カネカ育休炎上騒動まとめ…日本企業はなぜ社員の権利を敵視するのか

カネカ育休騒動は退職した社員の妻がTwitter上で告発したことで、大きな炎上となりました。この騒動では一部上場の日本企業であっても、ブラック企業的な側面が存在することで、多くの労働者の怒りを買いました。この記事では炎上の背景と告発ツイート、カネカの対応、そしてネットの反応を時系列でまとめてみました。

カネカ育休炎上騒動は2019年6月1日に妻がTwitter上で告発したことで、炎上が始まりました。

日本企業はなぜ社員に対してこうまでも懲罰的なのか。制度上は存在するものの、事実上、取得不可能な育休制度、新居を購入するとなぜか転勤させられる理不尽な人事など、カネカ炎上騒動は複数の文脈で大きな話題を呼びました。

この記事では炎上前はどのようなことが起こっていたのか、その背景と妻の告発ツイートを時系列でまとめ、その後のカネカの対応、ネットの反応をまとめてみました。


スポンサーリンク

妻の告発ツイート

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。 データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。 データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。 データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

カネカ育休炎上騒動 炎上までの時系列まとめ

2014年04月15日 出会う
2014年08月04日 結婚
2016年08月   夫カネカ転職、関西勤務
2016年11月26日 長男誕生
2017年09年07日 妻40歳の誕生日
2017年10月   夫関東へ異動、神奈川の4階建てエレベーター無しの社宅へ引っ越し
2017年11月   妻関東で就職
2018年12月17日 妻産休
2019年01年10日 長女誕生
2019年01年24日 「夫起業の具体的な準備」をやりとげると呟く
2019年03月25日 夫育休
2019年04月13日 埼玉田舎の新居へ引っ越し(田舎表現は原文ママ)
2019年04月19日 夫育休終了
2019年04年23日 夫5月付での関西へ異動の内示
2019年04年23日~25日 組合・労働局に電話相談→違法ではない
2019年05年07日 退職願を5月一杯で提出、長女慣らし保育スタート
2019年05月10日 妻育休終了、仕事復帰
2019年06月01日 妻がツイート→炎上


カネカの反論

元社員のご家族は、転勤の内示が育児休業休職(以下、育休とします)取得に対する見せしめである、とされていますが、転勤の内示は、育休に対する見せしめではありません。また、元社員から5月7日に、退職日を5月31日とする退職願が提出され、そのとおり退職されております。当社が退職を強制したり、退職日を指定したという事実は一切ございません
出典:http://www.kaneka.co.jp/service/information/in20190606/

育休をとった社員だけを特別扱いすることはできません。したがって、結果的に転勤の内示が育休明けになることもあり、このこと自体が問題であるとは認識しておりません
出典:http://www.kaneka.co.jp/service/information/in20190606/

育休前に、元社員の勤務状況に照らし異動させることが必要であると判断しておりましたが、本人へ内示する前に育休に入られたために育休明け直後に内示することとなってしまいました
出典:http://www.kaneka.co.jp/service/information/in20190606/

着任日を延ばして欲しいとの希望がありましたが、元社員の勤務状況に照らし希望を受け入れるとけじめなく着任が遅れると判断して希望は受け入れませんでした
出典:http://www.kaneka.co.jp/service/information/in20190606/

以上がカネカの公式サイトに書かれている今回の騒動についての反論です。

「育休をとった社員だけを特別扱いすることはできません」「希望を受け入れるとけじめなく着任が遅れると判断」など、やたらと強気かつ攻撃的な文言が並んでいたことから、ネット上ではカネカへの批判がさらに強まります。


カネカの対応の問題点

育休の報復に転勤を命じた点

カネカ の報復転勤の件、個人的に実は育休じゃなくてマイホームが原因じゃないかと思ってる。弊グループでもマイホームが完成した直後に遠方に飛ばされて単身赴任を強いられた社員が大勢いる。どうも住宅ローンを組んだ直後なので乱暴な人事異動をしても辞めないだろうってことらしい。反吐が出るね

