【悲報】アベノミクスの失敗が一発でわかる画像が出回ってしまう

アベノミクスは株価を上昇させる成果を挙げたものの、一般の国民は豊かさを実感できずにいます。その生活実感を証明するかのように、実質賃金が下がり続けているという統計を弁護士の明石順平氏が示し、Twitter上で多くの共感を得ています。この記事ではアベノミクスの失敗が一発で分る明石氏の画像と、アベノミクスの現状や評価について分析するツイートをまとめてみました。

2012年に安倍晋三氏が首相が就任して以降、金融緩和を軸とした経済政策、いわゆるアベノミクスを推進してきました。

アベノミクスは株価を上昇させる成果を挙げたものの、一般の国民は経済的な恩恵をうけることなく今に至っています。

それどころか、アベノミクスによって国民の生活は苦しくなったのではないかという意見もあります。

しかし、安倍政権はアベノミクスによって国民は貧しくなっている、アベノミクスは失敗であることを頑なに認めようとしません

日銀短観や政府閣僚による、大本営発表では経済は「徐々に回復している」「ゆるやかに上昇している」などと表現されますが、実態はまったくそんなことはなく、消費はどんどん落ち込み、国民はどんどん貧乏になっています。つまり、現状ではアベノミクスは失敗と言わざるを得ません。

政府はこのような意見を封殺し、無視してきましたが、最近でも、アベノミクスが失敗であることがひと目でわかる画像が出回ってしまい、政府の認識と国民の実体経済がいかにズレているかが露呈しています。

この記事ではアベノミクスの失敗が一発でわかる画像とともにアベノミクスの成果、現状、評価について考察したツイートをまとめてみました。


スポンサーリンク

アベノミクスは失敗だと一発でわかる画像

アベノミクスの失敗は一つのグラフで簡単に説明できる。 つまり, ①増税と円安で物価(赤)が急に上がったが ②名目賃金(青)の伸びが物価の伸びを大きく下回ったので ③実質賃金(緑)が急落し ④消費(黄)が超冷えた 要するに,生活が苦しくなっただけです。

添付表の様に、誰かが何かをしてくれる半官半民体質や護送船団方式のお坊ちゃん体質企業が消え、稼ぎが無くなったので、まともな賃金が払えない、終身雇用も守れない、非正規が2000万人越えで、消費どころでは無く成った。アベミックス成果は、超就職氷河期からの脱却で喰える様に成った。死ぬまで働く

いいグラフですねね。一目瞭然です。アベノミクス完全破綻の図。

実体経済はGDPを創造、富みを分配する経済、金融経済はGDP未創造、富を搾取するトバク経済。アベノミクスは、 ・実体経済を疎かにし、 ・金融緩和で大量資金を株式トバクに投入するだけ、 ・GDP創造が停滞、分配がやせ細り、 ・株式売買の搾取が醜く太った、 結果、格差貧困が拡大、デフレ脱却は不可。


ネトウヨがグラフにケチをつけるも論破されてしまう

まぁこんなもんでしょ。 でもグラフの書き方細工して「こんなに差が出てる!」って錯覚させるのはどうかと思うけどね。 よくニュースとかバラエティ番組、国会で野党がフリップでやる印象操作の1つ。 左の値を0から書いたグラフにしてくれませんか?

このツイートにコメントでついている、棒グラフで0の位置をごまかしてグラフにするのは印象操作ですが、このグラフは基準が100なのでまったく問題ないものだと思います。毎年の数値をきちんと表示していてとても誠意のあるグラフですし、自分の生活の実感と合うとてもまっとうなデータと思います。

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

せっかくデータがあるのに印象操作してるのが残念だなって思って書いただけ。 ちなみに俺も今の政治に満足しているわけじゃない。 自分が生きているうちに住みやすい環境が整うといいねぇ。

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。 データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

「消費が1割も冷え込んだ」と読むか、「1割しか減っていない」と読むか…。 「1割しか減っていない」と読む界隈にとっては「こんなもん」なのだろうとは思います。私は1割って結構大きいと思いますけれどね。

こんなん逆に見づらいわw 左の基準が0である必要性はどこにもないぞ。 例えば、温度のグラフだったら常に絶対零度を基準にしたグラフにしろ、って言ってるのと同じだが。

見づらいのは承知で書いた。 印象操作してるのが残念だと言いたかっただけなので。 あと温度のグラフは印象操作の必要性はないと思う。

印象操作なんかじゃないですよ。例えば、この例のように基準年に対して10年で数%動けば大きな変化である様な事柄については90~110ぐらいの範囲でグラフ化するのが妥当。有り得ない範囲まで載せる方が逆に大した変化じゃないように思わせる印象操作になります。

賃金構造基本統計調査を見ると,たしかに,一般労働者(正社員)の2018年の所定内給与+賞与は実質で下がっているが2012年比0.63%減でしかない. また,正社員以外の所定内給与や,短時間労働者の時給は上がっている.なぜ実質賃金指数はこんなに下がったんだろう??

