっきり言ったからです。ブルームバーグでも同じことを言いました。 Ripple CEO Explains Why His Digital Currency Can Transform Banking | CNBC https://youtu.be/Ket7OgJXrZY


私の計算によると、2018年にはリップルは1万円に到達します。 式は300+9700=10000です。 この式を編み出すのに6年かかりました。(小学校1年) ちなみに当時算数のテストは100点だったので自信あります。白目 #リップル #XRP #ripple

 

管理人のコメント

もともとビットコインの技術的な部分を確立したのはサトシ・ナカモトという日本人風の匿名の人間です。

誕生の背景には、中央集権的な通貨発行システム、銀行へ疑念を抱いたエンジニアたちがインターネットを通じて繋がったこという歴史がありました。

こうした思想のもと仮想通貨を作るということは、通貨発行権を持つ国家を敵に回すことであり、匿名でなければならなかったのかもしれません。

現在、存在する仮想通貨は新しい技術というだけではなく、国家の枠に縛られず自由に活動をする世界観がベースにあります。つまり、本質的に反権力的な性質を持っています。

2016年のブレクジット、トランプ政権誕生以降、世界は左右や男女の対立から、上下の対立へとすでに移行しました。上級国民が持つ権力や資産を一般国民が収奪し、駆逐していく光景が次々と起こるはずです。

仮想通貨の隆盛も、その上下の戦いの中のひとつであり、おそらく上級国民が負ける結果になっていくのだろうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

2017年12月30日仮想通貨

Posted by galapgs