カネカが公式サイトのライフワークバランスのページをすべて削除したってことはやはり育休だったんだろうか…。それにしても「え、○○が△△だなんて知らないよ!」と嘘つこうとして全部洗いざらい言っちゃう少年のようなピュアハートだ。

ちなみに人事のゲスいところは「自分は独り身なので地方もOKっすよ〜」って宣言しとくと遠方転勤にならず、「できれば関東」とかいうと地方に飛ばすところ。狙いがあるかもしれないが正直悪意しか見出せない。

カネカのやつ、社長の発表のとおり男性育休の報復「ではなく」「通常の人事」で「全く問題ない」ほうがはるかにヤバいメッセージだと思うんだけど。育休取らなくても家買ったら飛ばす、子供小さい飛ばす、保育園入れたら飛ばす、会社に従おうが歯向かおうが全然関係ない。

むしろ報復したアホな上司の仕業にしたほうがその後の相談にも応じず有給も消化させない対応も含めて全然マシな対応だった気がする。あの社長の言葉で別に何かが会社の怒りを買ったわけでもなんでもない社員全てに起こり得る話になってしまった。育休のせいだったほうがなんぼかマシじゃない?

カネカさんは、育休制度を導入して国から補助金まで貰ってるのに、いざ育休取る社員居ると報復人事で見せしめにするってのは頂けない。 その気はなかったと言い訳してるけど法律上は育休取得後1年以内の不利な人事は報復人事とみなすって規定もある。盛大に燃えて欲しい。

有給消化を許さず退職させた点

カネカ騒動で有給消化できない話を聞いたけど、自分も昔プログラマー退社するとき上司に有給消化ムリって言われたので、就労相談行って違法だと確認してから社長にメールで直談判。すぐに「そんな意図はない、有給取ってくれ」と上司が謝罪してきた。大人しく従うだけでは現代で生き抜くのは難しい。

カネカの剣、感情と事実は切り分けないとだよね ・会社都合の転勤→入社時に承諾しているはずなので違法ではない ・育休明けというタイミング→産休・育休明けに同部署同職位に戻れないのはグレー ・退職時に有給を消化させない→アウトオブアウト 印象面で悪影響なのはその通り。

カネカか。育休取得に対する懲罰的人事への批判てこと? 無慈悲なタイミングで転勤を内示する会社はいくらでもあるけどな…。(そもそも本人の希望を度外視した転勤がある日本企業がおかしいとは思う) それより有給消化を認めずボーナス支払い前に辞めさせるのは大問題じゃないの?

カネカのは退職者の有給消化を認めなかったって方が問題大きくなりそう。退職者が急な私用で辞めるから、って言い分通じるかもしれないけど、有給を認めないってのは今だと結構なダメージになりそうだな。

カネカの一件、即転勤を命じながら、引継ぎを理由に有給取得認めない、というのは明らかに会社側のロジックが通ってないので、HPから育休に関するリンク外すとか、そのあたり全般に通底するセコさが炎上する原因でしょう。金を出す権限のない人特有の嫌がらせが可視化されて全員不幸になってる。

やめた人も、こういう変な嫌がらせしてくる上司から逃げ出す手段として、反射的に自己都合退職するのではなくて、とりあえず転勤を受け入れてボーナスもらってから、辞意を表明すればよかったのではないか。理由は、そう……大阪支社の社食が不味い、とかそういう適当な理由で。

公式サイトの反論がブラック企業的

カネカの公式見解、「違法じゃないからいいだろ!?」感が出すぎ、完全に今の社会情勢や世論を汲み取れてないのが痛々しい… 「社員の事情を考慮してワークライフバランスを実現」と締めてる同じ文中で「育休取得者も特別扱いせず、辞令から1~2週間で転勤させるし、問題だと認識していない」とか書く!?