実質賃金指数は,時給じゃなくて「一人あたり賃金」で,それが下がってかつ一般労働者の所定内給与も短時間労働者の時給も上がってるとすると, ・一般労働者の所定外給与が減った ・短時間労働者一人あたりの平均労働時間が減った ・一人あたり賃金が低い人の割合が増えた とかかな…

毎月勤労統計の規模5人以上事業所、調査産業計のパートタイム労働者の総実労働時間指数(2010年=100)を見ると、2012年平均は103.2で、2018年平均は96.0.6年間で7%短縮している。

なるほど、実質賃金率(時給)は下がらなくても一人当たり労働時間が大きく減れば、一人当たり賃金は下がる。

一人当たり賃金(↓)=時給(↑)x労働時間(↓)/人数(↑) ↑: 増えた ↓: 減った (さて、一概に「失敗」とは言えない気がするが…)

あ、 ・労働時間/人数は減った ・人数は増えた は確かだが、労働時間全体が減ったとは限らないか。でも少なくとも大きく増えてはいないようだ。

毎月勤労統計の就業形態計、調査産業計、5人以上事業所の常用雇用指数×総実労働時間指数÷100(指数2015年=100)を計算すると、12年98.0、13年97.5、14年98.4、15年100、16年101.5、17年104.0、18年104.2で、6年間で6.3%増加。

おお、総労働時間は大きく増えているんですね。そうすると、人数がすごく大きく増えた?

同じ範囲で見ると、常用雇用指数は2012年の96.3から18年の105.8まで9.9%増えています。なお、これは2017年までの指数と2018年の指数が比較可能であるという前提に立つものです。

結局, 一人当たり実質賃金(↓)=実質時給(↑)x総労働時間(↑)/人数(↑↑) ということでしょうか. (さて,右辺のどの部分を「アベノミクスの失敗」と呼ぶべきだろう…?)

これを見て「アベノミクスだけの失敗じゃ無い」「民主党政権の時のグラフが無い」とかってコメントは付くんだろうなー、と思ったけど、「ソースが書いてない」「グラフの軸を0,0から始めてないのは印象操作」とかは想定外。まぁ、ソースになってる統計自体が信じられないってのはあるかもね(苦笑)

こういうツイートすると必ずへんちくりんな反論してくる奴がいるんだけど,以前書いたこの記事でそういうのは論破してる。


ネットの反応

素晴らしいグラフです。…スーパー行けば物みな値上がり。スティルス値上げもここに来てなりふり構わず。米まで上がった。ブランド米何て言ってられない価格で選ぶ昨今、納得納得。しかし、たまに安い肉、野菜とかあると産地表示が曖昧、国産との表示のみ、たまらん。

更に、健康保険料、介護保険料、年金保険料が上がり、医療費の自己負担額も増えています。そんな中、海外には気前よくお金をばらまき、東京福祉大学のような留学生が失踪する大学には130億支払って、旧帝に通う貧困学生は奨学金という学資ローン漬けです。

安部政権の誤算は企業を儲けさせるところまでは行ったがその儲けを労働者に分配するという所がうまくいかなかった 結局現金を溜め込むだけになってしまい設備投資もせず一般人の消費が延びない結果になってしまった 政府はもっと企業に対し現金を溜め込む事に対するデメリット政策を早くやるべきだった

再分配は循環経済の源泉。これを怠ったが故の格差社会。税制の抜本的改革(企業に金を吐き出させる税制)が必要だが、財務官僚主導では無理。

安倍政権を含め、官僚が公文書を改竄し統計不正をしてもなお、真の責任者はお咎めなし… この国の倫理観は、とっくに崩壊しているのかもしれません… これから、この傾向がドンドン酷くなっていくように感じます…

素晴らしい! ブラック政府が如何に、日本国民を奈落に落としているかが良く解るよ! 名目賃金もアメリカや中国のバブルが終焉に向かっているので、今後大幅に下落するのだろう! アベノミクスとは、アメリカや中国様の景気によって創り出された漫画だからな!

これ 2000年を100としたら…(もっと差が拡がってる)

景気回復させる気など、ハナから無かったに違いない。最初から狙いは格差拡大。そのことに気付かれないための方便としての「アベノミクス」「トリクルダウン」。 すべての嘘は、徹底的な格差社会を完成させるまでの時間稼ぎ。

消費税増税は問題ありますが、高齢者が増えている現実、いわゆる高齢化社会での現役世代が負担増加している統計やそのなかで雇用状況の好転の部分がゴッソリぬけていますよ。ミスリードしてますね。

雇用状況の好転については、恩恵を受けている世代とそうで無い世代に分かれるように見受けられます。20代30代はイイのかもしれませんが、40代以降についてはたとえ就職したとしても、低賃金で茨の道です。

これからも実質賃金低下は継続し、しかも、消費税増税や、少子高齢化による社会保障負担も増加して、可処分所得はますます減少していきますよね。 これでは、少子化も貧困層増加も止められない。

本で読んだのですが、資本主義が市場を拡大し続けて行き詰まると終には内部を食い始めるのだとか。企業が大きくなりすぎてもう品物を生産しても売れない、すると労働者の報酬を下げて商品が売れなくなる悪循環。このまま進んでも悪化するだけ。もう一回原点に戻り農業を振興するのがいいと思います。

何かを判断する上での情報としては少なすぎる気がするけど… 別にアベノミクスで良いことあったとか言いたいわけではないけどもね

流石にGDPと雇用率が併記されないと偏頗の誹りを免れようはないけれども、アベノミクスの不足は、政府セクターが資金供給をしたものの、それが、企業セクター内だけでやり取りされ、最終的に家計セクターまで流れていないことだと思う。 原始的であるが配当性向を欧米並みにするだけでも良い。

民主党政権の頃は、その失政の説明なんか必要とするまでもなく「ああこいつら駄目だ」って周知徹底されたんですけどねえ。 09年に政権を取ってすぐの10年の参院選で惨敗。 自民党はその10年以来衆参どっちでも負けていない。 何が違うんですかねえ。 ウフフ…。

アベノミクスがというよりは軽視してきた労働人口の減少が日本の経済、社会保障システムの限界値をこえたということです。 頭や政党をすげ替えたところで意味のないところです。

アベノミクスは、弱者から吸い上げ、同時に円を大量に発行して勝ち組に流す事なんだから、その意味では成功してるんですよ。トリクルダウンなんて言った覚えない、とも言ってるんだし。

デフレを是正して物価上げるって最初から言ってたやん。実質賃金が上がらないのは企業が相変わらず内部留保に走っているから。経団連に文句言えばいいのに。6,70代のバブルを謳歌したボンクラ経営者が自己保身に走ってるだけ。はよ世代交代しないかな。

日本が世界で稼げなくなり、(GDP伸び鈍化)現役世代の負担増(年金・保険負担増、消費減)はアベノミクスで始まったことでなく、ほっとけば、政権変わっても良くならない。今ある円の信頼揺らいだらどうなることか。 人口減下のGDP成長はある意味頑張っている証拠。

ってか、この国は、何処まで行っても、内需強化と土地その他の環境柄、国土強靭化、これらに伴う官民揃っての研究・技巧の追及なんだと思う。

明白で分かりやすい経済原理を立憲民主の先生たちは理解してくれましたか?? 野田がお膳立てした消費税増税で庶民は塗炭の苦しみを味わっています。それを理解できない元民主党の先生たちには期待していません。

日本のように人材にも教育にも技術にも秀でた国が世界の成長から何故、取り残されたような状況にあるのか? その原因は政策。特にマネー、つまり金融政策にあるのでは無いかと思う。この後、旧来の金融システムの落とし穴を超えた経済財政政策を考えている人達と議論をする。中央銀行に巣食うものは?

ホントそうなんだよね。アベノミクス前はずっと名目賃金と実質賃金がほぼ並列して落ちていた、つまりデフレだったのが、アベノミクスで名目賃金としがクロスし、名目賃金のみ上昇するというインフレだけど景気が悪いスタグフレーションの状態に突入、そしてそれがここ何年も続いているのにね。

いくつもの経済指標をごまかしたり、出さなかったりする政府も政府だけど、この現状を的確に伝えない大手メディアも共犯者だと思う。

アベノミクスの失敗ではありません。アベノミクスは成功しています。中身や実質は最初から問題にしていません。とにかく見かけを良くすることがアベノミクスです。それは一応の成果を上げたと言えるでしょう。その効果は多くの国民が騙されて良くなったと勘違いをしているということです。