カネカのサイト、育休のところ削除されてる。これはブラック確定。

カネカの公式見解の何が嫌って本来会社と本人の問題なのに「育児や介護等の家庭の事情を抱えているのは社員の多くがあてはまる」「育休をとった社員だけ特別扱いする事はできません」って皆我慢してるんだよ?って同調圧力かけると同時に特別扱いとか言って立場的弱者同士の殴り合いにさせてるトコだよ

カネカが「育休明け転勤」問題に公式見解「当社の対応に問題は無いことを確認」 これは「育休明けだからといって特別な嫌がらせをした事実はない」という説明なので、「嫌がらせでもなんでもなく、普通にいつもこういうことやってますけど何か?」ってことだね。

なんというか、終身雇用って定年まで給料は払ってやるから命令通り転勤しろってことなのね。そんなんだったら転職した方が良いやという感じがするね。

カネカの公式発表の何が問題かって、「対応に何も問題はない」「今後も従前と変わらない」ということは、「同じような状況になったら同じことをする」という宣言に他ならないんだよね。それで「社員のワークライフバランスを実現して参ります。」ってどの口が言ってんだ、という。

すげーな カネカ 。育休明け+共働き+家購入直後の社員に転勤を命じておいて、着任延期の希望を受け入れないのは「けじめ」をつけるためだって言っちゃってるよ。 一般的な会社の公式トップで「けじめ」なんて単語を見る日が来るとは思わなかった。いったいどこの反社だよ。

別に家庭の状況を考慮しないのは構わないとして、産休育休を推進してるということでくるみんマーク取得して、税制優遇をうけてたわけでしょ?脱税じゃない?あとくるみんを就活説明会でアピールしてたけど、詐欺じゃない? カネカ くるみんマーク

普通に知らなかったんですが、子供生まれたとか関係なく、「転勤ね」といわれたら1〜2週間でいかないといけないのか・・・。めっちゃ大変だな・・・。 >ルール上、内示から発令まで最低1週間が必要です。発令から着任までの期間は、一般的には1~2週間程度です。


告発した妻はモンスターなのか?

カネカ炎上してる件、背景調べたら被害者ぶって声荒げてる嫁がモンスターっぽくて草。 旦那(元社員)は育休云々以前にもともと辞めて起業する予定だったらしくそこに大阪転勤打診。(転勤といっても本社は大阪)転勤なら辞める。でも夏ボ欲しいから有給使って6月まで居座る、を会社が断っただけ。

「カネカの炎上、妻がモンスターだったっぽい」と「ぽい」だけで逆張りしてるツイートが流れてきたけど、カネカ側の有給消化の拒否は「ぽい」とかじゃなくて違法だから、頑張って逆張り誘導しようとしても普通にカネカに非があるんだよな…

話題のカネカ。 A面しか見てない人はカネカで溢れてるけど、B面もちゃんと見てみるとそうでもない。 なにより、 騒いでるのも嫁、 過去のツイッター消しまくって証拠隠滅図ってるのも嫁、 マスコミにベラベラ話しまくってるのも嫁で 強欲な女なんやってことは十分わかった。

カネカの件な、起業準備自体は悪くないがそれが会社にバレてたとしたらそりゃ会社はそれ相応の対応とるでしょ。ごねて6月末まで会社に居座ることだってできただろうにあっさり5月末退職で合意してるのも変だ。この嫁は自分たちに都合悪いことは隠してる印象受ける。

夫は問題社員だったのか?