ただ、この表を叩きつけてもピンと来ないというかグラフ読めない人が支持層なんよなぁ...。 読めるくらいの知能あったら支持するわけないワケで。

実質賃金が下がって国民生活が苦しくなる事は2012年末からずっと書いてましたが、当時は勢いある株高で世間はほとんど誰も聞いてくれませんでした(ー ー;) 7年経って国民はそろそろ気づいたと思いますが、野党がアベノミクスに変わる政治経済対策をまだ出せてないので国民は選べないのかと思います

つまり急激な円安政策(70円台から120円台へ)とその恩恵を受けたはずの輸出企業が全くと言っていいほど金を放出しなかった結果だということだよね 私は当時から今でもドル円は100円前後がベストだと思ってます

まぁ、ほかに代替手段があるのかというと.... これからさらに、社会保障費の増加による実質的な所得減と消費税率上げによりキビシー事になると予想される

アベノミクスが失敗したんじゃなくて、財界が守銭奴なのがばれただけだろう。

データは一般庶民から金が奪われている事をしめしているのです。でも安倍政権はアベトモが潤ったのでアベノミクスは成功と言う。庶民の方を見ていない政権

経済学は勉強してないのでよくわからないけど、ひとつわかるのは、1995年モデルのカローラは100万円から買えたのに、現行モデルは150万円から。その割に1万円の価値は1995年から大して変わっていないこと

これは微妙なところで、実は増税それ自体というよりは、その増税がきちんと生活保障に回されなかったという点に問題がある。ただ単に痛税感を強めたという意味でさらにタチが悪いのです。加えて「デフレマインド」みたいな精神論で誤魔化そうとしたあたりなお一層ダメ。

あと、物価の所だけに注目すると、安倍政権が目標とした年率2%をまったく達成してないですね。確かに、アベノミクス成功とは言えないですね。もっと物価が上がるほどの経済成長が望まれる。そうすれば、賃金も上昇してくる。賃金の伸びが悪いのは、経済が成長してないから。

自分はずっと言ってるのだが、アベノミクスは円安でドルベースの所得(人件費)を減らすことで雇用を増やす政策なので、雇用が増えたといういう意味では成功。ただ、続けるものでは無いのに、続ければ所得も上がると信じてる人が多いのが問題。安倍首相もやめたいのではないかと言う気が。

前にしたこのツイート アベノミクスの失敗の証拠ではなくて、日本経済失速の証拠とかだなぁって思う。 だって増税はアベノミクスの一部じゃないんだもの。


まとめ

元のツイートについたリプライを見ていればわかるのですが、この手のオピニオンには必ず妙な反論がつくものです。

その内容は「雇用が増えたから平均賃金が下がるのは当たり前」とか、「民主党が決めた消費税のせい」とか、いろいろありますが、いずれにせよ「アベノミクスのおかげで一般庶民がどんどん豊かになった」なんて、とてもじゃないが言えない状況ですので、どう反論しようとも苦しいものがあります。

アベノミクスによって株価が上昇したと言っても、もともと株式すら買えない一般庶民にはどうだっていいことです。そもそも株式を持てないような貧しい一般庶民こそ、経済政策によって優先的に救うべきというか、彼らが積極的に消費するような状態にないと景気の浮揚とは言えないでしょう。

アベノミクスの評価としては、「アベノミクスによって一般庶民やサラリーマン家庭は貧乏になった」と、多くの人が考えるから、元の明石順平氏のツイートに多くの共感が集まったのだと思われます。

つまり、アベノミクスによって生活が苦しくなったという一般人の生活実感と明石氏が示した統計が一致していると多くの人が考えているわけです。

統計の数値にはさまざまな見せ方があるので、安倍政権に有利なグラフを作ることも可能でしょう。また、お得意の数値改ざんをすることも可能でしょう。

しかし、アベノミクスによって豊かになったという人を増やさない限りは本質的な解決にはなりません。

アベノミクスは大企業、輸出企業を優遇することによって従業員や関連企業も豊かになる「トリクルダウン」で、一般庶民を豊かに使用としていましたが、トリクルダウンらしき事象は微塵も発生しませんでした。

よって、状況的には減税こそがもっとも効果が高く手っ取り早く、一般庶民(世帯年収1千万円以下)を救うことができると思われます。

逆に言えば減税以外の経済政策はやり尽くしたが、株価上昇以外はたいした効果はなく行き詰まってしまったのが今のアベノミクスではないかと。そんな状況にあっても、減税などの一般庶民が豊かさを実感できる経済政策だけは頑なにやろうとしないところにアベノミクスの本質があるように見えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

経済・金融政策

Posted by galapgs