カネカの件では、退職した男性は起業する予定があり、在籍中のカネカでのプロジェクトを放ったらかして育休を取り、復帰後に転勤は嫌、夏ボーナスは欲しい、だから引き継ぎを兼ねてプロジェクトにしばらく関わりたいと粘り、会社側から今すぐ辞めてもらってよし通告、妻は逆上、という流れだそうですね

こんな画像も。 5月中旬に関西への異動が決まっている男性が、6月に辞めるので東京で2週間有給を取り、その後に引き継ぎをしたいと言っても、机が無くなる東京に置いておくわけはありませんよね。 単なる通常の有給のゴタゴタなのですよね、この件

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

話題のカネカ。独身寮は都内新築マンション家具付きウォークインクローゼット付き月8千円。福利厚生は高レベル。40代で年収1千万。国内転勤はほぼ大阪か東京。総合職は待遇良い代わりに随時転勤あり。退職は半年前に言ってボーナス貰って有給消化して辞めました。私の知る限り化学業界こんなもんです。

カネカの件、起業準備してたからとかいろいろ理由つけてカネカを養護してるやついるけど、それが今回の人事とつながってんなら完全な報復人事でアウトなので、カネカはなお立場悪くなる。就業規則に違反したとか出てこない限り好転しなそう。

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

カネカのコメントから元社員が問題社員だったことが伺える。 退職時の揉め方から察するに、退職届が受理されてから退職時期の変更の交渉を行うなどツッコミどころ満載な行動をしている。詳細が出れば出る程彼らは世間から白い目で見られるだろう。

カネカの育児休業社員。男性らしいね。男性も育児休業は取得しても全然いいんだけれども、現実を知ってる側の人間からすると、変わり者だったんだろうなと想像できる。異動内示があって退職したんだろうから、仕事にも熱心でもなかったのかな。プライベート優先ならカネカとか大企業に入るべきじゃない

カネカの対応へのネットの反応

カネカの育休後転勤騒動の件を、妻(会社員)に話したら、妻からはなんと「育児だ介護だなんだと社員の都合なんて聞いていられらはずがない」「だいたい会社のやり方に文句をつけてくる奴っていうのは仕事の出来ない奴なんだ」との意見を頂戴した。 これ、社会学的に興味深いでしょう?

仕事と育児を両立している女性が、同じ立場の人々に優しいとは限らないんですよね。むしろ両立させることのできた有能な人ほど、同じ立場の人に厳しくなるということもあるかも。

カネカの件、合法性にはあまり興味がなくて、単純に従業員の幸福に全然興味がない企業って取引先や消費者の幸福にも全然興味がなさそうだし関わるの嫌じゃないですか?

カネカの件、普通こういう告発みたいなことしようとすると「お前のせいで会社が傾いたら何人もの社員が路頭に迷うんだぞ!」って反論がよくあるけど、そもそも会社が社員のこと全く守る気が無いってことがわかってしまったからもう詰んでるんだよな…

カネカの件にしても、組体操の件にしても、小学校のエアコンにしてもそうなんですが、根っこにあるのは「俺たちの時代はこういう不条理に苦しめられた、だから今の世代も同じように苦しめ」的ロジックだと思う。「同じ理不尽な思いをさせないように」と考えられる昭和生まれの年輩者でありたい。

カネカのさらなる燃料投下を見ていると、この前もツイートしたけどやっぱり歴史のある日本の大企業のお偉いさん、ずっとひとつの企業で過ごしていらっしゃるものだから、自分のところの常識が世間の常識だと思っちゃっている。それを恥ずかしげもなくご開陳して周りがポカーンとなるのよね。

カネカの転勤騒動を見て、課長島耕作第1巻のこれを思い出した。転勤辞令に対する態度で社員を格付けする上層部の会話。「島君はAだな」というセリフはすごく印象に残っている。1985年はこういう時代だった。

カネカさんは、育休制度を導入して国から補助金まで貰ってるのに、いざ育休取る社員居ると報復人事で見せしめにするってのは頂けない。 その気はなかったと言い訳してるけど法律上は育休取得後1年以内の不利な人事は報復人事とみなすって規定もある。盛大に燃えて欲しい。

カネカの件は、会社の弁解を読むと、いっそう「うへー」ってなるよね。育休前から配転を考えていたからといって、育休明けの人をあえて配転するって何なんだろうね。労働者は会社の駒かなんかという意識なんだろうな。

カネカのプレスリリース炎上を「会社イメージの悪化」の観点から批判する人が多いけど、カネカはB2B商売なのでネット廃人なんて眼中にないだろうし、40歳で年収1000万円だから優秀な就職希望者はごまんといるだろうし、炎上なんて1週間で鎮火するし、株価ももう回復してるし、カネカの勝ちよ。

人の生活ぶち壊してくるくせに合法だ!と主張してるカネカの転勤問題って、人間関係ぶち壊してくるくせに合法だ!と主張してくるマルチ商法みたいなもんだよね。合法とかそういう問題じゃなくて、要するに迷惑なんだよね。

カネカは今回の炎上について「当社は問題は無かった」と発表したけど、どう反論しようと"そうゆう会社"だと世間に浮き彫りになったから結果オーライだし、当人の過去ツイをわざわざ巡って"夫は起業を考えていた"などとドヤ顔で自論を並べていた暇人アカウントは一生やってろと思った。

「Fランの同士たちよ! 大手化学メーカーに入れるまたとないチャンスだぞ! 乗り遅れるなこのビッグウェーブに!! うおおおお」って投稿がカネカの就活サイトに投稿されてるらしくて草。

「会社=社会」じゃない。学生は就職したら社会人になるんじゃない、会社人になるだけ。社会からズレているのは、会社に入っていない人じゃない、会社が社会からずれている。大量の「社会的に孤立した人」を作り出しているのは、むしろ会社のほう。 カネカ 龍角散

まとめ

カネカの炎上騒動で法的な問題になりうるのは、退職にあたって有給消化を会社側が拒否したかどうかの一点のみです。

育休明けで新居を購入した直後の社員を転勤させるのは、道義的にはどうなのだろうというのが一般的な反応ですが、法的には問題ありません。

ただ法的に問題がないからといって、社会的に正しいとは限りません。悪評が広まってしまったことで、カネカの採用活動には多少の影響はあるかもしれません。

おそらくそんなことを承知で反論声明を出していて、むしろ「男のくせに育休を取る空気の読めない人間や、転勤ごときで文句を言う甘ったれた奴はいらない」という昭和のストロングスタイルを貫くつもりなのでしょう。

もともと日本社会は、働く夫と専業主婦の妻というカップルを社会の基本構成単位として考えていて、そこから外れる行動を「一般的ではない」という理由で許さない傾向にあります。

よって、夫の育休取得も、制度としては存在していましたが実際に取得することは許されない風土が存在していたことが容易に想像できます。

経営者側からすると、育休や産休はハッキリ言って迷惑です。公衆の面前では「迷惑」などと口が裂けても言えませんが、実際、迷惑だと思っている人が多いから、男性の育休取得者が異常に少ないのだと思います。

カネカ騒動は、出産や子育てのため、仕事ができない期間の「損」を社会の誰が負担するのかという議論でもあると思います。

昭和までの日本では、専業主婦システム、家族、地域コミュニティの3つでその「損」を負担してきました。

しかし、専業主婦が富裕層だけのものとなり、家族や地域コミュニティも崩壊した現在、その「損」を引き受けるのが会社以外になくなってしまったのですが、企業の経営陣からすると、自分たちだけが貧乏くじを引かされている気持ちになっているでしょう。

どうしたら欧米のように労働者の権利が守られ、男性でも育休を取得できる社会になるのか、私にはまったく想像できませんが、確実なのは欧米の企業は育休制度も有給取得も日本よりずっと洗練されていて、労働者の権利もずっと守られているということです。

つまり、外資系企業にどんどん進出してもらって、日本企業から中核人材をガンガン引き抜いていただき、外資の洗練された制度を日本社会のスタンダードにしてもらう…というルートが一番手っ取り早いように思います。

政府の指導や、日本企業の自浄に期待するのは時間の無駄です。

日常生活においては社員を丁重に扱っている外資系企業を応援することで、昭和的日本企業に間接的なダメージを与えることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ブラック企業

Posted by galapgs